植え付け:5月上旬~7月上旬 バジル&大葉(しそ)&ハーブをガーデニングや家庭菜園で栽培し、ジェノベーゼなどレシピ/料理に!摘芯&大量収穫/害虫/防虫被害&対策も。, バジルとシソ(大葉、紫蘇)の栽培、完全ガイド バジルとシソ(大葉)の防虫対策 しそは水耕栽培でも育てることができます。水と肥料だけ気をつければ良いので、初心者の方にも簡単な栽培方法です。 室内で管理するため、害虫に食い荒らされる心配もありません。 バジルの摘芯(摘心)栽培 ~バジルの収穫量を増や... バジルとシソ(大葉)の土について バジルとシソ(大葉)の土の選び方 ... プランター/ベランダ栽培の準備 殻の部分なので皮のようなものですから... 肥料の知識 バジルとシソ(大葉)の害虫対策は、虫を水圧で一旦除去してから対策をします。 害虫対策以外の様々な対策です。 シソの発芽適温は20〜25度、生育適温は20度前後ですが、寒さに弱く、暑さには比較的強い植物です。青ジソは消費需要が大きいことからビニールハウスを利用して通年栽培されていますが、赤ジソは梅干し用に6〜8月に収穫する作型が一般的です。家庭菜園で露地栽培する場合は、十分に暖かく遅霜の心配がなくなってから種をまくといいでしょう。早く種まきをしたいときはビニールトンネルを利用します。 収穫:6月上旬~10月下旬, 春に種をまき初夏から秋ごろまで収穫を楽しむことができますが、しそが食べられるのは葉だけではありません。, 発芽して間引い苗は「芽紫蘇」、花が咲き始めたころの「花穂」やふっくらと実った「実紫蘇」など、生育段階にあわせて様々な味わい方ができるのもしそ栽培の醍醐味です。, 初心者の方は市販されている、野菜栽培用の培養土を利用しましょう。保水力に優れ肥料も混ぜ込まれているので、手間がかからず育てやすくなります。, ご自分で用土を作る場合は、赤玉土7:腐葉土2:バーミキュライト1の割合で混ぜて使いましょう。, しそは生命力が強く丈夫なので、プランターのサイズや素材はお好きなもので構いません。標準サイズ(60cm程度)であれば、3~4株育てることができます。, プランターに入れる土の量は、容器の7分目ほどにとどめましょう。用土を入れすぎてしまうと、水やり時に泥水となって流れ出てしまいます。, 日当たりが良いとしその香りは強くなりますが、葉が厚くなり固くなってしまいます。やわらかい葉を収穫するためには、半日陰で育てましょう。, しその発芽適温は22℃前後なので、気温が低いとうまく芽が出ないことがあります。十分に気温が高くなってから種をまきましょう。, 直播きよりも、まずはポットに種をまいて苗を育てるほうが良いでしょう。発芽に大切な温度管理もしやすく、水やり時に種が流れ出てしまうこともありません。, 1つのポットにつき種を4~5粒ほどまき、土を薄く被せましょう。発芽するためには光が必要なので、覆土は5mm以上にならないよう注意してください。, 芽が出てから本葉が2~3枚ごろを目安に、生長の良い苗を1本だけ残しあとは間引いてしまいます。, 4月~5月頃になるとホームセンターや園芸店で、しその苗が並びはじめます。初めての方やプランター栽培の方には、苗を購入して育てると良いでしょう。, 本葉が4~5枚になった頃、苗をプランターに植え付けます。ポットより一回り大きな植え穴を作り、苗の根鉢を崩さないよう丁寧に植えましょう。, 複数株植える場合、株間は20cmほど空けてください。株元を軽く手で押さえ活着を良くし、土に根づくまでの約1週間はたっぷりと水やりを行いましょう。, 土の表面が乾いてきたら、鉢底から水が流れ出るほどたっぷりと与えてください。特に夏場は乾燥しやすく、水切れを起こすと葉が傷んでしまい収穫にも影響します。, ただし土が乾く前に水を与え続けると根腐れを起こすので、株や土の状態を観察してから行いましょう。, しそは肥料が不足すると、葉が黄淡色になり小さくなってしまうため、定期的に追肥を行いましょう。プランター栽培の場合は水やりを兼ねて液肥を与えるのが手軽でおすすめです。, 植え付け直後に1回目の追肥として薄めた液肥を施し、以降は2週間に1度のペースで与えましょう。, 高さが20~30cm程度まで育ったら、3~5節目を目安に摘み取ります。これを摘心といい、わき芽の生長を促し葉の収穫量を増やすために行います。, しそは生育旺盛なので切った箇所からわき芽がでてきます。わき芽も3節目くらいで摘心すると、さらに新鮮な葉がたくさん収穫できますよ。, 草丈が30cm、本葉が10枚以上に育つと収穫できますので、下から順次収穫していきましょう。ただし下の葉は土から栄養を吸い上げる役目があるので、下から2枚目までの葉は残しておきます。, 放置していると葉が厚く硬くなってしまうので、収穫タイミングを逃さないよう注意が必要です。, 夏の終わりが近づくと花穂がつきはじめ、花穂を摘み取ったものが穂紫蘇となります。花穂を収穫せずそのままにしておくと、実紫蘇としても食べることが可能です。, しそは香りが強く虫を寄せ付けないように思いますが、害虫被害を受けやすい野菜です。やわらかい葉はあっという間に食べつくされるので、早期発見・駆除が重要となります。, 一番簡単な害虫対策として、防虫ネットでプランターごと覆ってしまうのが良いでしょう。物理的に害虫の侵入を防ぐことができるので、無農薬で育てることも可能ですよ。, アブラムシ そのすがすがしい香りは肉料理、魚料理とも相性がよく、近年のシソを使ったレシピの増加には目覚ましいものがあります。効率よく取り入れて夏バテ予防に活かしたいですね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). シソ(青じそ)の種 アブラムシの季節 しそ栽培の中で一番気をつけたい害虫です。しその葉を住処にしながら周辺の葉を食べつくしてしまうため、見つけたらすぐに葉ごと取り除いてください。, 土で育てている限り、害虫が発生する可能性はゼロではありません。どこからともなくやってくるので、ベランダといえど害虫対策はしっかりと行いましょう。, 中でも真夏のベランダは乾燥しやすい場所なので、ハダニの発生リスクが高まります。葉水とこまめな水やりで害虫被害を抑えましょう。, しそは水耕栽培でも育てることができます。水と肥料だけ気をつければ良いので、初心者の方にも簡単な栽培方法です。, 室内で管理するため、害虫に食い荒らされる心配もありません。土や虫に抵抗がある方や、マンション住まいで家庭菜園を諦めていた方におすすめです。, まずは水耕栽培用の容器を作るため、ペットボトルを加工します。全体の約1/3ほどの上部をカッターで水平に切り取ります。, 注ぎ口側の部分を逆さにし、ペットボトルの底の部分に重ねるだけで出来上がりです。切り口がギザギザしているようだったら、怪我をしないようテープを巻いてください。, スポンジを2.5cm角の立方体に切り分け、表面に十字の切り込みをいれます。トレイにスポンジを並べ、ひたひたになるまで水を注いでください。, スポンジに十分水を吸わせたら、切り込み部分に種を2~3粒まきます。全てまき終わったら乾燥しないよう、湿らせたトイレットペーパーを被せます。, 水に溶けやすいトイレットペーパーを使うことで、突き破って発芽することができます。発芽後、生育が悪いものは間引いておきましょう。, スポンジから根が突き抜けるまで生長したら、加工したペットボトルの注ぎ口へスポンジごと移します。ペットボトルの底側には、野菜用の液体肥料を混ぜた水を入れます。, 購入してきた苗から育てる場合は、水で根を洗い流してからペットボトルに挿しこみます。しそは水分を多く必要とするので、根がしっかりと水に浸かっているか確認してください。, 水が減ってきたら、新しい水を足してやります。ときどきは中の水を全て捨て、新しい水と液体肥料を混ぜたものに入れ替えてください。, ただし肥料過多になるとエグみが出てしまうので、生育状況をチェックしながら与えるようにしましょう。, 苗や道具を一から揃えるのはなかなか大変ですよね。そんな時にはしそ栽培に必要なものがひとつにまとまった、栽培キットが便利ですよ。, しそは水やりと肥料さえ注意すれば、初心者でも簡単に育てられる野菜です。水耕栽培であれば、栽培時期を選らばず害虫被害も少ないので、より気軽にチャレンジできますね。, 薬味小鉢 しそ栽培キット シソ 大葉 青ジソ 観葉植物 ガーデニング 聖新陶芸 ギフト プレゼント. 土 縄文時代以前に日本で栽培されるようになったシソですが、原産地はヒマラヤや中国中南部と言われています。古代の中国でカニを食べた少年が食中毒になり、顔が紫に変色し、瀕死に陥った際、シソの葉を用いた薬を服用し、一命をとりとめたという逸話があります。, そこからシソを紫蘇と書くようになったそうです。シソに含まれるペリルアルデヒドという成分には食欲増進作用と防腐作用があります。昔の人は実体験から効果を学び、魚介類の毒を消す食材として、刺身や生ものにシソを添えるようにしていたんですね。, 今回は、そんなシソの種まき〜収穫までの育て方と栽培時期や病気・害虫対策についてご紹介していきます。, シソの品種は生育速度のほかに、葉の性質によっても分類することができます。また葉以外にも、芽や花穂も、芽ジソ、穂ジソとして食べられます。, 葉色は鮮やかな緑色で、葉の縁にあるギザギザの切れ込みは浅めです。白色の花が咲き、系統によってはほとんど匂わないものもあります。, 「大葉青しそ」は芳香抜群の春まき用青シソです。暖地では、5月下旬から10月と、長期にわたって収穫できます。, 中間地の露地栽培では6月~8月いっぱいが収穫目安なので、そうめんの薬味やサラダに活躍します。, 葉色が裏表とも濃い赤紫色をしています。紅紫色の花をつけます。梅やショウガの色付けに使用されます。チリメンシソは葉に縮みがありやややわらかいです。, シソで包む料理などに使いやすい丸葉系の赤シソです。らっきょうのシソ巻きや焼酎の原料として使われています。, シソは一年生草本で、草丈は1mを越えることもあります。また茎の枝分かれも旺盛で、よく繁茂します。, 発芽適温は22℃前後、生育適温も20℃~25度と比較的高温には強いのですが、寒さには弱く、霜に当たると枯れてしまいます。開花は8月~9月ごろです。結実したら収穫しましょう。, 下記は一般的な作型となるため、種の袋に記載されている栽培暦を確認してから種を購入しましょう。, 青シソ【葉を収穫する】 種まき3月半ば → 定植4月下旬 → 収穫5月下旬~8月末 種まき5月初旬 → 定植6月上旬 → 収穫6月下旬~9月半ば, 穂シソ【穂を収穫する】 種まき2月半ば → 定植3月末 → 収穫4月月下旬 種まき3月上旬 → 定植4月末 → 収穫6月半ば~7月半ば 種まき7月末 → 定植8月末 → 収穫9月末~10月上旬. 害虫には、飛来してく... 梅雨のハエの発生・対策に悩まされ、自然にハエを防虫できるグッズを探していたところ、アース製薬のハエとり棒というものを見つけたので試してみることにしました。さてその結果は・・・, コーヒーの残りカスが防虫に!?肥料に!? 肥料のことを覚えると、思ったような収穫を期待することができます。 水 燃やし... ニームでバジルとシソ(大葉、紫蘇)の害虫被害・防虫対策 (無農薬で虫よけ・防虫対策), 害虫対策は害虫予防から。ニームによる無農薬での虫よけを実施すれば、虫が寄ってきません。これで殺虫剤や農薬を使って虫を殺す必要もなくなります。ハエ対策にも効果があります。. 小さい苗ほど葉の数は大切 バジルの種 木酢液(もくさくえき) 有... バジルとシソ(大葉)の摘芯 発芽をさせるときに、これまでは発泡スチロールのトレイに穴を開けて使っていましたが、種類が多くなってきたので、発芽用の苗床を... コンパニオンプランツとは? バジルがグングン成長してきますよね。 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); シソは、発芽適温が比較的高く、低温期には芽が出にくいことがあります。温かくなってからは、畑に苗床を作り直まきすることも可能ですが、作付けに従う場合はポットで育苗を行いましょう。, ひとつのポットに3粒ほど置き、軽く土をかけます。シソは好光性種子なので、覆土が厚いと発芽しない可能性もあります。発芽まで、乾燥に気をつけましょう。, シソ科には、ほぼ連作障害がありません。昨年その場所で病気になったということがなければ、同じ場所に畝を作っても大丈夫です。, シソは乾燥が苦手で、畑の中で半日陰になる場所でも育ちます。土質は選びませんが、水はけのよいところを好みます。また日の出から日の入りまで日光に当たるような場所では、香りが強くなりますが、葉がゴワゴワと硬くなります。, 堆肥2㎏/㎡と苦土石灰100ℊ/㎡、化成肥料(8:8:8)を100g/㎡を施し、よく耕しましょう。畝幅は80センチ確保し、条間は40センチ、株間は20センチ以上開けるようにします。, 密植すると葉が擦れあって、蒸れ、病気の原因にも繋がり、徒長しやすくなるので注意しましょう。, 本葉が3~4枚になったころが定植適期です。シソは移植に弱いため、植え替え時は株元を指の股で押さえつつ、ポットを逆さにし、そっと引き抜くなど、根鉢を傷つけないように注意が必要です。, 夏野菜は種類も豊富で、シソに場所をとられたくないと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこでサツマイモとシソの混植をご紹介いたします。, シソの発芽に十分な気温となる5月はサツマイモの植え付け時期と重なります。サツマイモには土中にチッソ成分が多いと、つるばかりが繁茂し、イモが肥えないという性質があります。, 一方シソは吸肥力が強く、葉を茂らせるためにチッソをぐんぐん吸収します。加えてシソにはサツマイモの害虫、イモコガの忌避効果があると言われています。, シソは秋口に開花すると順に葉を散らし、枯れていくので、サツマイモの収穫を妨げません。サツマイモの葉が株元の乾燥を防ぐ効果も見込め、シソとの混植は古くから行われてきました。, シソは高温を好みますが、とても乾燥に弱い特徴があり、真夏から秋口は病気を発症しやすくなります。, カビによる病気で、葉の裏に赤茶色や黄色の細かな斑点ができます。進行すると斑点が盛り上がって、胞子を飛散させます。, 薬剤での治療が可能ですが、汚染された葉は即刻畑の外で処分しましょう。梅雨・秋の長雨など、降雨が続くと発生しやすくなります, カビにより葉の表面に黄色~淡褐色の病斑があらわれ、次第に拡大していきます。気温が急上昇する春から梅雨前、気温が低下し始める9月から11月に発生しやすくなります。, 窒素肥料の過多、土壌の多湿も原因と考えられ、高畝にするなど対策が必要です。感染株は畑の外で処分し、周辺のシソの下の葉が込み入っているようであれば、摘葉して風通しを改善しましょう。, 細菌による病気で、シソの株が青々としたまましおれ始めます。高温期に発生しやすく、日没後や曇天では萎れがやや回復することから、水不足によるしおれと見誤ることもあります。, 数日このサイクルを繰り返し、全体が茶色に褪せ枯死に至ります。地温20℃以上ある高温期に、土壌の水分含有量が過多になると発生しやすくなります。, 薬剤治療はほぼ効果が見込めないため、発病した株は引き抜き、根が伸びていた周囲の土も畑の外で処分しましょう。, シソは旺盛に繁茂するため、吸肥力が強い特徴があります。7日~14日間隔で薄めた液肥を与えましょう。, 植物は水に溶けた栄養分を吸収するので、とくに夏場の乾燥した時期に、固形肥料で追肥を行う場合は、その後の水やりをたっぷりと行いましょう。, シソの収穫目安は、草丈が20~30センチに達し、葉がわさわさと茂り始めたころです。下のほうの葉から順にハサミでカットします。, 直射日光が当たる葉は硬くなりやすく、また葉を収穫しすぎると株が弱ってしまうため、注意しましょう。, 収穫したシソの葉は、湿らせたキッチンペーパーなどで包んだあと、庫内での蒸発を防ぐためにポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。さっと水をかけてポリ袋にいれるだけでも、鮮度の維持を助けます。, 今回はシソの栽培についてお話しました。シソは、品種を問わず生命力が強い植物です。 1株植えれば、翌年はこぼれ種で発芽し、畝間や畑の片隅でひっそりと茂っていたりします。, 現在は愛知県を中心に生産されていますが、一昔前までは流通を必要とするものではなかったそうです。かつては、シソと言えば着色用か飲料用か、刺身のツマ、天ぷら、と活躍の場が限られた印象でした。. いろいろな対策を行っても、やはりアブラムシを完全に避けることがなかなかできません。 アブラムシが多い季節です。 コンパニオンプランツとは、共栄作物/共存作物とも呼ばれ、一緒に育てると良い影響・効果をもたらす植物のことで... アブラムシと戦う方法を考える ~苗が大きくなるまでは、収穫しないと割り切ればいろいろな対策ができる. 雑草との上手に付き合う、3つの意外な方法... バジルとシソ(大葉)の種 木酢液(もくさくえき)という名前は一度は、無農薬を取り組む人だったら一度は聞いたことがあるでしょう。 バ... 木酢液の使い方(希釈編) ~防虫、害虫退避、成長促進・殺菌にも。防虫は希釈率500~1000倍. basilist. シソ(赤じそ)の種 防虫ネットをするといいのはわかっていても、どうしても甘い期待とめんどくさい病で、防虫ネットをせず育ててしま... バジルの病害虫を予防し、収穫量をアップするためには? ~摘芯と整枝が大切。根元の葉を取り除き、風通しを良くする。. 昼間は日陰や土の中に潜り、夜になると出てきます。... ハーブの害虫被害・防虫対策,の中でもバッタの被害はなかなか決定打がないようです。農薬も口に入れるハーブに使えるようなものはなく、弱いとバッタのような強い虫には効かないそうです。, 梅雨になってバジルや大葉(青じそ)などハーブを育てていると、ハエの発生になやまされることがあります。梅雨の時期の湿気や栄養分が原因のようです。いろいろな方法で対策をしていきましょう。, バジルにつく害虫はいろいろありますが、バジルの葉に筋のような模様が付いていたら、それは字書き虫のしわざです。, 収穫量を増やしたいなら、苗が小さいうちほど、防虫ネットが必要 〜まずはしっかりと根の成長を促す.