・日本消化器病学会,「肝硬変診療ガイドライン2015」(2018.3.26閲覧) 肝臓が硬くなる肝硬変とはどんな病気なのでしょうか。肝炎ウイルスの感染やアルコールの多飲などによって、肝臓に慢性的な炎症が起きて、肝臓が硬くなる(線維化する)のが肝硬変です。肝硬変が起きると身体に変化をもたらしてさまざまな症状を引き起こされます。 4)肝硬変症における脾静脈血行動態とSIの相 関(表4) SIと血管断面積(r=0.503,p