適切なはめあいやすきま、予圧の見直しを行いましょう。また、潤滑剤や、潤滑状況、取り付け方法や取り付け部品などを見直してみることも、対策の一つと言えるでしょう。, ベアリングは、本来の寿命に至る前に、早期損傷を起こしてしまうケースがあります。早期損傷の原因として考えられる主な原因は次の通りです。, ベアリングが損傷を繰り返してしまう場合は、ベアリングにかかる荷重の確認が重要です。荷重が繰り返して加わる場合や、過大な荷重がかかっているケースが考えられます。そういったケースでは、ベアリングを交換したとしても、また損傷を起こすことになります。 スケボーのベアリングに付いた錆を落とす話 by relaxpeace on 2020年5月11日 in sk8 スケボーを外に放置していたら、ウィールが回らない程、ベアリングがガッツリ錆びてた。 動画が表示されない場合は、上記リンクからFlashPlayerをダウンロードしてください。 ナットを締めた後にナットが手で回らないかを確認しましょう。手で回るならばナットのゴムの部分が劣化している可能性があります。ナットをローテーションするか、ナットを新品に交換するようにしてください。 5.完成。 ベアリングの防錆方法を改善したり、場合によっては、ベアリングの交換も検討必要があると言えるでしょう。また、ベアリングの洗浄方法が適していないことも考えられますので、正しい方法を検討ください。, これらの対策も重要ですが、回転軸受がどういった使われ方をしているか、回転機械の動力がどういった流れで伝わっているかについても把握しておきましょう。できるだけ早く、異常音が発生している箇所を特定することが、早期の対策につながります。, 送風機のベアリングから発生する異音は、不規則に「ごろごろ」という音やハンマーで叩いているような音が考えられます。こういったケースでは、はめ合いやベアリングのすきまをチェックし、予圧量を調整することがポイントです。また、取り付け精度の改善も効果的です。, 不規則に「がりがり」という異音が発生した場合には、異物の混入が考えられます。しっかりと洗浄し、密封状況の改善や清潔な潤滑剤の使用が効果的と言えるでしょう。, ベアリングが本来の性能を長く発揮し続け、安全運転を続けるためには、日頃の保守や点検が欠かせません。ここでは、ベアリングの状態をチェックする方法をご紹介します。, ベアリングの状態を点検することは、機械故障の防止だけでなく、安定した運転を行ない、生産性や作業効率性、経済性を高めることにつながります。, 点検管理のポイントは、機械の運転条件に応じ、定期的に行うことです。また、単なるチェックにとどまらず、状態に応じて潤滑剤を補給したり、定期的に分解したりすることが挙げられます。, 運転中の機械においては、ベアリングから異音や大きな振動が発生していないか、温度が異常に上がっていないか、また、潤滑状態に問題はないか点検を行います。 取り付け・取り扱い時の不備や不注意はもちろんのこと、潤滑不足、異物侵入、発熱の影響についての検討不十分などの原因が考えられます。主な損傷の症状とその原因、対策をチェックしてみましょう。, フレーキングは、ベアリングの転動の疲れによって、軌道面や転動面がうろこ状に剥がれてしまう現象。 スケボーのベアリング交換って経験のない人にとっては、難しいイメージがありますよね。でも専用工具を使わないで簡単に交換する方法があります。自分のスケボーのパーツをいじるって、少し男のロマンを感じませんか?童心に返ってベアリングいじりも楽しいですよ。 散歩仕様スケボーといってもウィールがゴムウィールなだけなんですが、 ベアリングがいつ交換したか記憶にないくらいだったので . (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。スケートボード歴は10年以上。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!, 都内で個人事業主やってる30代男性。個人だから時間が自由に使える反面毎日が戦いです。20代の頃は冬になるとスノーボードショップでアクセサリー担当で働いてました。アルツや舞子に籠もってた事もあります。夏はスケートボードをして冬はスノーボード。とにかく楽しく滑る事を心がけてます。あと、ビール大好きです!, https://snowhack.net/wp-content/uploads/2016/08/snowhack_logo01.png. スケボー歴約10年のスケーターがグリスタイプベアリングの中でも、質が高いオススメのベアリングを2つに絞ってご紹介。 メンテナンスがいらないグリスタイプベアリングですが、質の低いベアリングを選ぶと、スピードが出しづらく減速もしやすいので最悪です。 Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., Ltd. スケートボードのウィール(タイヤ)が新品で買ったのに回りが悪い、久しぶりに使ったら回らない。または、使っていたら回りが悪くなった。こんな悩みについて、スケートボード歴10年以上の筆者が解決方法をご紹介していきます。 ベアリングが異常な運転を続けていると、騒音や異常な温度上昇が起こるだけでなく、軸の触れ回りの振動が大きくなってしまいます。ここでは、ベアリングの代表的な異常運転の状態とその原因・対策について解説します。 高い金属音を発している場合は、異常荷重や取付不良、潤滑剤の不足や回転部品の接触が考えられます。原因が異常荷重の場合ははめあいの修正を、取付不良の場合は、取付方法・精度の改善を、潤滑剤不足の場合は、潤滑剤の補給を、回転部品の接触の場合は、ラビリンスリングな … 今回はスケボー歴約10年のスケーターが、グリスタイプベアリングの中でも特にオススメのベアリングを、2つに絞ってご紹介します。, ベアリングはオイルタイプとグリスタイプの2種類あるのですが、今回ご紹介するのはグリスタイプのベアリングの中でも使って良かったベアリング。, オススメのグリスタイプベアリングをご紹介する前に、あらためてグリスタイプベアリングの特徴をご説明します。, グリスタイプはベアリング内部のオイルがグリスのため、オイルタイプと違ってメンテナンスいらず。, メンテナンスしたくない面倒くさがりなスケーターやベアリングはすぐに買い換えるスケーターに向いているベアリングと言えます。, メンテナンスがいらないグリスタイプベアリングは便利ですが、ベアリング選びにはご注意ください。, 使い始めた2週間〜3週間目は調子が良くても、段々とスピードが出しにくく、落ちやすくなっていきます。, そのため、グリスタイプベアリングを選ぶ場合は、オイルタイプベアリングを選ぶ時以上に質の高いベアリングを選ぶことが大切です。, ただ、グリスタイプのベアリングってどこもあまり出していないので、質の高いグリスタイプベアリングを見つけるのは結構大変。, NINJA ABEC5 GREASE BEARING ClearStar【ニンジャ エイベック ファイブ グリス ベアリング クリアスター】スケートボード グリース ダブルシールド ストリート クルーザー サーフスケートサイズ:608ZZ, スケーターの中ではかなり有名な国内ベアリングメーカー「NINJA」からも、グリスタイプベアリングは発売されています。, オイルタイプと比べればスピードは出しにくいものの、減速はしづらくスピードの面でもある程度は評価できるベアリングです。, こちらも「NINJA」と同じく、国内のベアリングメーカーの「The Bearing」。, ザ・ベアリング THE BEARINGS/THE BEARING X10G (グリース) ベアリング, ちなみに「The Bearing」は、工業用のABECという表記がスケボーのベアリングには当てはまらないとして、ABEC表記はしていません。, 今回は種類の少ないグリスタイプベアリングの中でも、オススメのベアリングをご紹介してきました。, グリスタイプはハズレを引くと、本当にスピードが出しづらく減速しやすいので、スケボーがかなりやりにくいです。, 私も何度か質の低いグリスタイプベアリングを買ってしまったのですが、1ヶ月をしない内に買い替えたことがあります。, メンテナンスがいらないのは魅力的ですが、質の低いグリスタイプベアリングだけは選ばないようにしましょう。, ちなみに私がこれまで使ってきたベアリングの中で最も良かったベアリングは、「Bronson」です。, グリスタイプではなくオイルタイプですが、メンテナンスしなくても高い耐久性とスピードを維持してくれる優れたベアリングでした。, 「Bronson」のベアリングのレビュー記事もあるので、気になる方はこちらもどうぞ。【レビュー】BRONSON(ブロンソン)のベアリングを1年使ってみた感想, スケーターライフをもっと楽しく。 スケートボードを買った時や、久しぶりに滑った時にウィール(タイヤ)の回転が悪くて、勢いよく回ってくれないなんて事もありますよね。また、使っていたら回転が悪くなってきたなんて事もあります。, これは、ウィールが問題ではなくて、その中に入っている「ベアリング」というパーツに問題があるのが原因です。, ベアリングとは、ウィールを回す為の大切なパーツなのですが、色々な理由で回らない事があります。, 筆者はスケートボード歴が10年以上で現在でも滑り続けているのですが、やはりベアリングが回らないなんて事もあります。, スケートボードに付いている4つのウィールは、そのウィールの中に入っているベアリングというパーツで回っています。, ですので、ウィールの回転が悪くなるという事は、ベアリングの回転が悪い事が原因です。, ですので、ベアリングを交換してあげれば、ウィールの回転が良くなったり、止まっていたウィールが動いてくれたりします。, 新品のベアリングの場合、この規格の数字が低いという理由でウィールの回転が遅いという事も考えられます。, これに関しても、ベアリングの交換をすれば回転が早くなるので、ウィールも早く回ってくれます。, ベアリングの中には、交換しなくてもメンテナンスをすれば回転が復活する場合もあります。, 復活する場合に関しては、少しベアリングに付いて触れなくては説明するのが難しいです。, ですので、交換以外の方法で復活させたいなという方には関しては、この先を参考にしてみてください。, ただし、ベアリングのタイプによっては、復活させることが出来ずに、交換するしかない場合もあります。, オイルタイプは、スケートボード用のオイル(油)をベアリングに刺せば復活する事がありますが、グリスタイプはメンテナンスをする事が出来ません。, ただ、「一定のスピードを継続」と言っても限界があるので、ホコリやゴミなどが詰まったり、使わずにグリスが劣化してしまったら回りません。, また、「メンテナンス無しで楽に使える」という事で、メンテナンスをする方法がありません。, ベアリングにはオイルタイプとグリスタイプの2種類がありますが、ウィールに付いている状態で確認するのは困難です。, オイルタイプの場合は、簡単にメンテナンスがしやすいように、シールドが簡単に取れるようになっています。, また、シールドを外して中身を見て、グリスが塗られているかどうかで判断する事も出来ます。, ここからは、状況に分けてベアリングの動きが良くなるか、交換するのかの判断方法を説明していきます。, メンテナンスで良くなる物もあれば、交換するしか方法がない場合もありますので、現在の状況に当てはめてみてください。, 新品で新しい場合は、オイルタイプ、グリスタイプ関係なく、原因と解決方法は同じです。, ABECの規格が低くて回転が悪い場合があります。これに関してはABECの規格が高い物にすればウィールの回転が早くなります。, また、新品ですとオイルがまだ馴染んでいない可能性もあるので、少し使い続けて馴染ませるのも方法の1つです。, オイルタイプの場合は、オイル切れを起こしている可能性が高いのでオイルを指せば復活する可能性が高いです。, また、綿棒などで中身のボールの汚れを拭き取ったり、専用の洗浄液で洗って、オイルを指して復活する事もあります。, この両方をやってみたけどダメな場合は、ベアリングが壊れてしまっているので交換が必要です。, グリスタイプで回りが悪くなってしまったら、メンテナンスが出来ないので交換するしか方法がありません。, 久しぶりにスケートボードを出して使ったら回りが悪い場合で、以前までは普通だったという場合もありますよね。, スケートボードのウィールを回すベアリングは、色々な原因で回らなかったり、止まってしまったりします。, 筆者はオイルタイプのベアリングを使っていますが、それでも壊れて回らない時もありますので交換しています。, ベアリングの交換やメンテナンスは少し面倒くさいですが、慣れてしまえば簡単ですぐ出来るので、サクッと直してスケートボードを楽しんでもらえたらなと思います。, 最後までお読み頂きありがとうございます。スケートボードのウィールが回らないのはベアリングが原因なので、定期的に使う事や、メンテナンスをするのが大切になってきます。, とは言っても、100%壊れないという事は無いので、最終的には交換が必要になるんですけどね。, ただ、オイルタイプのベアリングでしたら、メンテナンスをするだけで復活する事もあるので、1度オイルを指してみてください。, この記事で、スケートボードのウィールが動かなくて困っている方の、役に立てればと思います。. ご覧になる際にはブラウザ設定でJavaScript を有効にしてください。 30代からスケボーを始めても、確実に上達して、楽しみながら続けていく方法>>もしもあなたが、30代以上でスケボーを始める人なら、これを知っておけば安心です。↓↓↓https://hi5sk8.net/30overskater/, でも、トリックのひとつひとつは、とても繊細。微妙なズレが失敗につながることもあります。なので、たまにはスケボーのパーツの調整をしてやるのも大事です。, ベアリングは、壊れない限り使えるけど、ウィールを新しいのに変えたり、規格(速さ)を変えてみたりしたい時は、交換作業が必要ですね。, スケボーのベアリング交換には、専用の工具があるのですが、1万円くらいします。でも、そんなの使わなくてもベアリングの取り外し、取り付けは簡単に出来るので、挑戦してみましょう。, (1)トラックからウィールを外す。(2)ウィールからベアリングを外す。(3)ウィールにベアリングを取り付ける。, ベアリングは1台のスケボーに8個付いているので、それなりの作業ではありますが、コツを掴めば誰でも簡単に出来ます。, トラックのナットを緩めてウィールを取り外します。スケート専用ツールを使うと楽ちんですよ。, トラックのシャフトにベアリングを引っ掛けて、ウィールを「栓抜きのように動かして」ベアリングを取り外します。, 最初は、ベアリングを壊してしまいそうで怖いですが、コツを掴めば簡単なので、トライしてみて下さいね。, 今回、僕が使うのは、Diamond supply co.のABEC 5。最近は、ABEC 7よりも、スピードの調節がしやすいので、ABEC 5を選んでます。, そこから両手でウィールを掴んで、体重を乗せてウィールにベアリングを取り付けます。押しこむ感じです。, この時、ベアリングが斜めに入ったりすると、ウィールが真っ直ぐ綺麗に回らなくなるので、何度かウィールを回して、グリグリと押し込んで下さい。これも映像を見てもらうと分かりやすいと思います。, けっこう力が必要ですが、体重を真下に向けて乗せてやれば、「ギュ、ギュ」という音をさせながら、ウィールにベアリングが入っていきます。, 最初は、お店や上級者の友達に組み立てて貰っても良いけど、少しずつ自分でパーツの交換や組立が出来るようになると良いと思うよ。, それに、自分のスケボーを色々いじるのって、昔プラモデルやラジコン屋ミニ四駆を改造したり、いじっていたりしていた感覚と同じで、すごく楽しい。, ・もう少しスケボーを速くしたい・遅くしたい。・ベアリングの調子が悪い。・ウィールを交換したい。, 多分あなたは、スケボーのことをインターネットで調べているうちに僕のホームページに、たまたまアクセスしてくれたんだと思います。, ほとんどの場合、役立ちそうな記事とか写真をちらっと見て、他のホームページに行ってしまわれます。インターネットってそういう意味では、ちょっと寂しい。, でも、あなたは、こうやって何回かクリックしてくれているということですよね。きっと僕のホームページのブログや商品がなんとなく気になってくれているのしたら、すごく嬉しいです(^^), そこで、初めてHi5に来てくれたあなたのために、僕のホームページで人気がある記事を10個紹介しようと思います。, 今までに色んな感想のメールが届いたり、アクセス自体も多い記事達で、僕自身も「なかなか良いこと言ってるな」と思っている記事達です。, この10記事を読んでもらえれば、僕がどんな感じでスケボーを楽しんだり伝えていたりするのかが分かると思うし、あなたに合っているかどうかも分かると思います。, 長い記事もあるので、「全部読んでやる!」っていうあなたは、ブックマークに入れて、時間のある時にボチボチ読んでみてくださいね。, スケボー特有の、「根性入れろや〜!」とか、「ビビってんじゃねぇよー!」みたいな怖いことは絶対に言わない記事なので、リラックスして読んでいってください(^^). ランプ用ウィールの交換ついでにスケボーのベアリングも新調しようかと思い、 アマゾンで検索してみました。 また、取り外したベアリングに問題がないか、使っているグリスを洗浄剤で溶解した上で、ベアリングの破片などが入っていないか確認します。, 新しいグリスを給脂することで、古いグリスが出てくることになります。そのグリスの状態をチェックしてみてください。, 取り外したベアリングは、しっかりと洗浄をしたうえで、再利用が可能かどうかを判定します。ただし、「内輪・外輪・保持器・転動体のどれかに欠陥がみられる」「軌道面・転動体・つばに激しいかじりがある」「軌道輪・転動体のどれかにフレーキングがみられる」といった 転動体に割れや、つば欠けが発生している場合は、フレーキングの進展、取り付け時のつばへの打撃などが考えられます。そういった損傷を防ぐためには、取り付け・取り扱い時に、細心の注意を払い作業するよう心がけることが重要です。, 焼付きは、ベアリングが発熱することで起こり、回転不能を起こしてしまいます。他にも、変色や変形、軟化溶着といった症状を引き起こしてしまいます。考えられる原因としては、ベアリング内部のすきま過小、過大荷重、潤滑不良、放熱精度の悪さ、取り付け不良などが挙げられます。 こんにちは。カズ(@lifewill_befun)です。スケボーのベアリングのメンテナンスしてますか?ベアリングのメンテナンスをする人もいれば、全くしない人もしばしば。でもせっかくスケボーを楽しむなら快適に滑れた方がいいと思うので、今回は、 株式会社MonotaRO(ものたろう), ご利用中のブラウザ(Internet Explorer バージョン8)は 2020/9/1 以降はご利用いただけなくなります。, ベアリングは、さまざまな原因によって、損傷を引き起こしてしまいます。その症状の種類はかなりの数にのぼります。損傷を起こさないためには、原因の特定と正しい対策が欠かせません。まずはベアリングの損傷と原因をはじめ、その対策について解説します。. 例えば、ベアリングの回転音のチェックでは、聴音器を用いますが、異音を確認することでベアリングの不良状態に気付くことができます。また、振動のチェックには、振動測定器を用い、振動の幅や周波数を確認することでベアリングの損傷状態を推測することが可能です。, 一方、機械から取り外したベアリングにおいても、キズが出来ていないか、再利用できそうかどうかを確認することもポイントです。, ベアリングの状態をチェックするためには、ベアリングからの発熱や振動、内輪や外輪の走行路のチェック、潤滑状況の確認など、さまざまな判断材料があります。ベアリングの使用状況をしっかりと確認し、それらを総合的に判断しましょう。以下に、パターン別のチェックポイントを記します。, 深溝単列玉軸受は、内輪と外輪にある玉の走行路がずれていないかチェックします。ずれが見られる場合、ベアリングの荷重に問題があると判断できます。, アンギュラ玉軸受も、内輪と外輪にある玉の走行路の跡をしっかりとチェックすることで、ベアリングの荷重や予圧に問題があるなどの原因を特定することができます。, モーターのベアリングを取り外した際は、負荷側、反負荷側がどちらか分かるように印を付けておきましょう。負荷側の内輪では、摩擦により赤紫に変色することがあります。その場合は高温になりすぎている可能性があるので、注意してください。