Your browser does not seem to support JavaScript. ), GOODSMVT_SERV_PART_DATA (BAPI通信構造:サービスパーツデータ情報), EXTENSIONIN (BAPI パラメータ ExtensionInの参照構造). ( ログアウト /  入出庫処理の自動仕訳処理は入出庫伝票明細単位で行われるため、一つの入出庫伝票明細に結びつけられる会計伝票明細の金額転記ストリングはすべて同じになります。 ... システムテーブルt156w(転記ストリング値)から確認可能です。 ... sap … Twitter : http://twitter/okuwaki sapの標準テーブルを一覧形式でまとめています。「あれ、あのテーブルidがなんだっけな?」となることも多いと思いますので、辞書代わりにご活用下さい。 システムテーブルT156W(転記ストリング値)から確認可能です。, 入出庫処理時の自動仕訳処理は、対象勘定毎に処理を分割することができます、各勘定科目の転記処理は内部でそれぞれ3桁の勘定処理キーにより財務会計モジュールで纏めて管理されます。, 勘定処理キーは、内部処理キーやトランザクション/イベントキ-、TEkeyとも呼ばれることがあります。, 勘定処理キーは勘定コード設定の基本項目です、勘定処理キーを使って、転記明細が生成される勘定が設定されます。したがって、転記ごとに少なくとも 2つの勘定処理キー (転記明細ごとに1つずつ) が使用されます。, 自動勘定コード設定は財務会計モジュールで統合管理されています、詳しくは財務会計の46を確認ください。 入出庫伝票登録 API に関して、import、structure、table パラメータが持つ各コンポーネントの必須項目や値の相関チェック等を確認する必要がある場合は、SAP 上の汎用モジュールビルダ(t … このフォーラムに新規トピックを投稿できます; このフォーラムではゲスト投稿が許可されています; このトピックは管理者 … 変更 ), Twitter アカウントを使ってコメントしています。 sap r/3 リリース. ( ログアウト /  YouTube : https://www.youtube.com/channel/UC3wtGYIL9T_Z1bA4LLVfk8g?view_as=subscriber 在庫では自動勘定設定が以下の項目に基づいて勘定コードを決定されます。, 在庫/購買管理→評価及び勘定設定→勘定設定→勘定設定(ウィザードなし)→評価レベルグループ化, 在庫/購買管理→評価および勘定設定→勘定設定→勘定設定(ウィザードなし)→定義:移動タイプ別勘定修正キー, 在庫/購買管理→評価及び勘定設定→勘定設定→勘定設定(ウィザードなし)→設定:自動仕訳. 在庫転送伝票. 輸送レーンの供給先ロケーションまたは供給元ロケーションが保管場所 mrp エリアの場合、 sap apo によって在庫転送入出庫予定が登録されます。. 入出庫管理: MB1A: 品目払い出し時の出庫登録: Goods Withdrawal: 入出庫管理: MB03: 入出庫伝票照会: Display Material Document: 入出庫管理: MB31: 入庫伝票の登録: Goods Receipt for Production Order: … Please download a browser that supports JavaScript, or enable it if it's disabled (i.e. ブログを報告する, キーワード仕入先直送、SAP SD仕入先直送、Third party process…, 購買依頼伝票のテーブルです。ME51Nで購買依頼伝票を作成するとレコードができます。項目としては、購買依頼伝票、明細番号、伝票タイプ、品目コード、プラント、保管場所、希望, 購買伝票のヘッダテーブルです。ME21Nで購買発注伝票を作成すると、レコードができます。主な項目として、購買組織、購買グループ、会社コードなどの組織項目や購買伝票番号、購買伝票タイプ、, 購買伝票の明細テーブルです。主な項目として、購買伝票番号、明細番号、品目コード、数量、プラント、保管場所、明細カテゴリなどの項目があります。, 入出庫伝票のヘッダテーブル。MIGOによる発注入庫やVl02Nの出庫確認した際にこのテーブルにレコードができます。主な項目として、入出庫伝票番号、伝票タイプ、伝票日付、転記日付、伝票ヘッダテキストなどがあります。, 入出庫伝票の明細テーブル。主な項目として入出庫伝票番号、明細番号、品目コード、移動タイプ、数量、プラント、保管場所、ロットなどがあります。. 変更 ), Facebook アカウントを使ってコメントしています。 入出庫処理の自動仕訳処理は入出庫伝票明細単位で行われるため、一つの入出庫伝票明細に結びつけられる会計伝票明細の金額転記ストリングはすべて同じになります。, 入出庫で利用されている金額ストリング一覧はシステムテーブルT156W(転記ストリング値)からも確認可能であり、以下の表はその一部を抜粋します。, 各移動タイプは内部的にシステム用の移動タイプ(T156-BUSTR転記列参照)に割り当てられます。, システム用の移動タイプは借方貸方を区別しないため、標準の101(購買発注)、102(購買発注取消)とも同じシステム移動タイプ101に割り当てられます。 どの処理で生成されたデータなのか トランザクションコード(TCODE2)にこの伝票を生成した処理のトランザクションコードが格納されます。, フリー入力項目とは標準テーブルに格納されますが、システムに管理されず、ユーザが自由に入力可能な項目のことです。 ユーザ個別要件を実現するためのEXIT実装にもこれらの項目がよく活用されます。, (CO対象)原価計上ありの入出庫の場合、計上先の原価オブジェクトがタイプに応じてそれぞれ以下の項目に設定されます。, このトピックでは、移動タイプによる制御に関するテーブルを抜粋して説明します。 (随時更新中), 以下の説明は標準のケース (マイナス在庫が存在しない、品目元帳が有効ではない、現会計期間への転記)を前提にしております。, 品目が標準原価で管理されている場合は、次の計算式に従って在庫転記 (BSX)が計算されます。, または入庫の取り消しを行う場合は、次の計算式に従って在庫転記 (BSX) が計算されます。, 品目が移動平均原価で管理されている場合は、在庫金額と決済金額が入庫/請求仮勘定で一致します。ただし、現在の在庫状況がこれを許可するときにのみに限ります。 たとえば、評価在庫の合計を借方転記する取り消しでは、品目の合計金額も借 方転記される必要があります。, 入庫/請求仮勘定への転記は、購買発注か請求書で決定された評価アプローチによって完全に決定されます。, ある数量に対して請求書がまだ登録されていない場合は、入庫数量が購買発注 価格に対して常に評価されます。しかし、入庫時の入庫数量 に対して請求書がすでに登録されている場合は、入庫はその請求価格に対して評価されます。, 外貨の購買発注では、購買発注か請求書での評価アプローチは国内通貨で存在 しません (この評価アプローチは、購買発注通貨で存在します)。 評価アプローチは、伝票通貨によって国内通貨に変換されます。この変換の換算レートは、複数の個所で決定することができます。, 購買発注か請求書の換算係数によって決定された国内通貨での決済金額から、システムに保管されている国内通貨の最新の換算レートを使用した伝票通貨での決済金額差異によって換算レート差損益が発生します。 換算レート差損益の相手勘定入力は、購入価格差異で決済されます。, 決済金額による差異 (たとえば標準原価と異なる購買発注価格) が発生する場合、または換算レート差損益を転記する場合 (この場合は、移動平均原価の品 目に対しても購入価格差異を転記することができます) は、購入価格差異が在庫金額の入庫/請求仮勘定に転記されます。, 在庫転記の金額を決定できるようにするために、国内通貨で品目マスタに存在 する評価方法 (標準原価、在庫の合計金額) を伝票通貨に変換する必要があります。 使用する FI 伝票タイプに割り当てられる換算レートタイプを使用した転記日付で変換が実行されるため、購買発注の換算レートは関係ありません。 換算レートタイプが FI 伝票タイプに割り当てられない場合は、換算レートタイプ M が使用されます。, 品目が標準原価で管理されている場合は、次の計算式に従って在庫金額 (BSX)が転記されます。, 品目が移動平均原価で管理されている場合は、最新の在庫状況が条件を満たし ていると、在庫金額と決済金額が入庫/請求仮勘定で一致します。 たとえば、評価在庫の合計を借方転記する取り消しでは、品目の合計金額も借方転記される必要があります。, 伝票通貨の在庫金額が伝票通貨の決済金額と一致しない場合は、購入価格差異 が転記されます。, 購買発注参照一覧に入力可能な画面項目としては、主に、金額、数量、税コードなどがあります。, ここで入力される金額は、伝票通貨ベースの請求金額になります。下記のように項目値が自動提案されます。, ここで入力される数量は、発注単位を単位とする請求数量です。下記のように項目値が自動提案されます。, このトピックでは、請求書照合伝票(略:IR伝票)が関わる各標準テーブルを取り上げて説明します。, キー項目としては、主に請求書伝票番号、会計年度があります。 伝票番号は会計年度別に自動採番されます。, 請求書照合伝票の税明細情報を格納します。MIRO画面では該当情報が以下のように表示されます。, キー項目としては、主に請求書伝票番号、会計年度、税コードがあります。 伝票で税コードが同じ明細が複数存在する場合でも、税コード単位で税額情報を纏めて本テーブルに登録されます。, 入力した数量は伝票転記時に請求済数量に計上されます。 入庫基準請求書照合である購買発注の場合、入庫済-請求済の数量分を超えた数値を入力できない。 入庫基準請求書照合でない購買発注の場合、購買数量-請求済の数量分を超えた数値を入力できない。, iサマリーへの接続が失われたと思われます。再接続されるまでしばらくお待ちください。, このトピックが削除されました。トピック管理権を持っているユーザーにしか読めません。.