赤、オレンジ色以外の色も目立ちますが、場所や時間帯などで目立つ色は変わってくるためどの色が目立ち、目立たないかを事前に把握することが大切です。 右側の赤色と緑、青色とオレンジ色はそれぞれ補色を使った配色でそれぞれの色が目立っていますが文字が読みやすい、理解しやすい色とは限りません。 これについては製品サイトや取説にも詳しいことは記載されていなかったので分かりませんでした。, さて、実験をやってみるまでは水深2~3mくらいで赤色が見えなくなるんじゃないかと予想してましたが見事にハズレました。, 7m程度の深さでは地上で見るのとまったく違う色に見えるといったことは無いようです。(以前、釣行記で鉄道岸壁の水深は10mと書きましたがそんなに深くありませんでした。すみません。), ただカラーバーと一緒に沈めたオキアミ。 虹はどこの国に行っても共通の順序で色を確認することができます。人工的に作られた色相環も、虹という自然が用意したルールに沿って作られています。 効果のほどは?ですが釣れることを信じて使ってます(笑), 面白い実験でした。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2020年4月4・5日 紀州釣り釣行記 静岡県用宗港 魚群探知機deeperとパン粉ダンゴ, 2018年8月12日 紀州釣り釣行記 静岡県用宗港 何とか本命が釣れました【2018年8月14日追記】. "を用いる)が異なると、光と水滴表面のなす角度が変わるため、出射光の角度も様々なものとなる。それにもかかわらず、ある波長の光が特定の角度で強くなるのは、この散乱角θがbの関数で表したときに極値を持ち、その角度では、単位角度あたりの入射光のbの範囲(つまり逆関数b(θ)の微分)が発散するからである。これを虹散乱(rainbow scattering)といい、光学だけでなく原子物理や核物理での類似の現象も指している。, 平たく言えば、水滴を固定して太陽光(入射光)を水平に入れ、入射光の高さを水滴の中心方向(水平)から徐々に上げていくと、太陽光が水滴から出る方向も次第に下向きになる。しかし、入射光がある高さ付近になると、太陽光が水滴から出る方向の変化が小さくなり、今度は逆に上がり始める。この高さ付近から入る太陽光はみなほぼ同じ方向に出て行くことになり、この部分だけ強い光が出て行くことになる。このような仕組みで、「太陽」-「プリズムとなる水滴」-「観察者」のなす角度が特定の角度になったときに虹が見え、色が分かれる。, 理論的には、赤色B線(686.719 nm)の場合には、水滴内で太陽光が、5回、6回、9回、10回、11回...(2回以外を表示)と多数反射する場合も、その散乱光が観測者の目に届くため虹として見ることも可能だが、反射回数が増えるほどその回数分だけ強度反射率(S偏光ではRs、P偏光ではRp)を掛けることになるので、水滴から出てきた散乱光は相当光が弱くなる。理論的に強度を計算すると、2回反射して出てくる赤色B線の散乱光の場合は主虹の赤色の強度の約42.6%程度だからある意味よく見えるが、5回反射の場合は約10.3%、6回反射では約7.5%程度だから肉眼ではほとんど観測されない。また水滴内で太陽光が3回、4回、7回、8回...と反射して出てくる散乱光を観測する場合は、主虹を見る方向とは逆に、太陽光が来る方向へ目を向けなければならない。なぜなら、このときの虹を作る水滴は太陽と観測者の間にあるからだ。まず3回反射して水滴から出てくる赤色B線の散乱光の虹角は、太陽を中心にして約42.2°、菫色H線(396.847 nm)の散乱光の虹角は約37.5°なので太陽の周りに主虹と同じ順に色が並ぶ。また強度の方は主虹のそれぞれ23.5%、23.5%程度なので、条件がそろえば第三次虹として観測が可能である。日本国内では沖縄で数回の撮影例がある[3]。また4回反射して水滴から出てくる赤色B線と菫色H線の虹角は、それぞれ約43.1°と約49.2°なので太陽を中心にして主虹とは逆順に色が並ぶ。強度の方は主虹のそれぞれ約14.9%、14.9%程度なので第四次の虹として観測するのは、太陽光に邪魔されて相当困難だろう。, 雨粒を構成する水滴が大きければ、虹の幅が狭くなり、色は濃くなる。ただし、大きすぎると水滴が空気抵抗の影響で変形して球形にならないため、虹が見えなくなる。反対に水滴が小さければ、虹の幅が広くなり、色が薄くなって全体的に明るくなる。そして水滴が小さすぎると、ミー散乱によって色が分かれなくなり、白く明るい半円が見えるようになる。これを白虹(しろにじ、はっこう)といい、霧や雲を構成する水滴でよく見られるので霧虹や雲虹とも言う。また、このとき朝焼けや夕焼けなどの時間帯で太陽光線が赤みを帯びていると、白虹が赤く見えることがあり、これを赤虹と呼ぶ。, 白い虹に関する記述は、古くは『続日本紀』からあり、宝亀6年(775年)5月14日条において、発見が報告されている。, 主虹と副虹の間に見える空や風景は、虹に比べて相対的に暗くなる。特に後ろの雲が真っ黒でよどんだ空だと、暗い部分がはっきりと帯状に見える。これをアレキサンダーの暗帯(アレキサンダーのあんたい、アレキサンダーズ・ダークバンド; Alexander's dark band[4])あるいはアレキサンダーの帯という。これは、先に述べた原理から、主虹の内側と副虹の外側からは観察者に向かって若干の反射光が入ってくるものの、その間の部分からは反射光が全く入ってこない状態になるためで、この部分だけ本来の空の色が見えていることになる。なお、この名称は紀元200年にこれを記述したアフロディシアスのアレクサンドロスの名にちなむ。, 水面などに反射した光が太陽光と同じように水滴内を通って反射すると、同じように虹ができることがある。これを反射虹という。反射虹にも主虹と副虹がある。反射虹が描く円弧の中心は、普通の虹とは異なるため、普通の虹と反射虹は同心円状にはならず、ずれて見える。普通の虹と反射虹が重なってきれいなV字型を描くこともある。, このほか、主虹の下側や副虹の上側に、さらに色のついた部分が淡く見えることがある。これを過剰虹(かじょうにじ)あるいは干渉虹(かんしょうにじ)という。これは、水滴がある大きさになったときに、太陽光が干渉して弱め合ったり強め合ったりしてできる。, ハワイのように虹が日常的にみられる地域もあるが、多くの地域では虹を見る条件が限られ世界各地で虹に関する伝説が伝承されている[1]。, キリスト教においては虹は「神との契約」「約束の徴」を意味する(創世記9章16節)。, 中国には虹を龍の姿とする言い伝えがある[2]。明確に龍虹と呼ぶ地域(広東省増城市)や、「広東鍋の取っ手の龍」を意味する鑊耳龍(広東省台山市)と呼ぶ地域もある。, 一方で、虹を「ラヨチ」と呼んで、魔物扱いして恐れる民族として、アイヌ民族がおり(後述書 p.157)、このことに関して、中川裕は、美しいものに魔物が惹きつけられる(狙う)という考え方と関係すると指摘している[5](アイヌ語で魂をラマッ、死ぬことをライといい、ラ音には不吉な意味が含まれる)。, 中世の日本では、虹の見える所に市場を立てた[6]。これは市場が、天界や冥府といった他界と俗界の境界領域に立てられるものという考えに基づき[6]、現代の感覚では理解しづらいが、墓場にすら市が立てられたのも境界領域と見られていたためであり[6]、『万葉集』において、柿本人麻呂が亡き妻を想って、「軽の市」に行き、妻をしのぶ歌を作ったのも、こうした考え方に基づく[6]。『枕草子』において、「おふさの市」=虹の市が登場し、中世の書物や貴族の日記にも、虹の立つところに市を立てなければならないという観念が確認でき[6]、これは虹が天と地の懸け橋という考え方に基づいていたためと見られ、神々が降りる場であり、それを迎える行事として市が開かれたと考えられる[7]。また中世貴族は虹が確認されれば、陰陽道の天文博士にそれが吉凶どちらかの予兆か占わせた[6]。ブロニスワフ・マリノフスキは、西太平洋のトロブリアンド諸島のクラと呼ばれる部族間の原始的交換儀式の際、呪術師に虹を呼び出す呪詞が唱えられる事例を報告しており、虹と原初的市の関係の古さが分かる[7]。, フランスの哲学者であるルネ・デカルトは1637年に刊行された『方法序説』で、虹が大気中の細かな水滴で太陽光が屈折して生じるものであることを突き止め、これらの光を再び集めれば白い光が再現されるだろうと示唆した[8]。, イギリスの物理学者であるアイザック・ニュートンは、プリズム1対に凸レンズとスリットを組み合わせた実験を行い、凸レンズで収束させた光が白色光であることを確認した[8]。, ニュートンはプリズムに白色光をあてると虹色が見られることから、光は様々な粒子の混合体であるという「光の微粒子説」を唱えたが、ロバート・フックやクリスティアーン・ホイヘンスなどから激しく批判された。, 地上に届く太陽光のスペクトルは連続しており虹の色に明確な境界があるわけではない。虹の色を何色とみるかは国によって異なり[1]、また国だけでなく地域や民族・時代により大きく異なる。虹の色が何色に見えるのかは、科学の問題ではなく、文化の問題である。何色に見えるかではなく、何色と見るかということである。, 現代の日本では一般に    赤・    橙・    黄・    緑・    青・    藍・    紫の7色とする[2]。古くは、日本でも5色(さらに古くなると8色や6色)、沖縄地方では2色(赤、黒または赤、青)、中国では5色とされていた。アメリカ合衆国では一般的に6色とされることが多い(赤・橙・黄・緑・青・紫)[2]。また、ドイツでは5色とされることも多い[2]。なお現代でも、かつての沖縄のように明、暗の2色として捉える民族は多い。インドネシアのフローレンス島地方では、虹の色は、赤地に黄・緑・青の縞模様(色の順番としては、赤・黄・赤・緑・赤・青・赤となる)とするが、この例のようにスペクトルとして光学的に定められた概念とは異なった順序で虹の色が認識されることも多い。また、虹の色は言語圏によっても捉え方が異なる。実際に、ジンバブエのショナ語では虹を3色と捉え、リベリアのバッサ語(英語版)を話す人々は虹を2色と考えている。このように、虹の色とはそれぞれの言語の区切り方によって異なる色の区切り方がなされるのである[9]。, 全体の色の並びは、日本語では「せき・とう・おう・りょく・せい・らん・し」と丸暗記するが、ロシア語ではもっと文学的に「すべての狩人はキジがどこに留まるかを知りたい。」という文章の各単語の最初の文字(КОЖЗГСФ)が色を現わす単語の最初の文字になるようにして覚える。, 光の場合は周波数の違いは色に相当する。虹は外側から、    赤、    オレンジ、    黄色、    緑、    水色、    青、    紫という順に考えられており、これは周波数が低い順番になる[10](ただし、水色と青に関しては、赤→橙→黄→緑→青→藍→紫の順番とも考えられる)。, ニュートンは虹の研究において光の帯に境界を設けて虹を7色とした[2][11]。ニュートンはキリスト教の研究者でもあり一説には7を音楽の7音音階にもつながる神聖で特別な数と考え虹を7色としたともいわれている[2][11]。また、一説には、楽器のリュートのフレットと虹の光を照らし合わせて7色に区切ったとも言われている。アメリカ合衆国ではニュートンによる研究以前にも虹を7色とする文化も見られたが時代が下るとともに6色とみる認識が一般化した[2]。, 学術的には虹でなくとも、色が分かれていたり、弧を描いたりしていて、一般的には虹と混同されやすい大気光学現象が多数ある。, このほかに環水平アーク、環天頂アーク、外接ハロ、幻日など、虹のように色分かれする現象は多数ある。, 星虹(せいこう、英語: starbow)とは、光速近くで移動する宇宙船から星空を眺めると、ドップラー効果と特殊相対性理論の効果によって、星の見かけの位置が進行方向前方に移動し、進行方向を中心とした同心円状に星の色が変化して虹のように見える、といわれている現象である。英語のスターボウ(starbow)は、雨が作る弓型であるrainbowから、星が作る弓型という意味で作られた造語。また星虹はその直訳語である。, 通過する救急車のサイレンや、電車内から聴く踏切の警報など、音源からの距離が連続的に変化することで周波数を圧縮・延伸され、音が歪んで聞こえる現象(ドップラー効果)は日常的に体感することができるが、これらの音波と同じように、相対的に接近し遠ざかってゆく星々から、飛行中の宇宙船に向かって飛んで来る光の波長が圧縮・延伸されることにより色が歪んで見えるため、全体が虹の様に色を帯びて目に映るのではないかと仮説したもの。, しかし、仮に全ての恒星などからの光がすべて単一の波長であるならば赤から紫まで明瞭に色が分かれた虹に見えるであろうが、実際には様々な星が様々な波長の光を放出しているため、七色に分かれた一般の虹のように見えることはない。星のスペクトルを黒体輻射と仮定してドップラー効果による色変化を検証した科学論文[12]によれば、ドップラー効果による色変化は星温度の変化と同様で虹にもドーナツ状にもならないことが示されている。シミュレーションソフト[13]で再現した場合も進行方向に明るく青っぽくなり、側方、後方の星は赤く暗くなる色変化は観測されるが星虹は出現しない。, いずれにせよ亜光速で飛行できる宇宙船が実際に在ると仮定した場合にのみ、観測が可能となる空想科学上の現象であり、現代の科学技術ではそのような宇宙船はまだ理論の上にも現されていない。, 色彩やデザインにおいては、虹のように多色を規則的に並べる技法がある。このとき規則的に並んだ色を「虹色」と呼ぶことがある。, 虹はさまざまな色を含むが、そのすべてが太陽の白色光から分かれたものであり、各色の間に明確な境界を引くこともできない。この性質から、虹色の旗は「多様性」「共存」の象徴として用いられている。セクシュアリティの多様性と共存という意味合いからLGBTの象徴としても用いられる(平和の旗、レインボーフラッグ[14])。同じ理由から、直接民主主義の実現を目指すハンガリーのインターネット民主党も虹をそのシンボルに採用している。, スポーツの世界では、世界選手権自転車競技大会の優勝者だけが着ることを許される、マイヨ・アルカンシエル(英語では「レインボージャージ」とも)にもあしらわれている。優勝者は生涯、ユニフォーム等の一部に虹色のデザインをあしらうことも認められる。, HippLiner -- A 3D interstellar spaceship simulator with constellation writing function, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=虹&oldid=80362327. 視認性の高い色の配色は明るい色(明度が高い)と暗い色(明度が低い色)を組み合わせることです。 例えば、「太陽の赤」「空の青」「雲の白」という3つの組み合わせは、多くの人が毎日見る配色ですね。サクッとサンプル作ってみました。, 人は自分が体験・学習したものに関しては、自然に受け入れやすく、逆に知らないものについては違和感を感じます。 ここならそこそこ水深もあるので実験にはちょうどいいでしょう。, 結果から言いますと、思っていたよりも色の変化がありませんでした。 メインとなる色、それをサポートするサブになる色。全体のベースになる色に、アクセントとなる色。 アクセントカラーがあることで、配色全体が引き締まり、見る人の視点を安定してくれる効果があります。より効果的になるよう、仕上げとしてしっかりと選択したい色となります。, 補色 青、緑、紫を利用する場合は文字の色を赤、黄色、白、緑など背景色が黒の場合に目立つ色を組み合わせましょう。, 一般的に目立つ色の組み合わせは「補色」といわれる互いの色を引き立てる役割を持っている組み合わせです。 と話してたのを思い出しました。, 赤色が水中では減衰することは知識として知ってましたが実際潜ってこの目で見たことはありません。 一般的に目立つ色は、彩度が高い暖色系の色、つまり赤、オレンジ、黄などの色になります。これらの色は人の目を引く機能である「誘目性」もあるため、看板や商品パッケージ、商品のロゴなどにもよく使われています。また「誘目性」に似た言葉で「視認性」とい 例えば、赤色の場合反対側にある色は青、水色、緑などの色が赤色の補色となります。 メインカラーを後から変更すると、必然的に他の色も変更することになるので、決めるときはしっかりと考えて決めます。, サブカラー 今度青系と赤系の違いを調べてみます。 目立つ文字色の基本. 黄色に近い色は暖色系の色で明るく見え、紺色に近い色は寒色系で暗く見えるからです。, 色によって感じる明るさの違いは、自然界ではごく自然のことです。例えば、日の光が当たった木の葉は明るく感じる黄緑に見えますし、一方、日陰になった部分は暗く感じる青緑に見えます。, この法則を利用し、配色のうち明るい方に黄色に近い色を採用し、暗い方に青色に近い色を採用することをナチュラルハーモニーと呼び、逆に、明るい方に青色に近い色を、暗い方に黄色に近い色を配色することをコンプレックスハーモニーと呼びます。, コンプレックスハーモニーは、違和感を与える配色になるので気をつけて使う必要がありますが、モダンな印象を与えることができる、新たな配色手法として様々なところで採用されています。, 色には色相、彩度、明度というものが存在します。美術の時間で聞いたことがあるかもしれません。 水深1~2mまではうっすらとピンク色をしていましたが3mで青白くなり、それ以降深くなるにつれて赤色が抜けて白くなってしまいました。, またカラーバー下部の紫も水深4mからは青色と区別がつかないくらいに変化しています。, その他の色も彩度はかなり減衰しているのが分かります。 清潔で清楚なイメージが強く、平和や正義を象徴する色でもあります。白は他の色をより引き立てる効果を持ち、ベースカラーとして採用されることが非常に多い色です。同じ無彩色である黒とは対照的に、ポジティブな印象ですが、無機質や虚無感といったネガティブな印象もあわせ持ちます。, (無彩色) 一つの色に対して、彩度や明度の差で様々な色のパターンが作れますが、そのパターンのことを「色調の違うもの」という表現ができます。, 色相、彩度、明度の3つの要素で考えると、配色を考えるときに非常に多くのことを考えなければなりません。, 赤、青、黄といった色味から、更にそれぞれの彩度、明度を掛けあわせた膨大な組み合わせの中から選択するより、まず色相からどれか一つを選び、その選んだ色の色調から考えた方が、決めやすくなるからです。, 熟知したデザイナーであれば悩むこと無く選択ができるかもしれません。しかし、それはこれまで行ってきた配色の経験からできるようになったことです。苦手なうちは、なるべく選択肢を減らした方が選択しやすいと思います。, 色調から色の組み合わせを選択する場合、明るめの色と暗めの色を選択すると視認性が高くなります。