生え始めの歯は歯肉にかぶっているような状態で出てきます。そのため、歯と歯茎の間に磨きにくい空間ができ、汚れがたまりやすくなります。歯茎に溜まっている汚れは、炎症の原因になります。, 炎症を起こさないようにするためには、歯を清潔に保つことが大切です。奥に生える新しい歯は、歯ブラシが届きにくい場所のため、きちんと磨けているか確認しながら歯磨きを行ってください。, フッ素には、歯の質を強くする「歯質強化」の働きがあります。 All rights reserved. このサイトは、日本インターネット医療協議会(JIMA)からトラストマーク(ゴールド)付与の認定を受けています。, コラムを読んで、お子さんの歯に関してわからないことや不安なことがあれば、小児歯科の歯医者さんに相談してみましょう。, 個人差はありますが、乳歯から永久歯へと生え変わりが6歳前後から12歳くらいまでに行われます。, 下の前歯が生えるのと同じくらいの時期に、乳歯列のさらに奥(顔の真ん中から数えて6番目)に「第一大臼歯(だいきゅうし)」が生えてきます。 できるだけ口を動かさないようにしましょう。, 血が口の中にたまってくると飲み込んでしまう子がいますが、 献歯は株式会社セルテクノロジーの登録商標(登録番号59991257号)です。, 〒104-0033 東京都中央区新川1-2-12-3F TEL:03-6228-7830. 生え替わりの時期のお口のケアはとても大切です。, 生える順番や時期、なかなか生えてこないなど、心配なことがあれば、歯医者さんを受診しましょう。, 乳歯はどうせ生え変わるのもだから、放置しておいて生え変わりも自然に任せておけば良い。などとお考えの親御さんがまだまだ多くおみえになります。 双子ままの日々のコト , 6歳頃から12歳頃にかけて、「乳歯」から「永久歯」へと生えかわっていく子どもの歯。歯が抜けた時の対処法は? また、抜けた乳歯はどうすればいいのでしょうか? 小児歯科専門の歯科医院「アリスバンビーニ小児歯科」の丸山進一郎先生に伺いました。 子どもの歯が抜ける時期について、気になる親御さんはとても多いのではないでしょうか?「うちの子、もう歯が抜けたけど大丈夫?」と、心配する方もいるでしょう。子どもの歯が生え変わる時期には個人差がありますが、目安としては6~12歳前後です。この時期は永久歯と乳歯が混在するので、歯の磨き方にも注意が必要です。ここでは、具体的な歯の生え変わりの時期や、磨き方、歯が抜けることで起こりうるトラブルなどを、わかりやすく説明します。, 親知らずを別にした大人の歯(永久歯)が全て揃うのはおおよそ14歳から15歳頃です。, ただし、「痛みが強い」「いつまでも抜けずに残っている」「永久歯が生えてきたにも関わらず抜けずに残っている」といった、いわゆる2枚歯の場合は、歯医者さんで抜歯をしたほうがいいでしょう。, 半年経っても永久歯が生えてこなければ、乳歯の下に永久歯がない「先天性欠如(せんてんせいけつじょ)」や、余分な永久歯がある「過剰場(かじょうし)」の恐れがあります。, シーラントという歯の溝をあらかじめ埋めておく予防処置をおこなってもらうといいでしょう。, 「出っ歯」になる骨格を形成させるだけでなく、将来的に発声に影響を与えたり、歯周病の間接的な原因となったりします。, 生え変わりが左右アンバランスに進行すれば、歯の真ん中がずれてしまう恐れがあります。, 歯の表面にフッ化物を塗ることで虫歯への抵抗力を高めることができる「フッ素塗布」を歯医者さんにて行うか検討する, フッ素入りの歯磨き粉で歯磨きをすることで、歯の生え変わり時期のお口のケアをサポートできます。, フッ素塗布や、シーラント(歯の溝に樹脂を埋め隙間をなくすことで歯を磨きやすくする治療)も虫歯の予防に効果的です。, 乳歯が抜けてまだ永久歯が生えていない箇所は、抜けた部分に歯ブラシを入れて両側の歯を磨きましょう。, べびデントはよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。, 【EPARK歯科からのご案内】新型コロナウィルス感染症対策を行っている歯科医院の一覧を掲載しています. そして、生え替わる時期にはさまざまなトラブルも考えられます。 グイグイと押してみたりして強引に抜こうとします。 乳歯が抜けた後の歯茎からは、出血していることが多いです。血の量については、乳歯の抜け方によっても個人差があるよう。 まずは口の中をゆすいで清潔にしてあげます。この時グチュグチュ! 子どもの歯が抜けるのはいつ?抜ける順番・生える順番・注意点・ケア方法をチェック 子どもの歯が抜ける時期について、気になる親御さんはとても多いのではないでしょうか?「うちの子、もう歯が抜けたけど大丈夫?」と、心配する方もいるでしょう。 Copyright © Empower Healthcare K.K. 飲み込み続けると気持ちが悪くなってしまいます。 強引に抜くと血が出てくるのです。, 乳歯が抜けたときに出血がある場合は、 しかし、乳歯は抜けそうで抜けない状態が意外と長いものなのです。, グラグラしていると子どもは指でつまんで引っ張ってみたり、 昔は 毛先が細かく、小回りの利くワンタフトブラシの使用も効果的です。, 乳歯が抜けてまだ永久歯が生えていない箇所は、抜けた部分に歯ブラシを入れて両側の歯を磨きましょう。 しかし、大人になって顎が大きくなると、永久歯が全部生えてちょうどいいバランスになります。, 生まれつき歯の本数が少なく、永久歯の数が28本以下の人もいます。 乳歯が抜ける時期には個人差がありますが、一般的には 6歳前後から12歳くらいまで に乳歯から永久歯へと生え変わります。 最初に下の前歯が抜けて永久歯へと生え変わり、ほぼ同時期に「6歳臼歯(きゅうし)」と呼ばれる奥歯の「大臼歯(だいきゅうし)」が生えるのが一般的です。 かかとを歯に当てて、小さく動かしながら磨いていきましょう。, 乳歯と永久歯は、ぱっと見た感じ同じ白色に見えますが、よく見ると白さに違いがあります。, 乳歯は20本、永久歯は28~32本(上下左右の親知らずまで含む)です。 清潔なガーゼを小さく折りたたんで出血している部分にあてます。 8~9歳では、前から後ろに向かって順番に、永久歯が生え始めます。, 10~11歳では、上下ともに奥歯が抜け、永久歯が生え始めます。 には、乳歯が邪魔になってしまい、永久歯が曲がって生えてきてしまう 2018 All Rights Reserved. しっかりと歯磨きをして、清潔な状態を保つよう心がけてください。, 指しゃぶりを続けていると、親指の場合、上下の顎に力を加え続けるため、上顎が前へ飛び出るように、同時に、下顎が奥へ凹むように変形してしまうことがあります。(人差し指や中指の場合には、逆もあり得ます。) ごみ箱に捨てるのも悲しいかもしれませんね。, 最近は、へその緒と同じ感覚で乳歯を保存しておく人が増えています。 血が止まらないときはどうしたらいいのだろう・・・ 歯医者さんによるフッ素塗布にも、同様の効果があります。, お子さんの大切な歯を守るためには、歯医者さんで定期健診を受けたり、歯磨きの指導を受けたりすることが大切です。 ガーゼが患部とこすれてしまい、止血がうまくできません。 前途したフッ素塗布や、シーラント(歯の溝に樹脂を埋め隙間をなくすことで歯を磨きやすくする治療)も虫歯の予防に効果的です。, 小学校中学年までは、親御さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。 受診しましょう。 あがってくるため出血量が抑えられます。 永久歯が下から生えてきているのに、なかなか乳歯が抜けないとき この時期の歯の健康は、大人になってからの歯の健康へも繋がってきます。 もともと乳歯のなかった部分に「6歳臼歯」が生えてくる時期もこのくらいの時期になります。, 7~8歳になると、上の前歯も抜けはじめ、永久歯に生え変わります。 フッ素に期待できる歯質強化は、虫歯予防にも役立ちます。, フッ素入りの歯磨き粉で歯磨きをすることで、歯の生え変わり時期のお口のケアをサポートできます。使用する際には歯にフッ素を留めて効果を高めるために、水でのすすぎ過ぎに注意してください。 プロフィールを見る. この場合も歯医者さんで抜歯をしてもらう必要があります。, 乳歯が抜けてから、永久歯が出てこない場合があります。 しっかりと処理をしてから保存すればきれいに保存することができます。, 乳歯が抜けたとき、自然と抜け落ちた場合の出血量は少量でしょう。 コツは、毛先を立てて小刻みに動かし、1本1本丁寧に磨くことです。 血の塊は、止血に必要なものなのではがさないようにしましょう。, 乳歯が抜けたあとに血が止まらないときには歯科医院を そして、12歳前後に生えてくるため「12歳臼歯」とも言われることもある第二大臼歯を含めて、親知らずを別にした大人の歯(永久歯)が全て揃うのはおおよそ14歳から15歳頃です。, 背の伸び方や、体重の増加、運動能力、言葉の発育などに個人差があるように、歯の生え変わりも、子どもによって差が見られます。こちらで説明している時期は、あくまで目安です。 また、血が固まってくると子どもはせっかくできた血の塊を かといって、子どもの成長を見守ってくれた乳歯をポイッと むやみに歯を投げることはできません。 自然と抜け落ちた場合は、ゆっくりと時間をかけて根元が これは、レントゲン写真で確認することができます。, ただし、「先天的に永久歯が少ない」「永久歯が本来とは違う箇所に埋まっている」という場合もあります。 幼児期の歯は、乳歯から永久歯へ生え変わる準備をしています。親としては、乳歯が「抜ける本数は何本?」「いつ抜けるのか?」「どの順番で永久歯に生え変わるのか?」気になることも多いでしょう。今回は、乳歯から永久歯への生え変わりについて、皆様が疑問に感じている点を分かりやすく解説していきます。是非、最後までお読みください。, お子様の乳歯は全部で何本抜けるのか、皆様ご存じでしょうか?乳歯は生後6か月ごろから下の前歯(乳中切歯)から生え始め、3歳くらいまでには生え揃い、全部で20本になります。 上の歯が10本、下の歯が10本です。, 乳歯が抜ける時期には個人差がありますが、一般的には6歳前後から12歳くらいまでに乳歯から永久歯へと生え変わります。最初に下の前歯が抜けて永久歯へと生え変わり、ほぼ同時期に「6歳臼歯(きゅうし)」と呼ばれる奥歯の「大臼歯(だいきゅうし)」が生えるのが一般的です。「大臼歯」は、乳歯がなく永久歯と生え変わる時期に初めて生えてきます。14歳ごろには、親知らず以外の永久歯が全て揃うでしょう。歯の生え変わりには、それぞれのスピードがあるため、多少遅くてもあまり心配はいりません。ただし、右の犬歯は抜けたのに左は抜ける予兆がまったくないなど、左右の歯で生え方に大きな違いがある場合は、かかりつけの歯科医へ相談しましょう。, 乳歯の生え変わりは下の前歯から始まるのが一般的です。多くの場合、6歳頃にまず下の前歯が抜けて6歳臼歯、7歳を過ぎる頃には上の前歯が抜けて永久歯へ変わります。8~9歳には、前歯から奥歯へ向けて順番に生え変わり、上下の奥歯は11歳頃です。14歳頃までには、すべての歯が永久歯になるでしょう。 今回ご紹介した乳歯が抜ける順番は、一般的な目安であり個人差があるため、生え変わりが順調であれば問題ありません。なかなか生え変わらず心配していても、ある日突然乳歯がグラグラして、一度に2本抜けるというケースもあります。そのため、あまり抜ける順番やタイミングに関して神経質になる必要はないでしょう。, 下の前歯でよく見られるトラブルですが、乳歯が抜ける前に永久歯が生えることがあります。乳歯がしっかり生えているにもかかわらず、永久歯が生えてきた場合は歯科医へ相談しましょう。, 思春期を過ぎ、大人になっても乳歯が抜けない現象を「大人乳歯」と呼びます。歯の生え変わり時期を大きく過ぎても乳歯が抜けない場合、永久歯が作られていない可能性が高いでしょう。いつまでも生え変わらない場合、レントゲン検査をしてみることをおすすめします。, 乳歯が抜けたのに永久歯が生えないことがあります。一般的に、乳歯が抜けてから永久歯が生えるまでは3カ月かかると言われており、あまりに遅い場合は歯科医へ相談するとよいでしょう。ただし、生え変わりに1年かかったケースも報告されているようです。, ここまでお読みいただき、本当に有難うございます。乳歯の生え変わりは、親としてとても喜ばしいことです。その反面、意外とご存じないこともあったのではないでしょうか?最後に、抜けた乳歯の新たな活用法についてご案内します。再生医療について、ご存じでしょうか?「ips細胞で山中教授がノーベル賞を受賞」といった記事を目にしたことはあるでしょう。簡単にお伝えすると、傷ついた臓器や組織を元に戻すことが再生医療です。その点については、再生医療とは?で分かりやすくご案内しますね。, 「歯髄細胞バンク」は、再生医療に備えることを目的として、生え変わり等で抜けた歯の細胞を凍結保管するサービスです。近い将来、人の幹細胞を使った再生医療が医学の主流となるといわれております。これからは、生え変わりで抜けた乳歯は捨てずに有効活用する時代です。お子様の乳歯がまだ残っていれば、1つの選択肢として「歯髄細胞バンク」を検討してみては如何でしょうか?.   中には全く血が出ないこともあります。 抜歯後、出血が止まらない時の対処法 ツイートする 抜歯をしてガーゼを噛んでから30分以上経過しても血が止まらない場合や、一度血が止まった後に再び出血する場合に、考えられる要因や、対処法、十分に止血できなかった場合に起こることについてご紹介します。 下の歯が抜けたら屋根の上に投げて、上の歯が抜けたら縁の下に投げる と不安になったら、早めに受診できる医療機関を探して受診しましょう。, 乳歯は、奥の大きな歯になるほど抜けにくくなります。 子犬の歯が取れて出血したときの対処法. 抜歯後、出血が止まらない時の対処法 ツイートする 抜歯をしてガーゼを噛んでから30分以上経過しても血が止まらない場合や、一度血が止まった後に再び出血する場合に、考えられる要因や、対処法、十分に止血できなかった場合に起こることについてご紹介します。 Copyright© actindi Inc. All Rights Reserved. 歯並びや、歯の本数が気になるようなら、早いうちから歯医者さんに相談をしましょう。, 乳歯は永久歯に比べて、小さくて短いという特徴があり、小ぶりで可愛らしい形をしています。 乳歯より永久歯は人生長期間にわたり使用せねばならない大切な歯ですが、乳歯(生え変わり)時期にお手入れを怠ると長い人生に負担を肉体的・精神的・金銭的にもかけてしまうことになりかねません。 検診にはこまめに行き、予防を含めて指導を受けていただきたいと思います。, ご自宅や職場の近くで歯医者さんを探したいときは、検索サイト『EPARK歯科』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を見ることができます。, 小児歯科のある歯医者さんを探す 1977年日本歯科大学卒業。1992年日本小児歯科学会認定医取得。1995年日本歯科大学歯学博士(歯科麻酔学)取得。2005年日本小児歯科学会専門医指導医取得。1985年~埼玉県立大学(現)非常勤講師。2007年~昭和大学歯学部(口腔衛生学)兼任講師。全国小児歯科開業医会会長。, ライター/エディター。温泉ソムリエの資格を持つ、大の旅好き、温泉好き。結婚をきっかけに、オーガニックアドバイザーを取得。0歳と2歳の年子育児をしながら、旅、ライフスタイル、オーガニック、女性の生き方、子育てをテーマに活動中。, 子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、子どものおでかけ情報、お出かけスポットのクチコミ・親子体験情報、おでかけスポット人気ランキングなど、親子のつながり・幸せを願って日々運営しております。, ログインしている場合、ユーザーIDが送信されますので、ご登録頂いているメールアドレス宛に編集部から連絡させていただく場合があります。. 12~14歳に、奥歯の永久歯が生えそろい、すべての歯が永久歯になります。, 乳歯が永久歯に生え変わるときを見てみると、まず乳歯がぐらぐらと揺れ初め、抜け落ちた後に、永久歯が生えてくるように見えますが、歯茎の中では乳歯が抜ける前から、永久歯に生え変わる準備がおこなわれています。, 抜け始めの兆候は子どもによってそれぞれです。多く知られる兆候としては、乳歯がぐらぐらし始めることです。, これは永久歯の歯冠部分が形成され始める時期に、「歯根吸収」と呼ばれる乳歯の根を溶かす働きがされることで引き起こります。乳歯の根が溶け始めることで、歯がグラグラし始めるようになります。, 乳歯がぐらぐらしていれば、そのまま様子を見ます。 抜け落ちます。 可能であれば、週一回でも仕上げ磨きを小学校の卒業までして行うことも検討してみてください。, 早く生えてくる「6歳臼歯」は、手前にある乳歯よりも低い位置に生えているため、歯ブラシが届きにくい傾向にあります。, 磨き残しがあれば、口の横から歯ブラシを入れましょう。   2018/11/05, 親にとって、子どもの乳歯が抜けて永久歯に生え変わることはうれしいものですよね。 お名前アイロンシールの簡単きれいなはがし方は?ラバータイプと半透明タイプの違いは?, カレーに合うじゃがいもの種類と特性は?メークイン・男爵・きたあかりを比べてみたよ!, ホットケーキはいつから赤ちゃんも食べれる?ホットケーキミックスのおすすめや手作りする方法も!, 子供のニット手袋の名前付けにオススメ!幼稚園児が喜ぶ裁縫苦手にも簡単なグッズは?100均で代用も!. 乳歯から永久歯に生え変わる時は、口の中がムズムズしてとても痒く、ボールやおもちゃによく噛むようになります。たまに血がついていることがあるかもしれません。, 子犬の歯の生え変わり時期は、個体差はありますが、だいたい4ヶ月~6ヶ月ごろになります。, 歯が抜ける&血が出るとなると少々パニックになってしまいますが、すぐに止まるので 特段何かする必要はありません。出血自体も 少量なので安心してください。, ただし 血が出ている以上、出血が止まるまでは引っ張りっこや硬いものをかじらせるといったことは、控えておきましょう。ばい菌が入ったり、出血が止まるまで時間がかかってしまうこともあります。, 子犬の歯がぐらぐらしていると、間違って飲み込んでしまわないか心配になり 抜きたい気持ちになりますが、ご飯を食べたり おもちゃを噛んだりしていると自然に抜けるので、安心してください。, 基本的に自然に抜けるものですが、なかなか抜けない時は 動物病院で相談してみるのも一つの手です。, 大抵は、ご飯を食べた際に 一緒に飲み込んでしまいます。ですが、乳歯は小さいので 心配する必要はありません。, たまに おもちゃに抜けた歯が刺さっていて、びっくりすることがありますが、記念に取っておくのもいいでしょう。, 歯が抜けてもあっという間に大人の歯が生えてくるので、貴重な歯抜け姿をいっぱい可愛がってあげてください。, 乳歯がなかなか抜けないうちに、永久歯が下から生えてくることは、そう珍しいことではありません。, しかし、そのままにしておくと 噛み合わせが悪くなったり、歯並びが悪くなってしまいます。また、二重に生えると その分歯垢や歯石がつきやすくなり、歯周病などの原因に。, 生後7ヶ月を過ぎても乳歯が残っているようなら、歯茎の中で永久歯が埋まっている可能性があるので、病院で診てもらうようにしましょう。, 歯が抜けた際に出血することがありますが、それ以外で出血している場合は、歯周病や口内炎など「口腔内の病気」が考えられます。, 生え変わりの時期が過ぎても出血があるようなら、こういった病気の可能性があるので、すぐに病院で診てもらいましょう。, 口の中を見て、出血だけでなく腫れも伴っているなら適切な治療が必要になります。様子見よりもきちんとした診察をしてもらう方が安心でしょう。, 乳歯が折れたときは、そのままにしておくと乳歯遺残になってしまい、永久歯の生え変わりに影響を及ぼします。歯並びが悪くなったり、炎症を起こす原因になることもあるので、病院できちんと処置をしてもらいましょう。, また、乳歯遺残は 成長するにつれて 口腔トラブルの原因になるので、根元がしっかり残った状態で上部分が折れてしまった場合は、全身麻酔で抜歯することになります。相場は、1~3万円です。, 子犬の時期なら 歯磨きをしなくても虫歯になる心配はありませんが、歯磨き用ガーゼやスプレーなどで口の中を触ることには 子犬の時期から慣れさせておくことをおすすめします。, 子犬の歯磨きは、リラックスさせてから行うのがポイントです。安心している状態なら、口の中を触っても嫌がらずスムーズに歯磨きができます。優しく声をかけながらガーゼで歯の表面を擦ってください。, 嫌がらずに大人しくしていたら、褒めてあげてください。逆に暴れるようなら、無理強いはさせないこと。少しづつ慣れさせていくことが大切です。, 歯磨きが終わったら ご褒美をあげるなどして、「歯磨きは楽しいもの」と認識させるといいでしょう。. 出血があるのは、葉の根っこが歯茎に溶けてしまってるので、抜けるときに出血するそうです。 だから、長い期間、中々抜けなかった歯は、それだけ歯肉に溶け込んでいるので、抜ける時に傷つき出血する … と心配なこともあります。, 乳歯が抜けたとき、抜けた歯をどうするか迷いますね。 Copyright© こともあります。, 次のHTML タグと属性が使えます:
, 最近の服売り場には、さまざまな化学繊維で作られた服が並んでいます。 季節や土地に …, 子供の靴に名前を書くことは、ちょっと前まで常識でしたよね。 でも、最近は靴に書い …, 子供がよくなる病気に中耳炎があります。 昔はプールやお風呂の水が耳に入って起こる …, 子供の土踏まずって気にしたことありますか? 最近の統計では、「5歳の子供の約半数 …, 子供から大人まで安心して飲める麦茶。 ノンカフェインだし味にクセがないのでごくご …, 幼稚園や小学校でも、冬の授業や活動では縄跳びが取り入れられていますね。 縄跳びを …, 寒い季節になると、唇の乾燥が気になりますよね。 唇の乾燥は悪化すると、ひび割れや …, お名前アイロンシールは、耐久性があって見た目もかわいい布用のお名前シールです。 …, 大人でも辛いインフルエンザ。 だるくて食事も摂れない状態が数日続くこともあります …, 毎日の暑さにうんざりとする夏がやって来ましたが、小さな赤ちゃんがいるお母さんを …, 寒い時期には甘酒が美味しいですよね 。 昔から初詣などで振る舞われたり、私の母も …, 小さな子どもに小さいっの読み方を教えることは、 とても難しいですね。 いろいろな …, 最近の健康ブームで甘酒に注目が集まっています。 大人にいいものなら赤ちゃんにもい …, じゃがいもの種類といえばメークイン、男爵、きたあかり などが主にスーパーで見かけ …, 離乳食が進んでくると、赤ちゃんにホットケーキを食べさせる お母さんは多いようです …. 6歳頃から12歳頃にかけて、「乳歯」から「永久歯」へと生えかわっていく子どもの歯。歯が抜けた時の対処法は? また、抜けた乳歯はどうすればいいのでしょうか? 小児歯科専門の歯科医院「アリスバンビーニ小児歯科」で理事長を務める丸山進一郎先生に伺いました。, 「極端に固いもの、醤油など刺激の強い飲食物をさければ、あとは本人が食べられるもので大丈夫です。しかし、抜けてすぐは出血しやすいので、歯磨きするときは抜けた場所に毛先が当たらないように注意しましょう。自然に歯が抜けた場合、2日〜3日後には普通に磨けるようになります。」, 通常は特に問題ありませんが、ごく稀に乳歯が抜けた歯茎に雑菌が入り、発熱することもあるよう。そうした場合は、抗生物質を飲む必要がありますので、かかりつけの歯科医へ相談してみましょう。, 「大人の歯が変なところから生えてきた、と心配される保護者の方がいますが、歯が生えてくるスペースさえあれば、歯は次第に正しい位置へと動いていきます。1カ月〜2カ月しても変な位置にある場合は、念のため歯科医院で診てもらいましょう。」, 丸山先生いわく、抜けた歯の処理方法は人それぞれですが、大きく次の3つの方法があるそうです。, まずは、昔ながらの、「上の歯は縁の下へ、下の歯は屋根へ向かって投げる」というもの。そもそもそう言われる理由は何でしょうか?, 「次に生えてくる永久歯がまっすぐ、そして健康であるように縁起を担いだもので、上の歯は下に、下の歯は上に投げるのは、歯が伸びてくる方向だからです。」, 地方や家庭によっては、上の歯は床下や溝に投げるなど多少の違いはあるものの、丈夫な歯の成長を願って歯を投げるというのは共通のようです。, 「マンションなど集合住宅に住んでいる人も多いので、昔のように歯を投げることができなくなってきています。その場合、抜けた歯を見た後に捨てる方、保管する方など、様々ですね。」, 「記念として残すだけであれば、歯についている血液分などをよく洗ってから、自然乾燥させればOK。とくに消毒までする必要はありません。へその緒のように脱脂綿にくるんで保管するか、専用ケースを使用すると良いでしょう。」, 乳歯用の保管ケース(乳歯ケース)は、歯科医院や雑貨店、インターネットなどで購入することができます。全ての歯を保管できるタイプ、数本だけ入れられるケース、抜けた日付を記入できるもの、名入れができるものなど様々。木製だったり、歯の形をしていたり、デザインも幅広いです。, 「欧米では抜けた歯を記念に保存する習慣があるので、海外製の保管ケースはかわいいものが多いですね。乳歯は20本あるので、まとめて保管するとどの歯が何だか分からなくなってしまいます。歯の位置が分かるようなケースを利用すると良いでしょう。」, へその緒や、髪の毛で作る「誕生筆」同様、乳歯も子どもの成長の証として手元にとっておけば記念になるもの。乳歯ケースは出産祝いなどの贈り物にもおすすめです。, さらに、今注目されているのが、抜けた歯を活用する「歯髄細胞バンク」という新しい取り組みです。, 2006年に京都大学の山中伸弥教授らが皮膚の細胞から作れる万能細胞「iPS細胞」を発見したことが大きなニュースになりました。その後の研究で、抜けた歯の中にある「歯髄(しずい)細胞」という良質な幹細胞からもiPS細胞ができることが明らかとなり、再生医療技術の1つとして、注目されているのです。, 「抜けた乳歯や親知らずから歯髄組織を取り出し、一定量まで培養した後、治療利用に備えて長期間冷凍保存してくれるのが『歯髄細胞バンク』です。登録料や保管料などがかかりますが、万が一将来大きなケガや病気をしたとき、保管してある歯随細胞を使うことで、失われた組織や臓器を元の形や機能に再生することができると考えられています。」, ただし、細胞を新鮮な状態で培養へ回す必要があるため、基本的には、歯髄細胞バンクの提携歯科医療施設の歯科医師の診断によって抜歯時期が決められ、そこで抜歯が行われます。自宅で乳歯が抜けた場合にも、ただちに専用容器に入れる必要があるため、「歯髄細胞バンク」の利用を検討したい方は、事前に関連施設へ連絡・問い合わせが必要です。, このように「投げる・保管する・活用する」と、抜けた歯の処理方法は人それぞれですが、時代は変わっても、子どもの健やかな成長を願う心は同じ。自分に合った方法を見つけてくださいね。, 医療法人アリスバンビーニ小児歯科理事。