It appears that you have disabled your Javascript. 自動車保険のまとめて割引になる契約について紹介をします。 本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。 そのためには年末調整もしくは確定申告による手続きが必要です。 では、本当に必要な補償内容を選ぶ時には何を基準とすれば良いのでしょう... 自動車保険の団体割引のデメリットがあるのか気になりませんか?そこで今回は、自動車保険の団体割引についてやメリットとデメリット、注意すべき点や退職時の手続きなど自動車保険の団体割引について詳しく解説をしています。この記事を見て参考にしてください。, 自動車保険の使用目的で嘘をついた場合について、自動車保険の使用目的は、嘘がないようにするのが大前提です。もしも事故を起こした時に補償されるかどうか気になりますよね。そこで今回は、自動車保険の使用目的について詳しく解説をしています。, 自動車保険の自転車保険付きについて、自動車保険に付けられる自転車保険特約と単独の自転車保険ではどのような違いがあるのでしょうか。そこで今回は、自転車保険付きのメリットやおすすめの保険会社など、自動車保険の自転車保険付きについて詳しく解説をしています。, 自動車保険で身内への事故解説をします。身内に対しての事故を起こした場合の保障がどうなっているのかよく知らないということが結構あります。そこで今回は、身内のクルマに物損事故や身内に人身事故をおこしたときなどの自動車保険について紹介をします。. 逸失利益の計算は、被害者の年齢や職業、家族構成などに応じて決まるものですが、例外もあり複雑です。 本記事では、運転経歴証明書の取得方法や有効期限、特典などをご説明します。, 万が一ご自身が車の事故の当事者になってしまった場合、事故後の対応や保険会社への連絡など初めての経験となる方も多いでしょう。 必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。, 事件や事故にあった被害者は、受けた損害を回復するため、事件や事故を起こした加害者に対し損害賠償を請求することができます。 Oops! 銀行口座振替を行う手段もありますが、確実に支払ったという証明が出来るコンビニ支払いには、どのような特徴があ... 自動車保険の等級の引継ぎで祖父からの場合について紹介します。同居の家族に年齢の若い家族がいる場合は、年配者の等級を引継ぐことで、トータルの保険料を大幅に削減できます。そこで今回は、引継ぎが可能となる条件や手順を詳しく解説をしています。, 自動車保険の団体割引は家族も加入できる?団体割引は適用されている会社に勤務している本人以外の家族にも適用されるのでしょうか。そこで今回は、団体割引のメリット・デメリットや家族でも加入できるのかなど、自動車保険の家族の団体割引について解説をしています。, 自動車保険は脳梗塞後でも入れるのかどうか気になる方もいると思います。体に大きな問題を起こしてしまう恐れがあるので、それで自動車保険に加入できないと思う方がいます。そこで今回は、脳梗塞を発症しても加入できる可能性について詳しく解説をしています。, 自動車保険で物損で慰謝料請求できる?自動車保険には物損と人身事故のうち慰謝料請求が出来るのは人身事故に限られています。そこで今回は、物損事故にすると慰謝料が請求できない理由や怪我が発覚して人身事故へ切り替えるようにする対処方法など解説をしています。. 等級の数字が大きくなるほど割引率が高くなる自動車保険。コツコツ積み上げてきた等級も自動車保険の任意保険を解約するとリセットされてしまいます。さまざまなライフイベントの中で引越しや留学、海外転勤などさまざまな理由により一時的に自動車を手放すことになったとき、再度お車を取得される際に備えて自動車保険の「中断制度」を利用し、10年間はノンフリート等級を次の契約に引き継ぐことができます。車に乗らない間は保険料の支払いをすることなく等級の引き継ぎを行える制度です。, 「中断証明書」の発行はご契約の保険会社へ申し出れば手続きを行ってもらえます。中断申請は中断証明書の発行条件を満たしていれば可能となるのでお車を一時的に手放されるご予定がある方は手続きに必要な書類などをご契約の保険会社に確認してみましょう。, 自動車保険の中断は現在ご契約の保険会社より「中断証明書」を発行してもらい、最大10年間のノンフリート等級の保存が可能です。10年以内に保険契約を再開すれば以前の等級のまま再開をすることが可能です。, ・中断証明書発行に関する依頼書 ・中断前の自動車保険証券のコピー ・前契約車両の、売却、リース業者へ返還、譲渡、廃車などを証明する書類   例)登録事項証明書/検査記録事項等証明書/売買契約書/車検証など, ・中断後の新契約の等級が7等級以上であること ・解約日または満期日から13か月以内に申請(※一部保険会社で5年以内の申出期間を設けている保険会社もあります。) ・車を手放していること(※海外渡航や妊娠の場合の特例を設けている保険会社もあります。), 中断証明書は有効期限が長いため保管場所を忘れてしまったり、紛失してしまったりするケースが多くあります。自動車保険の任意保険の中断は中断前の保険会社と同じ保険会社で再開する場合は中断証明書が発行されている事実確認が取れれば再発行の手続きを行わなくても再開が可能な保険会社がほとんどです。新たに車を購入し任意保険の再開を希望する場合で中断証明書が紛失してしまっていたら中断証明書発行の保険会社へ問合せを行ってみましょう。, 再発行を希望する場合も中断前の保険会社へ「中断証明書再発行依頼書」を提出すれば再発行が可能です。保険会社へ中断証明書再発行依頼書の取寄せ依頼後、記入、返送をして再発行での受取に約2週間程度が一般的なようです。, 中断証明書発行の保険会社ではなくても中断証明書を利用し他社でも中断前の等級を保持したまま自動車保険の再開は可能です。乗換希望の保険会社によって申し込み方法など様々でインターネットでの見積もりや申し込みができない保険会社もありますので注意しましょう。, 保険の窓口インズウェブの一括見積サイトで中断証明書を利用して自動車保険の再開を希望される方は下記対応で一括見積の依頼をお願いします。保険の窓口インズウェブのFAQに記載となっている内容となります。, 「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供しています。, 保険の窓口インズウェブを運営するSBIホールディングス株式会社は保険会社または保険代理店ではありませんので、保険の媒介・募集・販売行為は一切行いません。. 被害者は加害者に対して、ケガの治療費や入院費用などの経済的損失や慰謝料を請求することができますが、時効による権利消滅など注意すべきことは少なくありません。, 高齢などによる身体機能や判断能力の低下などを自覚し、免許証の「自主返納制度」を利用する人が年々増えています。 しかし、「公的に身分を証明する本人確認書類がなくなってしまう」といった不安の声もあります。そうした場合に利用したいのが、本人確認書類として使用できる「運転経歴証明書」です。 結論を... 自動車保険(任意保険)は契約時や更新時に年間走行距離を自己申告します。