一見、お尻 …, 叱った後ペロペロ・・・「ごめんなさい・・私のが弱いのはわかってるからもう、攻撃しないで」とギブアップしてます。, なぜ、今?何が目的?という時ペロペロ・・「飼い主さん大好き・幸せ」と言ってるように私は思えます。. お尻をつけてくる行為は「信頼の証」なんです。 犬が飼い主の手をなめるのは日常茶飯事といってもいいくらいにありますよね。 しかも、私が「やめなさい!」といって離すと犬が怒ってくるんです。, ひたすら私に気づかず一心不乱に自分の足を舐め続けている・・ 犬が一緒に寝たがる理由。飼い主からの安心感が欲しい. 犬が人の顔をなめてくる心理。愛情やお腹がすいたサインかも. こんパグは。世間一般では、わんちゃんが自分の手をなめるとき、よくストレスが溜まっているからと耳にします。我が家のパグ、ぽぽ子さんもよく自分の手をなめているときがあります。例えば、ゲージに入れられたとき。ストレスを解消するかのように必死に自分 そんなことはありませんか?, それが他人だと、犬嫌いの人にもするかも知れませんので過度なスキンシップになる前に気をつけたほうが良いですね。, 犬と人間の間で感染する「人畜共通感染症(ズーノーシス)」というのもあるので犬の愛情表現を受け止める事は飼い主との関係性でも大切ですが気持ちを察して上手にスキンシップをとっていきたいですね。, 犬の表現方法でもある舐める行為を例えば「やめなさい!」なんで大きな声で叱ったりするのは逆効果です。, 落ち着いたら、「褒める」それを繰り返して犬に「舐めなくても気持ちはわかってるよ」と伝える事になります。, または、顔を舐めてきたら手をあてて、手に移行させるようにすると犬にとって大好な匂いのする頭や、顔を避けられる回数が減らせます。, 飼い主を舐めることで言葉を話せない犬からの愛情を私達人間がもっと理解してあげたいですね。, 現在、夫と4歳になるトイ・プードル(♀)と義親と住んでいます。 犬がケージをなめる心理や理由とは. まだ1歳の時に、ペットロスの講習会に行ったり、ホリスティックケア・カウンセラーの資格をとったりして現在は愛犬にメロメロで犬との生活を満喫しています。 そんな時は、叱るのはそのくらいにして優しく撫でてあげたいですね。, これは、祖先であるオオカミの名残でもあるんですがオオカミは胃の中で半分消化した肉を吐き出してそれを離乳食として子供に与えます。, その為にオオカミには口元を舐められると食べ物を吐き出すという条件反射が備わってると言われています。, これは、飼い主がご飯をくれるお母さんなので「ご飯が欲しくて甘えている」という事なのです。, そして、それがキッカケで飼い主が口を舐められた事で反応した事に、また「飼い主が喜んでる!」と勘違いしてさらに繰り返すのです。, 他には、うちの場合は夫の「頭」を異常に舐めてます。 犬が壁をかじる理由とは。 まるで猫の「スリスリ」する行動と同じなんです。 犬が足や手をなめる理由とは?なめる行動から読みとれる気持ちを解説; 犬の寒さ対策とは?寒い時期での室内犬と室外犬の防寒対策を解説 【獣医師執筆】子犬が吐く原因は? 吐いたときの対処法や予防法について; 2020年人気犬種ランキングtop10! 頭や …, 犬を飼いたいと思った方、どんな心理から来てるかご存知ですか? きっと、言葉が言えない犬にとってのコミュニケーションだと理解してるものの、飼い主の手を必要以上に舐めてる気がすることありませんか?, うちのトイプードルの場合は飼い主を舐めまくる時期と、自分の足を舐めまくる時期があり獣医さんに相談したこともあります。, どうして催促をするのに手を舐めてくるかというと、飼い主の手は撫でてくれたり、抱っこしてくれたりしますよね。, 大好きな、おもちゃでひっぱりっこで遊んでくれる時も、ご飯をくれる時も飼い主の手の匂いと一緒に嬉しいこと=大好きと認識するから犬にとって一番大好き部位なんです。, 催促以外には「降参・謝罪の意志」「大好きで好意の印」「不安を訴え」「ストレス感じてる」「単に興味のある匂いがする」など手を舐めるのもいろいろな心理状態があります。, 叱った後に、手を舐めてくる時は「ごめんなさい・・もう言わないで・・」と言ってます。  …, 家でくつろいでいると、愛犬がきて「ピタッ」お尻をくっつけてきますよね。 犬がぺろぺろなめるというのはかわいいしぐさですが、時に人の迷惑になったり、衛生面が気になったりと状況によってはあまりなめてほしくないこともありますよね~? ただなめるといっても 手をなめる 床をなめる 体をなめる など犬 私は犬が大好きでホリスティックケア・カウンセラーの資格をとりました。 犬が飼い主の手を舐める心理・犬が自分の足を舐める心理が知りたい! coco 2020年5月19日 / 2020年5月21日 きっと、言葉が言えない犬にとってのコミュニケーションだと理解してるものの、飼い主の手を必要以上に舐めてる気がすることありませんか? 以前の仕事は、賃貸不動産で勤務していました。 犬が自分の足をずっとなめている時の心理や理由. こんパグは。世間一般では、わんちゃんが自分の手をなめるとき、よくストレスが溜まっているからと耳にします。, 我が家のパグ、ぽぽ子さんもよく自分の手をなめているときがあります。例えば、ゲージに入れられたとき。ストレスを解消するかのように必死に自分の手をなめます。この姿だけを見れば、いかにもストレス解消のために手をなめているかのように見えますが、ぽぽ子さんはまた違ったケースでも手をなめます。くつろいでいるとき、一人で遊んでいるとき、寝る前…実によく手をなめます。小さい頃からです。決して苦痛そうには見えません。世間一般では、わんちゃんが飼い主の手をなめるとき、よく遊んでほしいからと耳にします。我が家のパグ、ぽぽ子さんもよく飼い主の手をなめるときがあります。例えば、退屈そうなとき。まるで遊んでほしいかのように必死に飼い主の手をなめます。しかし、ぽぽ子さんはまた違ったケースでも飼い主の手をなめます。飼い主の腕の中で落ち着いているとき、飼い主の匂いをかいで何かを確かめた後…実によく飼い主の手をなめます。小さい頃からです。決して遊びたそうには見えません。人間が、ストレス解消のときも、お祝いのときもお酒を呑むように、犬も、ストレス解消のときも、そうでないときも手をなめても不思議には思いません。与太話。パグとの生活に関して、パグの匂いに関してはこちらの記事を参考にしてください!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 愛犬がなんだかおとなしい、と思ってよく様子を見てみると、自分の体をペロペロなめている、なんてことはありませんか?グルーミング(毛づくろい)の範囲であれば問題ありませんが、もしかしたらなにか不安な気持ちになってストレスを感じている可能性もあります。, 自分の手を噛む行動も同じです。「可愛い」で終わらせないで、きちんと様子を見てあげましょう。, 犬が自分の体を舐めること自体は正常な行動です。グルーミング(毛づくろい)には、気持ちを落ち着かせる効果があるので、食後・寝る前などのリラックスしたいときや、不安やストレスなどを感じたときによく見られる行動です。, 自分の体を舐める場合、足先を舐めることが最も多く見られますが、下腹部や大腿部の外側または内側、尻尾の付け根や先端など、他の部分でも見られることがあります。また、舐める対象は自分の体だけではありません。人間や他の動物を舐めたり、床や周囲の物を舐めたり、空気を舐めることもあります。, 舐める行動がいきすぎると、皮膚を傷つけたり脱毛したりといった結果を引き起こしてしまうことがあります。傷ついた皮膚から細菌が入ってしまったり、舐めることが癖になってしまったりして、さらに舐め続けるという悪循環に陥ってしまいます。, ただし、気をつけなければいけないことは、この舐める行動を無理にやめさせようとしないことです。気持ちを落ち着かせたいために舐めているのだとしたら、無理にやめさせられることによって、落ち着かせることができなくなり、さらにストレスを感じてしまうからです。舐める行動そのものをやめさせるのではなく、原因をきちんと突き止めて、それを取り除いてあげましょう。, まずは、その行動が正常なグルーミング(毛づくろい)行動の範囲内であるかどうかを考えます。どのような状況の時にその行動が起こるのか、時間はどれくらい続くのかなどを把握しなければなりません。, 正常なグルーミング(毛づくろい)の範囲を超えて必死に舐めているようなら、まず舐めているところをきちんと見てあげましょう。アレルギー性皮膚炎や寄生虫、細菌、真菌などの皮膚炎に感染している可能性があります。こういった皮膚炎は痒みがあるため、皮膚を気にして舐めるようになるからです。もし皮膚疾患が見つかれば、その治療を最優先させなければなりません。, 飼い主さんの関心を引きたくて取っている行動であれば、飼い主さんがそばにいない時には、その行動が現れません。飼い主さんがいない時に舐めても意味がないからです。舐めてしまうことを気にして、「ダメ」と声をかけたり、触ったり、抱き上げたりしていませんか?それが、犬にとってはご褒美になります。目を合わせるだけでも同じです。最初は暇つぶしのために舐め始めたことが、舐めるたびに飼い主さんが関心を寄せていると、先ほど説明したような、関心を引くための行動へと変わっていくこともあります。, 静かにしている時や何もしていない時は、ついつい無関心になりがちですね。「舐めていれば、自分に関心を持ってくれる」と学習した犬は、飼い主さんがいる時だけ舐めるようになります。このような場合、舐めている時には関心を寄せず、落ち着いている時こそ、「いい子ね」などと褒めてあげましょう。, 関心を引くための行動であったとしても、不安やストレスを抱えていないかどうかは考えなければいけません。もともと不安傾向の強い犬は、舐めることで落ち着こうとしますし、運動や遊び、飼い主さんとのコミュニケーションが足りないような子は、することがなくて暇つぶしに舐め始めることもあります。そして、「舐めていると何となく落ち着く」ことを学習すると、まるで何かに憑りつかれたかのように舐め続けることもあります。, 最後に、叱る、体罰を与える、嫌いな音を鳴らして怖がらせるといった方法は、ぜひともやめましょう。犬によっては、これさえもご褒美になったり、あるいは不安をますます強めてしまうことがあります。いずれにしても、舐める行動を悪化させる可能性がありますので注意しましょう。, 舐めること自体は正常な行動ですが、それは不安やストレスを感じているサインかもしれないということにも、気づいてあげたいですね。.