ヴェロキラプトルは尾が長く、 がモデルだったらしい。, 映画製作当時、 一回り大きい近縁種「ディノニクス」 間違いなのである!, 間違いだらけ?の恐竜映画~ヴェロキラプトル編~ | 川崎悟司 オフィシャルブログ 古世界の住人 Powered by Ameba. ‚±‚±‚Å‚àƒ”ƒFƒƒLƒ‰ƒvƒgƒ‹‚͉f‰æ‚ƈႢ”ñí‚ɏ‚È‚¢¶‚«•¨‚Å‚ ‚é 全長とは頭の先から尾の先までの長さ。 あって、これに従ったものらしい。 i—‘‚©›z‚Á‚½Ô‚ñ–V‚É‚»‚ê‚͉”\‚¾‚낤‚©Hj 中生代・白亜紀後期(約8000万〜7000万年前)のモンゴルに生息していたドロマエオサウルス科の小型肉食恐竜。 ベロキラプトルとも表記される。名前は「素早い泥棒」「鋭敏な掠奪者」の意。 全長約2m、体高0.5m、体重は推定15kg程度。とても軽いのだ。 細身の体格と、やや大きく細長い頭蓋骨が特徴。後肢の第二指には深く曲がった大きな鉤爪を備えており、これを獲物の喉笛や頭部に叩き込むことで仕留めたほか、樹上に登る際にも用いたと考えられている。 恐竜としてはかなり大きい脳幹を持ってお … ヴェロキラプトルとディノニクスは同じ種類なのでしょうか?結論から言うと違います。では、どれくらい違うのでしょう?ヴェロキラプトルとディノニクスの姿や生態を比べて見ましょう。まずは、ヴェロキラプトルから見ていきます。今回のヴェロキラプトルの画像は現在、こうかもしれなかったと言われている姿のものを貼ります。あの、少しいかつい姿を想像している場合は少し驚くかもしれません。, 「あれ、思ってたのとなんか違う…羽みたいのも生えてるし…」と思っている方も多いのではないでしょうか?, と思っている方も多いと思います。姿形だけではなく大きさや体重までも違いますね。ではなぜこんなに違うのに同じ種類だと思われていたのでしょうか?, 実は、ヴェロキラプトルとディノニクスが同じ種類だということが広まってしまったのにはあの有名映画「ジュラシックパーク」が関係しています。, どういうことかというと、監督のスティーヴン・スピルバーグは映画の方のモデルをディノニクスにしてしまいました。しかし、ヴェロキラプトルの名前が気に入り名前だけはヴェロキラプトルになってしまいました。. しかしながら、翼といってもそれを こう見ると、ヴェロキラプトルはジュラシックパークと当時の見解により現在考えられている姿や生態からはかなりかけ離れた形で知れ渡っているように思えます。それはむしろ、今ヴェロキラプトルとして知られている姿はほぼディノニクスであるということです。ちゃんとヴェロキラプトルとしての現在の姿や生態が一般的になり、より多くの人に知れ渡るといいですね!! ヴェロキラプトルとディノニクスが所属しているドロマエオサウルス類は、体長7メートルという大型のユタラプトルもいるが総じて、小型の恐竜が多い。ディノニクスもどちらかと言うと大型の部類に入る … 引用:ラプトルやT-REXには毛が生えていた! ティラノサウルスは有名であるが、 ヴェロキラプトルには翼があったのだ! 羽が付いていた確実な証拠なのだという!, つまり! ディノニクスは直訳すると「恐ろしい鉤爪(カギヅメ)」となります。 特徴をそのまま名前にしてあるだけなのになんでこんなカッコいい名前になるんでしょうかね。 サイズ. ‚±‚±‹°—³ƒZƒ“ƒ^[‚ł̓”ƒFƒƒLƒ‰ƒvƒgƒ‹‚Ì‹»–¡[‚¢¶‘Ԃɂ‚¢‚Ẳ¼à‚ðÐ‰î‚µ‚Ä‚¢‚éB 覆われているのではなく、 ‚È‚ç‚΁A’¹—Þ‚ª‚à‚‘‚Æ‚¢‚¤K«‚ª‹°—³‚Å‚ ‚Á‚Ä‚à‚¨‚©‚µ‚­‚È‚¢‚Æ‚¢‚¤l‚¦‚Å‹°—³ƒZƒ“ƒ^[‚Å‚Í‚±‚̐à‚ðÌ—p‚µ‚Ä‚¢‚éB 表皮は爬虫類のようなウロコなどで これはビックリですね!!モデルを違う恐竜にしたのに、名前だけをヴェロキラプトルを使うとは予想外です!! ?『ジュラシック』シリーズでは描かれない恐竜たちの真実|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS, ヴェロキラプトルは、ジュラシックパークが元で本来の姿とはかけ離れた姿で、多くの人に知られてしまう形となりました。しかし、それは「ラプトル」(劇中での通称)が目立った活躍をしていたということとも言えます。, その証拠にジュラシックパークシリーズでは、「Battle at Big Rock」 以外には全て出演しています。, では、どのような活躍をしていたのでしょうか?ここでは、第一作目のジュラシックパークに絞りラプトルの活躍を説明していきたいと思います。, ジュラシックパークでのラプトルは「完全悪」として描かれています。映画序盤では、恐竜監視員が、檻にラプトルを入れようとした際に暴れたことで亡くなってしまいます。中盤では、ハッキングのためダウンしたパークのシステムを復旧する際にすべての機能をシャットダウンした僅かな隙をついて脱走。何も知らずに、復旧をしにきたエンジニアを喰い殺してしまいます。挙げ句の果に育ての親を血祭りに上げ後半にはグラント博士一行に襲いかかります。, 劇中ではこのような凶暴性以外にもドアノブを少し触っただけでドアの開閉方法を理解したり、自ら囮をかっでて油断した相手を襲ったりと大変知能が高いという面も見せてくれます。しかし、最終的にはラプトルはティラノサウルスに撃退されてしまいます。このような、凶暴性と高い知能で映画でも多くの緊迫感の有る名シーンを生んだことで一躍有名になりました。そして、このような高い知能とスマートなルックスに惚れ込むファンも続出しました。, ラプトルは、映画をとても、引き立てるような素晴らしい活躍をしているのですね。ここまで、知的で恐ろしい悪役を演じられると、ヴェロキラプトルの本来の姿が小柄で、羽毛の生えた姿であるといわれたら困惑してしまいそうです(笑), ヴェロキラプトルが違った形で広まってしまったのには、ジュラシックパークという作品が長く多くの人から観られているということでもあると思います。皆さんも、この記事を踏まえもう一度ジュラシックパークを見直してみてはいかがでしょうか?, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 一回り大きい近縁種「ディノニクス」 がモデルだったらしい。 映画製作当時、 「ディノニクス」と「ヴェロキラプトル」は同一種という説が あって、これに従ったものらしい。 しかし今では両者は大きさ、生息時代のズレ、頭骨の形状に違いから