document.getElementById('oekaki_script').addEventListener('load',function(){ setTimeout(500,oekaki.init()); }); pf[0].insertAdjacentHTML('afterend','') 「仮放免」というのは、入国管理局に収容されている外国人を、本人の請求もしくは職権により一時的に放免する(収容を停止して身柄の拘束を解く)措置です。, 出入国管理及び難民認定法(以後、入管法)」第24条の1号〜10号では、次のような外国人は退去強制の対象となります。, また退去強制の手続きを行う際は、原則として対象の外国人をすべて収容することになっています。これを「収容前置主義」といいます。, 第四十一条 収容令書によって収容することができる期間は、三十日以内とする。但し、主任審査官は、やむを得ない事由があると認めるときは、三十日を限り延長することができる。, 不法滞在などの理由で逮捕された外国人にはまず収容令書が発付され、退去強制手続きの期間中、最大60日間(基本30日+延長30日)収容されます。, 一方、退去強制手続きが完了して「退去強制令書」が発付された後については、原則として収容期間の制限はありません。, 五 入国警備官は、第三項本文の場合において、退去強制を受ける者を直ちに本邦外に送還することができないときは、送還可能のときまで、その者を入国者収容所、収容場その他法務大臣又はその委任を受けた主任審査官が指定する場所に収容することができる。, 「退去強制を受ける者を直ちに本邦外に送還することができないとき」とは、たとえば退去強制令書を発付された外国人が「再審情願」を請求する場合などが考えられます。再審情願には1年〜2年程度かかることもあるため、手続きが長引くほど収容期間も長期化してしまいます。, 仮放免が認められた外国人は収容を解かれますが、保証金の納付に加えて住居や行動範囲の制限、呼出しに対する出頭義務などの条件が付されます。, 仮放免は、申請すれば必ず認められるというわけではありません。仮放免が認められるかどうかはそれぞれの事情によって変わります。, 比較的許可を受けやすい事情としては、「家族の看病・看護」や「本人の治療」といった人道的なもの、「帰国前に経営していた会社を整理する」といったやむを得ないものがあり、さらに本人が日本に留まることを希望するか、退去強制を受け入れる意思があるかといった事情も仮放免の判断に影響します。, 仮放免が認められることと退去強制の手続きは別物なので、仮放免されて家族の元に戻れたとしても、退去強制令書が発付されれば本国に強制送還されてしまいます。, また仮放免中は、原則として就労できません。最大60日の退去強制手続き中はともかく、年単位に及ぶこともある再審情願中は仮放免の期間も長引く可能性があるため、その間の生活を支える必要もあります。, 仮放免はあくまで一時的な手続きであることを意識して、長期的な計画を立てることが肝心です。, 第五十四条 収容令書若しくは退去強制令書の発付を受けて収容されている者又はその者の代理人、保佐人、配偶者、直系の親族若しくは兄弟姉妹は、法務省令で定める手続により、入国者収容所長又は主任審査官に対し、その者の仮放免を請求することができる。, 2 入国者収容所長又は主任審査官は、前項の請求により又は職権で、法務省令で定めるところにより、収容令書又は退去強制令書の発付を受けて収容されている者の情状及び仮放免の請求の理由となる証拠並びにその者の性格、資産等を考慮して、三百万円を超えない範囲内で法務省令で定める額の保証金を納付させ、かつ、住居及び行動範囲の制限、呼出しに対する出頭の義務その他必要と認める条件を付して、その者を仮放免することができる。, 3 入国者収容所長又は主任審査官は、適当と認めるときは、収容令書又は退去強制令書の発付を受けて収容されている者以外の者の差し出した保証書をもつて保証金に代えることを許すことができる。保証書には、保証金額及びいつでもその保証金を納付する旨を記載しなければならない。, 仮放免を請求できるのは、収容される外国人本人、その代理人、保佐人、配偶者、直径の親族、兄弟姉妹です。なお、婚約者や友人などは仮放免を請求することはできません。, 仮放免の請求先は、本人が収容される先によって変わります。収容先が東日本入国管理センター(茨城県)と大村入国管理センター(長崎県)の場合はそれぞれの入国者収容所長に、全国8ヶ所の地方入国管理局(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・高松・福岡)の場合はそれぞれの主任審査官に請求します。, 仮放免を請求する際は身元保証人を立てることが必要です。収容される外国人との関係は指定されていないため、婚約者や友人・知人を身元保証人に立てることも可能です。身元保証人の責任は道義的なもので、仮放免された外国人が行方不明になった場合でも法的な責任を追及されることはありません。, なお請求の結果は、申請書に記載された申請人宛に通知されます(審査には約2週間ほどかかります)。, 仮放免が許可された場合、資産状況などを考慮して決定される300万円以下の保証金を納付します。また入国者収容所長か主任審査官が適当と認めたときは、本人以外が提出する保証書(保証金額と、いつでも保証金を納付する旨を記載したもの)を保証金に代えることができます。, 納付された保証金は、仮放免中に本人が自費出国した際、あるいは期限付きの仮放免期間が終わった際に全額還付されます。, 第五十五条 入国者収容所長又は主任審査官は、仮放免された者が逃亡し、逃亡すると疑うに足りる相当の理由があり、正当な理由がなくて呼出に応ぜず、その他仮放免に附された条件に違反したときは、仮放免を取り消すことができる。, 2 前項の取消をしたときは、入国者収容所長又は主任審査官は、仮放免取消書を作成し、収容令書又は退去強制令書とともに、入国警備官にこれを交付しなければならない。, 3 入国者収容所長又は主任審査官は、逃亡し、又は正当な理由がなくて呼出に応じないことを理由とする仮放免の取消をしたときは保証金の全部、その他の理由によるときはその一部を没取するものとする。, 4 入国警備官は、仮放免を取り消された者がある場合には、その者に仮放免取消書及び収容令書又は退去強制令書を示して、その者を入国者収容所、収容場その他法務大臣又はその委任を受けた主任審査官が指定する場所に収容しなければならない。, 5 入国警備官は、仮放免取消書及び収容令書又は退去強制令書を所持しない場合でも、急速を要するときは、その者に対し仮放免を取り消された旨を告げて、その者を収容することができる。但し、仮放免取消書及び収容令書又は退去強制令書は、できるだけすみやかに示さなければならない。, 仮放免された外国人に以下の事情がある場合、入国者収容所長や主任審査官は仮放免許可を取り消すことができます。, 仮放免が取り消されると、法務大臣又はその委任を受けた主任審査官が指定する収容所に再収容されます。, 日本人配偶者ビザにあたり不安な点があったら、まずは在留資格(ビザ)申請に詳しい行政書士に相談してみることをお勧めします。早期相談が確実なビザ許可のポイントです。, さむらい行政書士法人では、日本人の配偶者ビザ申請についてのご相談を受け付けています。それぞれのお客様の事情に応じた対策を探り、許可までの道筋をご提案いたします。, ご相談のお申し込みは、①電話で相談の申し込み・②「申し込みフォーム」からインターネット申し込みの2つの方法があります。※相談は完全予約制です。. function standardize(node){ 呼出しが大好きな方のレスお待ちしてま~す(^з^)-☆Chu!! 幕下以下の呼出しさんを応援するスレです ... (日) 21:46:41 o >>951 節男も彼女いるんじゃなかった? ... でも結婚してないからいいんじゃない。 どこに出会いが転がってるかわからないもんね。 document.getElementsByTagName('HEAD')[0].appendChild(oekaki_script); } document.getElementById('oekaki_script').addEventListener('load',function(){ setTimeout(500,oekaki.init()); }); var pf=document.getElementsByName('oekaki_thread1'); if(!node.addEventListener)