今回は6月某日に兵庫・明石浦の魚英に、ダイワ・フィールドテスターの清水恭仁、ダイワ・スタッフの西村豪太氏らとともに乗り込んだ。, 2人がセレクトしたエギは、すっかり船タコ釣りの定番となっている「快適船タコエギSS」。, 西村氏は「朝イチなどローライトな時間は、こういった組み合わせを使用することが多い」と、膨張色系の「夜光-ミドリエビ」と「夜光-ホワイトキャンディー」の組み合わせからスタート。, 清水氏は「ベースとなるのは、こういうカラーで後は活性を見ながら組み合わせていく」という「夜光-アカエビ」と「黄色-キープアウト」の組み合わせでスタート。, 西村氏の朝イチの組み合わせ。「快適船タコエギSS」の「夜光-ミドリエビ」と「夜光-ホワイトキャンディー」をセレクト, 清水氏の朝イチの組み合わせ。「快適船タコエギSS」の「夜光-アカエビ」と「黄色-キープアウト」をセレクト, 今年発売の「メタリアエギタコS-178」の竿先にググッと重みが乗り、しなやかな穂先がキレイな曲線を描く。, これを見て記者がキャスティングのメリットを尋ねると…「やっぱりメリットは広範囲を探れること、そしてオマツリも回避しやすいという点ですね。それに対してデメリットはほとんどないので、重い仕かけではあるけど、キャスティングできる人はぜひトライしてみてほしい」とのこと。, その後の釣況の方は若干渋いような時間もあるが、西村氏にはコンスタントにアタリがある。, 西村氏は「僕にだけアタリがあるのは、実はエギのサイズを3号に落としてるからなんですよ」と話す。, シルエットを小さくすることで警戒心なくタコが寄ってきたのか、その後もアタリを連発。, 上が3.5号、下が3号。ともに「快適船タコエギSS」。当日は3号にエギを使っていた西村氏にコンスタントにアタリがあった, 船中ではリリースサイズの新子の姿もかなり確認できており、梅雨明けの本格シーズンに期待できる結果となった。見事な釣果でアツいシーズンインを迎えた明石の船タコ、今シーズンのニューアイテムを携えて好釣果を狙ってみよう。. 一度メタルトップを使用するとその感覚が忘れられずに「メタルトップ中毒」となってしまう方が続出していますが、この竿もまさにその類の竿に仕上がっています! 最後まで集中して釣りができるというメリットは、結果として釣果に直結するメリットにもなります! ダイワ メタリア エギタコs-178. 0.7/10.8. ブランクのネジレを抑える強化構造「ブレーディングX」、糸にやさしいトップSiCガイドリング、握りやすく疲れにくいVグリップシート採用。テンヤを意のままに動かせる高い操作性と、アワセがしっかり決まるパワーを兼ね備えたタコ釣り専用ロッド。誘いやすくアタリを取りやすい調子を追求しており、中深場・オコゼ・アジ・イサキなどにも使用可能。, 対象魚、釣法に対する徹底的な分析(ANALYSIS)をもとに、最も使いやすくて対応力の高い専用ロッドを提案するダイワの船竿シリーズ「ANALYSTAR(アナリスター)」。エギでタコを狙う場合、テンヤより一層感度が求められる。また生餌ではないエギに違和感を感じさせないようにするためには、しなやかで操作性の良い穂先が威力を発揮する。オモリを底から離さない絶妙な小突きがしやすく、タコの小さなさわりを逃さない感度と調子を追求しつつ、小突きつつ合わせの間を演出しやすい適度な穂先のしなやかさも兼ね備える。さらにネジレ防止の最適構造「X45」により軽さと同時にフッキングパワーと粘りある強度も備えたタコエギング専用ロッド。, 超弾性チタン合金穂先「メタルトップ」と軽量高感度の「AGS」とのコンビネーションで、タコが腕1本で触れてくるような小さなシグナルも表現する鋭敏穂先を実現。さらに軽量・感度・操作性・アワセやすさの最適バランスを追求。ブランクの目に見えないネジレを抑制してパワー・操作性をアップさせる「X45」構造により、快適な小突き、誘い、アワセ、そして大型にものされないバットパワーを備えている。, エギの方が感度に優れ、仕掛けの抵抗も少なく楽しめる点が第一のメリット。また根掛りが少ないポイントではキャスティングできることによるアドバンテージがたいへん高く、目感度では竿先がもどらなくなるモタレが、手感度では餅が乗ってくるような重みが味わえる。その後のアワセでは、硬めのロッドを大きく曲げ込む重みが醍醐味。また、ロッドの長さを生かして船縁の高さを感じず難なく取り込むことができる。. 129. )。, 対して、大型のタコ、3kgクラスが来てもしっかりと底から浮かすことのできるパワーと粘りも求められます。, メタリアはメタルトップ搭載のダイワ船竿のシリーズで、値段と性能のバランスが最もよく人気を博しているシリーズです。. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 2. そして昨年、2016年にエギタコ専用竿として 「 アナリスターエギタコ175 」 を発売しました! 1番楽しんだ人こそが真の竿頭♪釣り大好き♪主にタチウオ釣りと落とし込み釣りを中心に最近は船釣りジャンルにハマっています♪1年を通じて色んな釣りをしています♪釣果よりも楽しめたらOK♪楽しい釣りを目指しています♪黒新会所属, 楽天ポイントが貯まってきたので衝動買いしちゃったダイワ メタリア エギタコS-178, 極鋭シリーズではないので、スーパーメタルトップではないのと、AGSガイドも途中までのミドルハイクラスクラス。, ①に関しては、今後売れ行き次第では極鋭シリーズになるのかなと予想します。多分スーパーメタルトップ、オールAGSガイド仕様になるのかな?エギタコ釣りってゲーム的要素があるので、目感度と手感度の両方を兼ね備えるロッドは楽しいはずと思われます。, ②に関しては上島釣具店さんで今回は購入していませんが、ポイント還元分含むと実売で26000円程度。上島さんだとざっくり23000円の消費税くらいで買えると思うので安いです!現時点において在庫がないので取り寄せになるとの事ですが、コロナの影響ですぐに手に入らない可能性もあるので要相談と言った感じでしょうか, ③に関していうと今手持ちのタコロッドが209gでカタログ値が109gと半分の重さ。実はこれが1番の決めてだったりします。, 後は実際使ってみてどうかです。軽いロッドなんでパワー感とかそういうのも気になります。. 109. 今年発売の「メタリアエギタコS-178」の竿先にググッと重みが乗り、しなやかな穂先がキレイな曲線を描く。 上がってきたのは400gくらいの食べ頃サイズ。 このメタリアエギタコがあなたの船タコ釣りをより釣れる! Copyright (C) GLOBERIDE, Inc. All Rights Reserved. 88. メタリア ヤリイカ : 並継 8:2調子: mh-175 ... 超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0 10-80. そんな背景を受け、2015年にダイワ初の船タコ竿として 「 タコX 150」 が発売されました。, この竿は全長も150cmと短めで、基本はテンヤを使用した釣りを想定してセッティングしてあります。, 重たいテンヤを小突き、根からタコを引き剥がすパワーをもった、いわゆる剛竿タイプの竿ですね。, Xシリーズですので比較的リーズナブルで、これからタコ釣りを始めてみたいという方にもおすすめの竿となっています。. メタリア タチウオ テンヤsp: 82H-180:2020.08 デビュー : メタルトップの感度が光るテンヤタチウオ専用ロッドの王道! 穂先はタチウオの繊細なアタリを感じ、フッキング可能な本アタリを感じることのできる高感度メタルトップを採用。ブランクスには軽量なhvfナノプラスを使用し、さらにx45 メタリアはメタルトップ搭載のダイワ船竿のシリーズで、値段と性能のバランスが最もよく人気を博しているシリーズです。 一度メタルトップを使用するとその感覚が忘れられずに「メタルトップ中毒」となってしまう方が続出していますが、この竿もまさにその類の竿に仕上がっています! という2大エッセンスが加わったことで、ここ数年、タコ釣りは一気に人気の釣り物となりました! この竿からしっかりと開発にも絡ませていただいていたので、私としても思い入れのある竿です!