テールランプもリヤフォグもLEDにしちゃいましたし、ナンバー灯も室内灯も全部LEDに換装したので全てのライトがLEDになりました, ミラー式ドラレコとレーザーレーダー807もみんな取り付け終わったので一通りはおしまいです これも納車前に準備したホーンの交換と同時に作業しようと思います, 自分は乗り換えだったので移植できるパーツを ディーラーで30万円の下取り査定された車が、買い取り業者で80万円で売れることもよくあります。, 一括査定サイトで複数の下取り会社があなたのお車の買取価格を競り合うことによって価格の上昇につながります!, 今回はエクステリア、インテリア、燃費、スペックなどの観点からC型と比較していきます。, レヴォーグD型はそれまで発売されていたC型にビッグマイナーチェンジを施し、2017年8月に発売されたモデルです。, 最新の安全装備である「アイサイト・ツーリング」を全モデルに搭載するなど、安全面にも考慮されていますがC型との違いはどのようになっているのでしょうか。, エクステリアの各部分の変更点をヘッドライト、フロントバンパー、フロントグリル、フォグランプ周りの4つに分けて見ていきましょう。, ヘッドライトについて、C型ではグレードによってハロゲンライト仕様になっていたのですがD型からは全グレードでLEDに変更されています。, ウインカーがヘッドライトとは別体で、フォグランプ周りにウインカーが装備されていますね。, こちらの画像、左がD型で右がC型なのですが一見すると違いは無いように見えて実は微妙に違いがあります。, その違いとして、フロントバンパーの開口部にメッキパーツが装着されたことでD型とC型との違いが伺えます。, しかしながら、よく見てみるとフロントグリルがワイド化され同じくスバルから発売されているスポーツセダン、レガシィB4によく似た形状となりました。, 引用:https://autos.goo.ne.jp/column/388278/, C型ではフォグランプ周りにウインカーが装備されていたのですが、D型からはヘッドライト部分に埋め込まれフォグランプ周りがスッキリした形となりました。, 引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/483036/car/2496192/8905042/parts.aspx, ヘッドライトの項目でも触れた通り、ウインカーがこのフォグランプ周りに内蔵されていますのでこのような外観となっているのです。, D型とC型のエクステリアの違いについては微妙な違いでしたが、インテリアに関してはどのような変化があるのでしょうか。, こちらはエクステリアに比べると若干ながら分かりやすい変化がありますので、ぜひご覧ください。, 引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1071/692/html/60.jpg.html, ナビディスプレイについて、C型では7インチに対応していたのに対しD型では8インチに対応した仕様とすることで大きくなり見やすくなりました。, マルチファンクションディスプレイに関してもC型では4.3インチだったのに対しD型では5.9インチへと拡大され、こちらもナビ同様に見やすくなっています。, 引用:https://autoprove.net/subaru/levorg/149245/?a=all, C型では6:4の分割方式だったのですが、D型では4:2:4分割方式とすることでより使いやすくなりました。, 引用:https://matome.response.jp/articles/528, D型の2:4:2の分割方式に対し、こちらは6:4の分割方式となりD型よりもシート分割の自由度は下がりますね。, 引用:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/1071692.html, シートヒーターに関しても、C型では本革シート装備モデルのみに設定されていたものがD型では1.6GT EyeSightを除く全てのグレードに標準装備される形となり、冬場の運転でも快適な運転が可能となりました。, 外装、内装ともに微妙な変化がありましたが燃費面ではどのような変化があるのでしょうか。, レヴォーグC型の実燃費について、オーナーの声やメディアの実燃費レポートを参考にしてみると高速道路においては18.3km/lで1.5トン近くある車としては優秀な数値です。, 一方、ストップアンドゴーが多い市街地など一般道では11.8km/lでこちらも比較的優秀でD型ではどのような変化があったのか期待が高まりますね。, レヴォーグD型の実燃費についても、C型と同様にオーナーの声や実燃費レポートを参考にしてみました。, 市街地など一般道においては9.8km/lとこちらはそこまで大きな差はありませんでした。, C型よりも燃費が少々悪いのは、10kgほどの車両重量増加が原因と言ったところでしょうか。, 燃費ではC型の方が優れていましたが、スペックではどのような違いがあるのでしょうか。, C型のスペックについて、車の大きさに関わるものとエンジンに関わるものとで分かりやすく分けてみました。, 1.6Lモデルではパワーやトルクを控えめにしたレギュラーガソリン仕様、2.0Lモデルではスポーツカー並みの性能だからなのかハイオク仕様となっています。, しかしながら車の大きさや重さに関しては変更があり、1.6Lモデルにおいては全高がC型と比べて10mmほど高くなっています。, そして車両重量に関しては1.6L、2.0Lモデル両車で10kgほどD型の方が重くなっています。, その差はたったの10kg、と思う方も多いと思いますがこの差が意外に燃費に影響したりします。, しかしながら重くなることそのものは悪くはなく、長距離走行時において直進安定性が高まるといったメリットもありますね。, C型とD型の変更点について、エクステリアでは微妙な変更程度でしたがインテリアでは分かりやすい変化がありました。, 燃費については、意外にもD型の方が悪いという結果となりましたがこれについては車両重量の変化も燃費悪化の一因でしょう。, また、ドライバーの運転の仕方によっても燃費は変化しますのであくまで一例として見ておいてください。, そしてスペックについてですが、エンジンそのものはC型から継続して同じものを使われているので変化はありませんでした。, C型かD型、どちらを購入するか迷っている方は何を重視するかにもよりますがシートヒーターなどの快適装備が標準装備となったD型をおすすめします。. レヴォーグ STI Sport F型にホワイトとイエローの切り替え式LEDフォグランプを付けました。, 納車後に点灯させてみましたがお世辞にも明るいとは言えない明るさでした。A型レヴォーグでは標準のハロゲンからLEDバルブに交換して使用していましたので、今回の純正LEDフォグの明るさは物足りなく感じました。, バルブを交換しようとしてもバルブと本体が一体式となっており、バルブ交換が出来ない仕様となっています。何とかバルブ交換ができないかと調べていたら、フォグランプ本体を交換すれば良い事が分かりました。, D型以降のフォグランプの形状はカバーから見るとこのように上下がストレートにカットされていますが、反射板部分がこの形状になっているだけで中身の本体は丸型です。, 調べてみるとF型レヴォーグのSTI SportのバンパーにもC型のフォグランプ本体は無加工で付きそうですが1つ問題があります。, ディーラーにも確認したのですが、ライトの反射板をカバーで隠すと車検に通らない規定があるそうです。, 今回の事例は、丸い反射板のフォグランプに開口部の一部がストレートにカットされたカバーを付けると反射板の一部が隠れてしまうので、車検に通らないとの事でした。, 何か良い方法は無いかと調べると、C型のSTI Sportのフォグカバーは開口部が丸型なのでその部品を付けると反射板を隠す事なくフォグランプ本体を取り付ける事が出来そうだと分かりました。, しかし、問題はウインカー部分です。D型からヘッドライトがステアリング連動になり、元々ハイビームだった部分がウインカーになったのでC型までフォグランプの上にあったウインカーが無くなっています。, C型のSTI Sportはウインカーがフォグランプの上にあったので、C型用のフォグカバーをバンパーにウインカーの無いD型以降のSTI Sportに取り付けるとウインカーレンズ部分が開口しているのでバンパー内部が見えてしまいます。, 何かで塞ぐ事も考えましたが、いっその事ウインカーレンズを付けてしまえばいいと思い、ディーラーに確認した所、電球を外して不点灯状態にすれば車検も通るとの事でしたので、ウインカーレンズの値段を調べてみました。いくつかのパーツに分かれて構成されているので左右合わせると1万2~3千円と結構な金額になる事が分かりました。, 買おうかどうか悩んでいる時に、何気にオークションをチェックしていると左右セットで4千円程度で出品されている物を発見して落札できました。送られてきた物は非常に綺麗で大満足な物が届きました。, 今回は純正同等の形状でガラスレンズ、軽量と言う事でIPFのクリアレンズタイプを入手する事にしました。, 以前はAutoSiteのLEDバルブ(LEDA)を付けていましたが、前回の装着から5年経ち技術が進化していました。, ホワイトとイエローを切り替える事ができるバルブが登場していたのです。こんなバルブが流行っているなんて全く知りませんでした。, そのLEDバルブはIPFの50DFLBというモデルになります。6500Kと2800Kのデュアルカラーの切り替えができるLEDバルブです。, 自分は、フォグと言えばイエローっていう先入観があるのですが、ホワイトの明るさも捨てきれずに、ずっとホワイトバルブを選んでいました。2色切り替えられるならこれで全て解決です。, 5.ウインカーレンズを取り付ける(フォグ取付穴から手を入れればネジが閉められます), 9.LEDバルブ用のバラストを取り付ける(アンダーカバー内に取付スペースがあります), ウインカーレバーにあるフォグスイッチを連続2回ON-OFFを繰り返すと色が切り替わります。, しかも、一旦切り替えた後は次に連続ON-OFFをするまで前回の色を記憶しているので毎回色を選択する必要がありません。, 肝心の明るさですが、今回のバルブは2400lmなので以前使っていた3600lmのLEDAと比較すると少し暗いですが純正LEDフォグに比べると大満足です。, こちらもちょっと明るめに撮れていますが概ねこんな感じです。実際に雨の中も走ってみましたが道路が黄色になってすごく見やすいです。, ・C型用フォグカバー(アクセサリーライナー付き用) 1式(左右セット) 約¥14,000, ちなみに、STI Sport以外のC型までのレヴォーグならIPFのLEDバルブを購入するだけでこの状態が実現できますので断然おすすめです。, 海外品の安いバルブもありますが耐久性や品質を考えると国産品が良いのではないでしょうか。, 「レヴォーグ 2.0 STI Sport Eyesight Black Selection が納車されました。」, こんにちは 洗車のすべて!【番外編その3】スタワゴ読者からお伺いしたいろいろな洗車の悩みを解消します! これは宣伝になってしまいますが、視線を強く惹きつけるLEDテールも、純正の流れを汲んだジュエルLEDテールランプREVOなら違和感のない高級感引き出しへとつながりますよ。 パーツを準備しました。, 純正のLEDフォグもパッと見は良いですが 長さが不足しているとシーケンシャル化してもチープな印象になるが、充分な長さを確保して内から外へシームレスな光が走っていくため上質なワイド感を楽しめる。, すべてにおいて充分な輝度を確保しつつ、光源を一切見せない間接光で展開したデザイン。 スタイルワゴン創刊300号記念愛車投稿キャンペーン開催中!Instagramでハッシュタグ付けて愛車の写真を投稿するだけ!投稿者全員に特別ステッカープレゼント!特別賞受賞車は取材も!. 1.4.1 C型のフォグランプ周り; 2 変更点②:レヴォーグD型のインテリア. 普及のための緩和なのかドラレコは許されたようですね, 走っていて文句を言われるのもいやなので今度の点検の時に確認して マッキントッシュ仕様とか凄く憧れていました。 ■レンズカラー:ハーフレッド×クローム、ライトスモーク×ブラッククローム. 部品購入が良いですね インナーリフレクターを搭載したトリプルレイヤー構造で保安基準適合に必要となる反射板機構を備えつつ、LED発光を可能としたリヤバンパーリフレクター。 ドラレコやらレーダーやらが取り付けられそうにないのが残念です オーディオカスタムできる!. しかもユニット一体構造なので、カラーチェンジや明るさアップといったバルブ交換が不可能なのだ。 上質な光を与えて、ワンランク上の佇まいを引き出してみてください」, 問ヴァレンティジャパン 058-322-6700 https://valentijapan.com, ハイパーレブ Vol.245 スバル ・ レヴォーグ No.4 (2020/7/31)より. 実用的な明るさに感じなかったので交換しちゃいました。, 自分も納車前に色んな部品を買いました。 STIスポーツのC型は数が少ないのでヤフオクでも出品は見当たりませんね 何をつけるか選んでいる時が1番楽しいです。, ホーンは何にするのですか? 気になるカラー切り替えは純正のフォグスイッチを5秒以内にオン・オフするだけと非常に簡単で、点灯しているカラーをエンジン停止後もメモリーして再始動時に継続してくれる機能も搭載されているゾ。, ホワイトは6000K・3800ルーメン、イエローは2800K・2800ルーメンで発光するバイカラーフォグバルブ。 明日、必ず鳴らしてみます。(笑), ビルシュタインエンブレムはOKでしょう! また、レンズが熱に強い強化ガラスとなっているので、独特の点灯スタートや色温度へこだわるならHIDを投入することだって可能だ。, ■参考価格:1万5000円 レヴォーグの車格を高める仕上がりだ。, インナーの質感も高い たしかにハロゲンフォグよりは色味的に好印象なのだが、いざ使ってみれば明るさが物足りない。 前車はホンダのストリームです 2.2.1 C型のシート; 2.3 3.シートヒーター 専用の2カラーLEDバルブはユニット本体のダイヤルスイッチで6パターンから点灯制御することが可能となっており、純正復帰もダイヤル操作ひとつでOKとなっている。 最近は軽も含めてミニバン屋になってしまいましたね。, ホンダの前はスバルだったんですね。 BF、BG、BH、BPはリアルタイムで見てきて大好きです。, 特に、BHのGT-B Etuneとか、BPのスペックBとか https://www.mlit.go.jp/common/001056351.pdf, 車検の時は取り外せばOKかもしれませんが、最近は何かとうるさく言われますので、気持ちよく乗るためには行きつけのディーラーに確認しておいた方が何かと安心ですよ~, ホーンの音は確認されたんですね。 レーダーはガラスに両面テープで土台を固定しました 自分は抵抗を付けるのが面倒なのであえてステルスバルブにしました。, ホーンはスバルホーンでレーダーは807なんですね。 いざ車が来てからフォグランプを点灯してみると・・・あれ?そんなに悪くないかも 何か参考になる事があれば良いのですが…, 自分はレヴォーグのA型からF型に買い換えたので もちろん、ハイフラッシュキャンセラーも同梱されていて、テールと合わせて前後ウインカーのLED化&ウインカーポジションによるフェイス強調が簡単におこなえるゾ。, A〜C型はバンパー内、D型はヘッドライト内となるウインカーだが、いずれもT20バルブだ。 トレードインタイプなので分解加工は一切必要とせず、h16仕様のledフォグランプがお手軽投入できるフォグレンズユニット。 レヴォーグ以外の車種設定も豊富です! 標準装備でLEDフォグランプが付いている車種ですが、灯体一体型でバルブ交換不可です。 ユーザーがHID化したいと灯体を探していると、カメレオンフォグに出会い、即決です(笑 しかし、13年前のストリームで表示できた瞬間燃費がレボーグでは出来ないのは レンズ下部をリヤゲート内側からボディサイドまでシームレスに流れていく一直線の光は、後続車へのアピール効果バツグンだ。 レヴォーグからレヴォーグへの乗り換えの理由の一つに 納車1週間でこんなする?って感じです なおT20バルブはホワイトの色温度を5500K、または6500Kから選べるが、純正LEDポジションに色味合わせた5500Kを選んでおこう。, ■参考価格:1万1980円 付属のカラーフィルムをバルブのクリアレンズへ貼り付けることによって、フィルムレスの6200Kまで含めれば2800〜8000Kの範囲で5つもの発光カラーへ仕上げられるのがジュエルLED・フォグバルブCXシリーズだ。 ところで、フォグランプって本来は霧や雪の時にロービームですら幻惑される場面で、フォグランプ単独で使用するものだそうですね。 プロジェクターロービーム装備のレヴォーグには、あまり必要になる場面はなさそうですね。 書込番号:19644525. タイヤを外すとビルシュタインって思いっきり書いてますからね。, 資料の添付ありがとうございます 付けちゃいました^ ^, ごぞんじならすみませんが、レーダー探知機をフロントガラスに貼り付けるのは、もしかするとダメかもしれませんのでディーラーに確認してみた方が良いかもしれませんよ。, 国土交通省の資料を貼っておきます。 ブレーキングで発光するだけでなく、ポジション点灯時には減光と下方向へ視線を惹きつけていくので、視覚的低さも強調することができるのだ。, 光りモノではないのだが、ヴァレンティではレヴォーグが誇る電子制御を面倒なスイッチ操作不要で積極活用する便利アイテムもラインアップしている。 せっかく大きな画面にしたのにもったいないなぁって思ってます, レーダーの件ですが、自分も外付けレーザー探知機のAL-01をフロントガラスに付けようと思っていました。, とりあえず調べたてみたらフロントガラスにはナビやETCのアンテナとドラレコ以外は付けられないと言う情報を見つけたので、ダッシュ上のスペースの少ないレヴォーグだと邪魔になると思って買い換えたんですよ。, その代わり、ACC(アダプティブクルーズコントロール)中のアクセル開度が表示されるので、MFDのアクセル開度の部分を燃費表示に変更しています。, セルスターでは燃費表示できていましたが、誤差が多い印象でしたので一長一短と言った感じですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. プリウスがフェラーリでRAV4がランボ!? また、躍動感ある演出として人気のシーケンシャルウインカーに関しても抜かりはなし。 あとはウインカーLEDとラゲッジ灯でとりあえずフルLED化完成の予定です, ストリームに乗っていたんですね。 言われた時期もありましたが最近はそのまま車検に通るのは なお、ブレーキランプはボディ側レンズの中央のみだが、高輝度なLEDで後続車へのアピール力も十二分。 パーツの使い回しがありました。, 結局、かなりのパーツを買い替える事になりましたが 本当に部品のチョイスが似てますね。 そこで、注目したいのは、ジュエルLEDウインカーポジション・プレミアム タイプ2。 【アルファードクッキング Vol.05】アルファードのカスタムと茂出木シェフの料理には共通点がある!? 納車されたので納車初日からバラした事を思い出しました。, hiroさん 私も最近STIスポーツF型を購入して日々あれしようこれしようと思い悩んで部品を集めています その中でこちらのサイトを見つけて昔の投稿からじっくり拝見させて頂いています 先にみておけば…という思いも少なからずあります