統計から見る不登校の現状【2019年8月更新】 学校に行きたくない; 2つの統計から見る不登校の現状ときっかけ・原因【2019年8月更新】 不登校の現状や原因、きっかけについて調査したデータはさまざまありますが、ここでは2つの統計データから不登校のきっかけや原因について考えたいと思います。 この記事の目次. 若年層は平成27年の調査では54万1000人. 2010年よりコーチングやカウンセリングを主体とした人材育成を各種企業団体で行っている。育成人数は述べ5000人以上!詳しいプロフィール「高木鉄平」をクリック. ©Copyright2020 個人面談in会社(組織)編|上司から部下への効率的な面談方法.All Rights Reserved. 不登校・ひきこもりは親の対応次第で   Amazonビジネス書ランキング1位 引きこもり. こんにちは「うぇすてりあ」(@wisteria_)です! 本日の内閣府の調査によると、自宅に長期間閉じこもる、「ひきこもり」の調査を行った結果、40歳から64歳までの年齢層の1.45%、推定で61万人以上居ることがわかったという。 この年代での国レベルの調査は初めてで、国もこの事態に危機感を持っているという。 調査内容は2018年12月から、40歳~64歳を対象として、初めて調査をして、全国男女5000人の中の3248人から回答得たという。 このひきこもりの定義は「家から全く出ない」はもちろん、「趣 … 都道府県名 市町村名 調査時期 調査方法 調査対象であるひきこもり状態にある者の定義 調査結果(人数) 岩手県 - 平成30年 6~8月 【民生委員・児童委員調査】 民生委員・児童委員(3,339人) に対するアンケート調査 ※有効回収数(有効回収率) 2019年8月1日(木) 放送 “ひきこもり死”~中高年 親亡きあとの現実~ 内閣府は今年、中高年のひきこもりの数を推計61万人と初めて発表。 2019年、内閣府の生活状況に関する調査において、 40~64歳の分布の引きこもりの人数 が61万人ということが推計されました。6 61万人というと、都市の人口で言えば鹿児島市などとだいたい同じ数字で … 自分の身近にいればもちろん引きこもりに関心を持つ方も多いとは思いますが、実は誰でも関係しうるのです。, 若年無業者(15~34歳の非労働力人口のうち,家事も通学もしていない者)の数は,平成14(2002)年に大きく増加した後,おおむね横ばいで推移している。平成25(2013)年は60万人で,前年より3万人減少した。15~34歳人口に占める割合は長期的にみると緩やかな上昇傾向にあり,平成25年は2.2%となっている。年齢階級別にみると,15~19歳が9万人,20~24歳が15万人,25~29歳が17万人,30~34歳が18万人である, こちらの推移グラフを見るとおわかりになるように、引きこもりの割合は増えていき、今は横ばい状態ともいえます。, そのため前年度39歳までの年齢のところにいた方で引き続き引きこもりであれば、この人数から消えてしまうということになります。, 現実的には39歳で引きこもりで40歳で脱引きこもりを図れたという方は少ないのではないかと個人的には感じます。, なので、引きこもりの割合が減って推移しているかにみえて違うことも十分にありえます。, 今グラフの人数に入っている引きこもりの方々がこのまま引きこもり続けても数字にはあらわれないということになりますが、引きこもりは高齢化しているという現状もあります。, そしてこれは調査した際に本来は引きこもりの方がいるにもかかわらず該当なしと答えていることもありうるということから、実際の人数はもっと多いのではといわれています。, 中学卒業後は義務教育から離れてしまうと国としても、引きこもりの人数や年齢、割合、推移の実情を把握するというのは難しく、上記のデータの人数、割合、年齢はすべて正確性に欠いている部分もあるでしょう。, 引きこもりを年齢別そして引きこもりのタイプ3つに分けて年齢毎の割合を表したグラフは上記が参考になります。, 引きこもりと一言で言っても部屋からも出ず家族とも交流しない引きこもりもいれば、部屋からは出て家族とは交流があるが、外出できない引きこもり、コンビニや自分の趣味などには出かける引きこもりがいます。, 年齢としては10代で引きこもり始めるという人数の割合が多く、そのまま引きこもりになる人もいるということです。, 20代以上の引きこもりの場合には職場になじめず引きこもりになったという割合が多いです。, 全体的には引きこもりになったきっかけとして社会での居場所である学校や職場においてトラブルがあったり、なじめなかったりしたということになります。, 引きこもりになる年齢を問わず引きこもり続ける人数の割合が多くなれば、国としては働き手を失い、場合によっては生活保護受給者が増える可能性もあります。, 現実問題海外からの労働者を求め、多数の外国人が就業しています。それによる弊害があるのもご存じの通りです。, また最近気になるニュースとして、親が引きこもりの将来を悲観して、一家心中を図ったり、引きこもりの子供を殺してしまう事件。, また、引きこもりの子供に自立や就職を迫った親や祖父母などが殺される事件が多く報道されています。, そして引きこもりになる年齢が高くなり、長引くほど、解決していくのが難しいともいえます。, 下記記事も参考にしていただき、今からでも引きこもりにならないような取り組みをしておきたいものです。, ただし脱ひきこもりをするのには年齢が高くなってからの場合には特に最終的には本人の心の在り方ともいえるのが現状です。, 引きこもりの人数や年齢、割合、推移の実情というのは実は正確には把握できていません。, 引きこもりに関心のない方も引きこもりの人数や割合が増えることで影響を受ける可能性はあります。, 子供を年老いても養いますか?  他3部門を獲得!こちらで購入できます!. 早期に改善します。, 職業と主な資格 :不登校コンサルタント、 政治・外交 暮らし 2019.03.29 前年度39歳までの年齢のところにいた方で引き続き引きこもりであれば、この人数から消えてしまう, 一般群:回答者全体から、下記の2.3を引いた数(全国 15 歳以上 39 歳以下の者 ), 引きこもり群:自宅にいるときに家事、育児、仕事をしているわけではなく病気や妊娠中でもない。外出に関しては全くでかけられない人もコンビニや趣味の用事にはでかける人も含めて引きこもり群と定義しています。, 引きこもり親和群:下記の質問に「はい」もしくは「どちらかといえばはい」と答えて人から1を引いた数としています。. 調査時期が4年ずれるので若年層から中高年に年齢が上がった人数もいるが推計では日本の引きこもり人口は100万人を超えていると考えられる。 1978年生まれ。26歳から事業を起こし累計で30億円以上売り上げた実績を持っている。 ※パーセンテージは各区分における不登校児童生徒数に対する割合, 不登校になるきっかけは小学生、中学生、高校生とさまざまではあるものの、年齢が低くなるほど、家庭生活に起因する不登校の割合が大きくなっています。, 通信制高校を知って道が開けた 鹿島学園 先輩インタビュー進級ができない、となるまで通信制高校の存在を知らなかった…, 日本財団が行った調査、「不登校傾向にある子どもの実態調査」では、文部科学省の結果とは違った結果ができました。調査対象:中学生年齢の12歳~15歳※参考リンク, 日本財団における不登校の定義を満たす中学生の数は99,850人で、文科省の統計データ(119,687人)と若干の差はあるものの大きな違いはありませんでした。, 1年間に合計30日以上、学校を休んだことがある/休んでいる生徒の「行きたくない理由」 を見てみましょう。(26項目から選択・複数回答可), 体調や学力に関する理由が目立ちます。気になる点として、「先生とうまくいかない」という項目を約4割の生徒が選択しており、文科省の統計データとは大きな差異が発生しています。 また、文科省のデータでは家庭環境を不登校の理由のうち最も多いとしていますが、日本財団のデータでは、上位10位中に家庭環境という理由は挙がってきていません。, この差異が生まれる要因として、文科省の統計は「学級担任など当該児童生徒の状況を最も把握することができる教職員」が、「保護者の意見を踏まえ、スクールカウンセラー等の専門家を交えたアセスメント(同意)を行った上で」報告しています。, そのため、本音を話せない、自分でも分からないという不登校者の実情が本当に反映されているとは限りません。, 中学生の不登校のきっかけに限っては、日本財団の統計データが実際の心情に近いと考えることが自然と言えるでしょう。. News from Japan. (社会)保健衛生医療・社会保障行政 厚生労働省では、従来から、精神保健福祉、児童福祉、就労支援等において、ひきこもりを含む相談等の取組を行ってきましたが、平成21年度からはひきこもり支援を一層充実させ、「ひきこもり支援推進事業」に取り組んでいます。  「短期間でやる気を引き出す!個人面談」 ○退職理由が上司などとの人間関係 暮らし 平成21年度からひきこもり対策推進事業を創設し各都道府県などにひきこもりに特化した相談窓口として、ひきこもり地域支援センターを整備しました。, ひきこもり状態にある本人や家族の地域における相談窓口として、そして相談を受けて支援に結びつきやすくなることを目的として整備されました。, 引きこもりが良い悪いということではなく、一つのヘルプのサインだという認識を持って、相談窓口に相談することもありだと思います。, 本人が相談することも大切ですが、引きこもりの方をその場に連れて行くのも大変な場合もあるでしょうから、まずはご家族が相談するという手もありかもしれませんよ〜, ただ今問題になっているのは引きこもりの高齢化です。引きこもりの対策が十分発揮されないまま時間だけがすぎていき、多くの方が長い引きこもりの時間を過ごし、20代だった方が30代になり、30代だった方が40代になっております。, この中年の引きこもりは20代の引きこもりと抜本的に違ってきます。中年の引きこもりに関してまた別にまとめていますのでそちらもご覧ください。, このサイトの運営者の高木鉄平の本 ○携帯を持っていない, 企業は人を採用しようとする場合、以前社会人として働いていた経験がある方には多くの会社が以前の職場での退職理由を質問します。, ここでメンタル不調などの原因で退職されているとわかると企業としてはどうしても及び腰になり採用が見送られてしまうという傾向にある。, その後、多くの企業で採用が見送られて行くたびに自信が喪失し、引きこもりになる場合が多くなってる傾向があります。, 本人がまた上司に嫌な目にあわさせれてしまうのではないか?自分が批判されるのではないか?と不安に思うことにより、就職までの一歩がなかなか踏み出せない。, これは本人のメンタル的な問題で、恐怖体験や自信喪失の体験をまたしたくないという理由から就職に対して意欲がわかない状態になり、陥りやすいです。, これは意外に思うかもしれないが、携帯やスマホを持たずに生活している人も少なからずいます。, 5年前と現在大きく変化があり、携帯電話からスマートフォンと変化していおりますが・・・, 厚生労働省では、精神保健福祉分野、児童福祉分野等においてひきこもりに関する対策を推進し、各自治体の精神保健福祉センターや保険所、児童相談所を中心に相談の窓口を開設してきました。 内閣府は29日、40~64歳の中高年を対象に初めて実施した「引きこもり」に関する調査結果を公表した。それによると、引きこもり状態にある人は全国で61万3000人いると推計され、8割近くが男性。引きこもり期間は51%が5年以上だった。, 調査は昨年12月、全国の男女5000人を対象に調査票を配布、回収する方式で実施した。有効回答は3248人(回収率65.0%)。このうち引きこもりに該当する人は47人で、有効回答に占める比率と総務省の人口推計(40~64歳は約4235万人)を掛け合わせて算出した。, 引きこもり状態にある人のうち男性は76.6%、女性は23.4%。引きこもり期間は「3~5年」(21.3%)が比較的多く、「30年以上」も6.4%いた。引きこもりが始まった時期は20代27.7%、30代8.5%、40代21.3%、50代19.1%などと各年代に広がった。, 引きこもりのきっかけは「退職」の17人が最多。「人間関係がうまくいかなかった」と「病気」が10人で続いた。以前引きこもりだった人に脱したきっかけを尋ねたところ、「再就職した」「友達に趣味に誘われた」といった答えが目立った。, 時事通信ニュース NLPマスターコース修了、不登校専門員. ©Copyright2020 脱不登校の道.All Rights Reserved. 心理カウンセラー、不登校予防コーチ、 引きこもり・ニート 2019.2.11 引きこもりの発達障害の割合は多いのか?対策は? 引きこもり・ニート 2018.9.1 いじめが原因の不登校や引きこもりのトラウマ 引きこもり・ニート 2018.8.9 必ず引きこもりから脱出できる!きっかけと方法は? ャル 解決のヒントは? “老後のお金”と“ひきこもり”, “ひきこもり死”~中高年 親亡きあとの現実~, ひきこもりルネサンス ~生き抜くためのヒント~, トラブル続出 ひきこもり “自立支援”ビジネス. 同居人数(本人票) 主生計者(本人票) 暮らし向き(本人票) 地域の状況(本人票) 通院・入院経験のある病気(本人票) 通学状況(本人票) 卒業・在学中の学校(本人票) これまでの経験(本人票) 現在の就労・就学等の状況(本人票) 引きこもりやニートの数はどのような推移をしているのでしょうか?今日は引きこもりやニートについて書いていきます。 「そんなの他人事だよ〜」 と言える方は今の日本には多くはいないのではないでしょうか・・・ 直接あなたが引きこもりやニートでなくても、あなたの親戚や友人そのまた家族まで含めれば多くの方が 中高年引きこもり61万人=男性8割、半数が5年以上-内閣府調査. 直接あなたが引きこもりやニートでなくても、あなたの親戚や友人そのまた家族まで含めれば多くの方があの人の家族に引きこもりがいるみたいですよ〜と耳にしたことぐらいはあるのではないでしょうか?, ひきこもりとは、さまざまな要因の結果として義務教育を含む就学、非常勤を含む就労、家庭外での交友等の社会的参加を回避し、他者とかかわらない形での外 出をしている場合を含み原則的には6カ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態であると厚生労働省が定義しています。, では定義は分かりましたが、今社会問題となっているニートや引きこもりはどれくらいの人数がいるのでしょうか?, ここでいう引きこもりやニートとは仕事や学校に行かず、6カ月以上にわたり、家族以外とほとんど交流せずに自宅にいる人々のことを指します, 15~39歳の「ひきこもり」の人が、全国で推計54万1000人に 上るとの調査結果が7日、内閣府から公表された。, しかし、人数は減っているのですが、数々の調査によれば、ひきこもりは現在「長期化&高年齢化」の一途をたどっています。, ひきこもりの期間は、前回調査では「1~3年」が最も多く30.5%だったが、今回は「7年以上」が最も多く約35%を占めており、前回調査の約17% の2倍になっています, ○メンタル不調などの通院歴がある 運営者:高木鉄平 通信制高校ナビTOP > 不登校を知る > 不登校について知る > 統計から見る不登校の現状【2019年8月更新】, 不登校の現状や原因、きっかけについて調査したデータはさまざまありますが、ここでは2つの統計データから不登校のきっかけや原因について考えたいと思います。, 文部科学省が算出している「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」を見ていきましょう。※参考リンク, 前年度比を見ると、少中高全ての課程で不登校生が増加しています。また、不登校生の割合は中学校が3.6%と最多となっています。, 不登校生の割合は高校で減少しますが、これは中学校で不登校となった生徒が進学しないケースや、通信制高校などの中学時代にはなかった形式の学校へ進学することで、徐々に登校できるようになる生徒が多いためと考えられます。, 不登校の生徒数は小学校から中学校までは学年が進むにつれて増加し、中学3年生が最多となっています。一方高校では不登校になった生徒は中途退学や留年するケースが増えるせいか、学年が進むにつれて減少するという傾向にあります。, ※複数回答含 中高年の引きこもり状態の人口は61万3000人.