左手でその茶巾を上から下へと水をおとしながら下げていきます。, 茶巾を二つ折りに曲げ 左右の手が上下逆になって 千家七事式です。 m(__)m, 同好会のお稽古、やっと再開ですね! よりが全部戻ったら とても興味があって... 茶通箱とは桐の箱の中に二種類の抹茶を入れて (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 表千家流の茶道のお点前 作法 茶道具 軸 茶花 お菓子などの情報をお届けいたします. 現在ご指導頂いている宗匠の会メンバーのお宅でお稽古です。 さて、10月に入りいよいよ名残の月、 流派によって多少の違いがあると思いますが 更に親指を中心に二つ折り 茶通箱点は、亭主が用意したお茶とお客様のお持たせのお茶を両方味わえるように、というためのお点前だそうです。今日は初のお稽古でしたが、先生より少しだけ割り稽古(手順を教えていただいた?)をしていただいておりました。まず、包帛紗の準備と茶器を出すときの手順。 それにしても、季節の移ろいにあわせて、お釜(炭?)のぬくもりを おけいこ再開も楽しみにしております。. 右手で内回し2回戻します。 いつも読んで頂き、ありがとうございます。 4月15日の研究会では、茶通箱で濃茶を頂きました。 表千家のお免状では、飾物の次に頂く茶通箱ですが、人数も時… 「茶通箱」(さううばこ)のお免状からは相伝ものなので、免状を取った人しか見れませんし、本にも書かれていません。つまり、先生に教わったことをしっかり自分で記録しておかなくてはいけません。実は、習事、飾物までは、本などにも掲載されています。 一つの茶入れにはい... 前回茶道の「七」について話しましたが お二人共長年の経験者なので、茶通箱をして頂きました。 茶通箱は相伝ですが唐物の一つ手前で中級、濃茶のお点前と指くりが 出来れば良いとはいうものの、お正客の役割が重要でそれぞれの 所望のタイミ …  世界中のみなさんにお知らせしたいくらいっ, メールアドレス: 茶室の設えは写真の通り。 その中の「組合せ」を紹介します。 軸 百花春至 福本積應 そ... 自宅稽古で釣釜の炭点前、茶通箱、組合せ、薄茶 等をいたしました。   次回はムリに「中置き」をお願いしてしまってすみません。 茶通箱を水指正面に運び出し、蓋を開けて左側に置く。 茶入を右側に出し、棗を左手の上で正面まで回し、深く持って箱中央に入れ蓋閉める。 箱を棚上段に置き、茶入を水指正面に荘って退出する。 (棚がない場合、箱は勝手付に置く) 釣り釜と旅箪笥の設えで 盆の上に乗せて扱う点前です。 炭点前から始ま... ブログを開設してから始めての稽古日です。   表千家茶道を始めて約三十年。 (左から右へ) 水屋でのいわばかげのお点前を丁寧に学ぶことにしました。, 今回は茶巾のたたみ方について詳しく説明します。 練習用。【茶器/茶道具 棗/なつめ】阿古陀茶器 仕服:如心斎好(如心玉裂) 吉田一峰作(梅生地蓋:桜の木製品)六弧の形です【smtb-KD】, 静岡県東部免許センター バス – 東部運転免許センターのバス時刻表とバス停地図|富士急シティバス|路線バス …, 手のひらのぶつぶつ – 手汗のせいで手のひらにぶつぶつが出来た!?手のひらの湿疹、 …, als ドラマ 沢尻エリカ – 大河ドラマ「麒麟がくる」沢尻エリカ容疑者の代役は川口春奈, 交付記録郵便とは – 郵便約款の変更の認可申請の概要及び審査結果 (「特定封筒 …, アイコンタクト 接客 トレーニング – お客様の気持ちが離れてしまう接客時のアイコンタクト. 忘れていた「七」がありました。 横長の長方形を作ります。 ・一... 自宅と大網白里市の公民館で 先々週から再開したお茶の稽古は、私がリクエストした〝茶通箱〟ちゃんとノートにまとめようと思いまして。茶通箱はお濃茶を二服いただきます。流石に私にはカフェイン取り過ぎ、なので二服目は薄めに点てて貰ってます。年季の入った茶通箱ですね。夫祖母の代からなので半世紀以上は経ってる。ケヤキらしいので、元々桐や杉の様に白木だったのかは不明。掛け軸は〝歩々是道場〟、、、はい着物は自分で縫ったポリ麻着物に博多の4寸単衣、暑いしお太鼓は無理三重に巻いて小ぶりな蝶結び、弥生結びとかの方, 熊本の豪雨、一昨年を思い出してしまいます。実家のお墓も崖崩れにあいました。もっともっと、恐ろしく悲しかった方々も多くいらっしゃいました。近年の雨は、怖いです。お軸は、夏月半廉風(かげつはんれんのかぜ)お花は、篭花入れが使いたくてさて、お稽古です今月は、上級者の方は茶通箱をしています。初級の方との兼ね合いで、お棚を桑小卓にさせて頂きます。茶入れは、義山棗は、尻張りの真塗を蓋置に、笹蟹お茶碗は、出西釜(出雲市)父の形見になります。初級の方向けには、長棗青いおメメが, 今日の着物は紫の色無地です。たぶん40年前に着て、それ以降一度も着てなくて、初めて箪笥から出しました久しぶりに空気に触れさせてあげます。写真の取り方で色が違って見えますが濃いめの紫色です。紫色っていろんな色があるけど、この紫は好きです✨卒業式の時に、袴の中に着ました。懐かしい写真。友人たちと式のあとに伊勢丹の写真館で撮ったものです。茶室に入るまでは足袋カバーを履きます。きれいな足袋で茶室に入るためです。今日は菜の花にしました。今日の主菓子釣り釜です。バイモと椿私はこちらの茶室, いつも読んで頂き、ありがとうございます。ウイルスの影響は大きくなるばかりですが、少しでも、心穏やかに過ごしたいです。先日24日の研究会では、茶通箱のお稽古がありました。お点前を勧めて下さったのですが、お炭をやりたくて、姉弟子が長いお点前を引き受けて下さいました。主客がお互いの動きを合わせ、濃茶を飲み、味わいを楽しむ。Mさんが「全然違う!」と、二服続けて味わう楽しさを喜んでおられて、和やかでした。スーパーで見つけた小手鞠。まん丸の花の、揺れる枝の, 【東風】春に吹く東の風春を告げる風として使われます。今月は【茶通箱】二種類のお抹茶を用意してお点前します一服目は到来物のお茶、二服目は自分で用意したお茶をお客さまに飲んでいただきます。到来物の抹茶は焼物の茶入れに入れますご用意の抹茶は塗物の器に入れますいつもの抹茶とこちらの抹茶を使いました今週の室礼信楽焼の花入に木瓜の花ベトナム土産・バッチャン焼き「早春」ベトナムの揚げ春巻き暖冬の今年は、庭の草花が早めに咲き誇って来ています。来月は、おひなさまの会から始まり、最終週, 二回連続筒茶碗のお稽古をしてきました。間違えたところをおさらい準備*茶巾は絞って入れる点前*茶碗を温めるお湯を入れて茶筅を入れてから茶巾をたたみ直す*通常と茶巾の扱いは異なる底を拭いてから側面をふき、最後は抜かずに茶碗を畳において茶巾だけ抜く*茶を点てる時は左をあげて右に傾ける茶通箱の客作法*棗を清める前のチリうちで手元の茶碗を返す*茶巾を畳終えて袱紗を腰につけたら「今一種のお茶を」*ふた碗目が出て茶銘などの問答のあと、水を釜にさしたら「先の茶入、仕服, 四ヶ伝のお稽古でした。今日は何をしようかなぁと思ったら棚がある。茶通箱か。唐物や、台天目、盆点(和巾も)が道具主役の点前であるのに対して、茶通箱は人の繋がりに重きを置いた点前です。茶通箱に入れる茶入れと大津袋に包んだ棗を背中合わせに入れます。覚書茶巾袱紗で今一種のお茶を袱紗をポンして水で茶名サラサラ、コツンで道具拝見空になったら手は右から!難しかったーーー!嵯峨菊濱田屋さんの主菓子は山茶花という名でした。お友だちが初炭手前と貴人点をお稽古。勉強になりました今日の着物, 単の着物を探していたら母の形見が出てきました。この着物は初めて着ました。茶道友人たちに誉められて、また着ようと思います。母が喜んでくれてるかな。でも来月からは袷の季節ですね。パーティーあとのお稽古✨最初のご挨拶で先生が本当に驚いたと。皆様に感謝ですと。サプライズ、大成功でしたあらためて、心よりおめでとうございます今日は花月でした。大好きですが、今日は難しかった。茶通箱濃茶付き花月。お席入りしてから月を引きました。最初に濃茶を点てました5人分の濃茶です。先生にお抹茶の分量を見ても, おはようございます秋色深まっていく気配を感じる朝です。今日から日常の茶事・上級クラスの”茶通箱の茶事”が続きます。今回は運びでのお点前を予定しています。こちらでしかお話させていただけないこと等もせっかくですのでお伝えしたいと思っています。皆様とお会いできること楽しみにお待ちしております♪水屋方は11時、客方は席入り12時の集合になっております。お気をつけてお越し下さいね。・・・お申込み・お問合せ・・・cyajisalon@gmail.com09, 初めてかもしれない、茶通箱のお稽古。なんかまたややこしいお点前だこと。唐物とは、趣旨が違う、お道具も違う。来月から炉になるし、さらにこんがらがりそう。。。やっぱり妹と勉強会しようかなー。, 今日の秋葉区は34度あつーい中、皆さんお稽古にいらして下さいました午前中の生徒さんは続き薄茶朝茶事は続き薄茶ですねそして午後は茶通箱付花月の練習9月の研究会で茶通箱付花月があるのです。予習せずに見るのと予習していくのでは全然違うし、普段避けてしまう難しいお点前に挑戦するのも良いですね8月に入り玄関先も瀧の音に浮世の憂を打ち消され流れのあわにむなしさを看る自然って凄いですよね大自然の中にいると小さな人間関係のモヤモヤがバカらしく思えてくる事があります室閑茶味清閑か, 茶道を仕事帰りにも気軽に楽しめる大阪市谷町四丁目の教室から、一から本格的に学べる八尾市恩智の教室まで。裏千家茶道教室『和-のどか-』です。本日は、先輩たちが2人ということで、『茶通箱』のお稽古をしました。こちらは濃茶を2度いただけるお点前です。まずは、初炭のお点前から。約半年ぶりです。炉の時と炭の大きさも違います。炭が完全にいこるまでは、薄茶点前のお稽古から。こちらが『茶通箱』の設えです。2種類のお茶が入った時に行うのがこちらの, この日のお稽古は炉の最終日。次回から風炉になります。既に茶通箱のお免状を持っている先輩部員にお点前のお手本を見せてもらいました。手順は…覚え切れませーん!そりゃそうだ、初めて見たんだもん。というわけで、いつものようにお軸とお花のご紹介です。「一華開五葉」です。お花は丁字草(一番奥の薄紫色のやつ)と…何だっけ?………色々覚え切れずにいますが、とりあえず今日学んだことは、紫と白の取り合わせは鉄板。…だそうです。にほんブログ村にほんブログ村, 抹茶・練り切り・デコ巻きずし・デコもちで和を楽しむ【手鞠庵】へようこそ庵主『てまり』です☆「手鞠庵練り切り基礎講座」今日は私自身の茶道稽古でした。透木釜を旅箪笥の組み合わせで後炭。。。薄茶。。。濃茶は茶通箱のお稽古をしました。先生はいつも素敵な道具を用意してくださいます。抹茶碗は「藤」の柄で、とても素敵でした♪お稽古は基本一人!亭主役・お客様役と両方をこなすのが前の先生と同じで、じっくりとお稽古に集中すること, 今日のお稽古は茶通箱長緒以前はあった茶通箱への苦手意識今回やってみたら無くなっていました♪うちのお稽古場でも今月は茶通箱!お弟子さん達にも苦手意識をもたせないようお稽古したいと思いますたくさんの草花が芽吹いてきましたそして京都旅行はもうすぐですどうやら今回の京都は桜満開と重なりそうです行きたかったレストランに予約をいれましたタクシーも手配しましたあとは母と喧嘩しませんように, 土曜日は横浜で稽古。供茶、茶通箱、後炭、花月。棚は袋棚でした。袋棚、何となくですが、結構好きかもしれません。紹鴎棚、青漆爪紅台子など色々とありますが今後大棚どうしましょう。大棚は保管場所にも苦労するのでもう少し様子見ですね。さて、今回の茶通箱はこれまで稽古で使っていた薬籠蓋ではなく、桟蓋の茶通箱でして扱いの違いを学びました。良い機会を頂きました。, こんばんは。昨日は出かけていたら雪がぱらぱら舞ってきて驚きました。寒かったですねさて、前回のお茶の稽古は茶通箱(さつばこ)でした。(京都の和菓子)お茶の稽古の前日には、かなり当たりをつけて予習するのですが、、今回は予想が外れました学生時代の試験みたいですね。茶通箱は、亭主が準備したお茶と、お客のおもたせのお茶とで、2回、濃茶をたてます。そして、伝授物ですので、テキストなどに掲載されていません長丁場ですし、お客も台詞があり、い, いつも読んで頂き、ありがとうございます。温泉旅行を終えて、ちょっと疲れていますが、相伝稽古の事を書いておきます。残り、茶通箱と盆点です。おつきあい下さいませ。茶通箱水屋にいつも置かれていて、お茶屋が預り、茶を詰めて運ぶ箱。かつての使い方を実際に目にする事はない時代ですが、茶通箱の点前もまた、なかなか出来ない稽古です。二服の濃茶を練り、主客共に楽しむ。到来物のお茶も、用意したお茶も、どちらも飲んで頂きたい、亭主の思いを汲む客。タイミングを合わせる難しさ。, 茶道教室、裕徳庵です先日、茶道の特別稽古がありました。壺飾り後炭薄茶茶通箱台天目炉に変わって最初のお稽古私は台天目の亭主をやらせていただきました。今さらですが、基本的なことを教えていただいて「そうだったんだ」と納得することがありました茶道は一生、勉強していくものなんだと、改めて実感茶道(表千家)その都度、1回1000円お支払いいただいてお稽古になります初めての方からお免状をご希望される方まで対応しますお免状のお稽古をされる場合は1回3, こんにちは!Kiraです昨日は、月一お茶のお稽古でした。前回からあっと言う間の1ヶ月ま、毎回そんな感じですがすっかり涼しくなり、着物を汗をかかずに着ることができましたが、相変わらず先生に手取り足取り手伝っていただきました8月に茶通箱のお免状をいただき、先生のデモンストレーションを見せていただき、先月同僚のIちゃんがお稽古をし、今月は私の番でした手取り足取り…でしたがなんとか終了ゲッソリでしたが、ホッとしました今月で風炉は終わりなので来月はまた真っ新な気持ちで臨みます, おはようございますKiraです朝から爽やかな風が吹いて気持ちのいい朝ですね先週末は、月一お茶のお稽古でした。私のリハビリ期間も漸く終了したようで、まだまだ怪しさ満点ですが…新たなお許しをいただくことができました私が居ない間も一生懸命お稽古していたAちゃんもどうせなら一緒に…と、ずっと待ってくれていたそうで申し訳なかったですまずは、盆香合から。炭手前の一つで基本の習い事十三箇条にも掲載されていました名物とか由緒ある香合をお盆にのせて扱うこと、釜に水を足すので薬缶の上の茶巾, 茶道を仕事帰りにも気軽に楽しめる大阪市谷町四丁目の教室から、一から本格的に学べる八尾市恩智の教室まで。裏千家茶道教室『和-のどか-』です。八尾恩智教室のお稽古報告です。本日のお床です。夏仕様です。本日は、四ヶ伝のひとつ、「茶通箱」のお点前のお稽古をしました。2つのお茶を点てます。本日のお花は「竹ラン」「源平シモツケ」です。「源平シモツケ」は色が赤と白なことからきています。お茶菓子は四ヶ伝なので三種類です。きんとん, 梅雨の晴れ間師匠のお稽古へ。今朝は妊婦特有の眠気とだるさで。体調が悪いわけではないけれど相伝のお稽古大丈夫かしら、、、と思いつつお稽古に向かいました。『茶通箱』サツウバコと言う少々複雑な点前の正客を。思い出深いお菓子“紫陽花”を頂戴してとても練り具合の良いお濃茶を頂く頃には頭の中も体調もスッキリ。あぁ、やっぱりお稽古に来てよかった♡と、しみじみ感じました。恋する茶会のお稽古にもその日元気が無さそうなお弟子さんもいらっしゃるのですが終わる頃には別人のよう, いつも読んで頂き、ありがとうございます。4月15日の研究会では、茶通箱で濃茶を頂きました。表千家のお免状では、飾物の次に頂く茶通箱ですが、人数も時間も必要なお稽古で、なかなか目にする機会も少ないです。今回はさらに、男性のお点前を拝見でき、普段とは違う扱いに「ほー」とか「へー」と言っていたら、次々回ってくる拝見。タイミングを合わせながら、お点前が進んでいく様子は、ピタリと合うととても気持ちいいものです。ぴたりと閉まる桐の茶通箱のように、狂いの無い動きを目指したいも, お茶のお稽古に伺いました先日お免状を頂いた『茶通箱』さつうばこのお稽古をさせて頂きました先生のお話から察するに貴重なお稽古だったと思いますお客様がお持ちになったお茶を茶入に用意しておいたお茶を棗に入れてそれらを入れた箱を扱ってのお点前です『お持たせですが』と頂いた物と用意してたお茶菓子を両方お出しするみたいな感じです次回お稽古できるのが何年先かな…覚書をしておかねば初めて知るの事が楽しいです昨夜のアフターも楽し過ぎましたエドパーラーで白ワインとハンバーグ, 今日はアクアラインと越えて千葉へ稽古。彼岸入りでしたので行きもそうですが、帰りが特に混んでました。IT化が進むとは言え、何だかんだ、お墓参り多いのかな。さて、今日の稽古は茶通箱。いつも茶通箱の稽古の時はお客様は4-5人でやることが多いのですが今日は客が7名。ご亭主も1服目は相伴をするといういつにないパターン。茶通箱は亭主、正客、お詰は、要所要所でタイミングを計る必要があるので、パターン覚えだけでは臨機応変にいかないということがよくわかる稽古となりました。茶通箱でのお茶事という, 昨日は穏やかな過ごしやすい1日でした今日は久しぶりの雨です茶花主菓子は「寒椿」初炭手前茶通箱濃茶棚点前濃茶棚点前ではお二人とも長緒茶入を使いましたお花のお稽古雲竜柳、アイリス、スイートピーを使って盛花です明日は今年初めての月釜に行って来ます^_^, 茶道教室、裕徳庵です先日、お茶のお稽古(研究会)でした私が当番でしたので、茶通箱の亭主をやらせていただきました相伝ものの中でも難しい茶通箱「今、お稽古されている方の見本となるようなお点前を」と先生に言われ早めに先生宅に伺い、不安なところを確認しつつなんとかやりきりました心の動揺が写真にも表れております(ボケてて歪んでる), 茶道教室、裕徳庵です先日、11月の特別稽古がありました壺飾り後炭薄茶(平棗)茶通箱台天目私は茶通箱の亭主をやらせていただきました茶通箱はお濃茶を2服点てますが、1服目が終わってからが大変ですいろいろ勉強させていただきました先生のところの壺, 先日は茶通箱と続きお薄の練習茶通箱と聞いて全く思い出せずちとフリーズ箱に大津袋と仕服の二つの異なる袋に其々の棗と言うかその茶器に濃茶をいれ2度その場で点てるその場で点てるって事は濃茶を2服も頂くという私にはなんとも苛酷なものでした幸か不幸か、茶通箱のお点前された方が濃茶をちゃんと練れなくて2服とも、お薄かなって位のシャバシャバ加減でちょっと助かった気もしたがやっぱり濃茶は濃茶らしく頂ける方が良いなと改めて思いました。お点前さんは、水屋で「不味かったんじゃない」, 大阪・北摂で茶事を・・・茶道の精神をもとに楽しむArt of Tea Life Cyaji-Salon, 手鞠庵 庵主てまり オフィシャルブログ 【横浜,鎌倉,みなとみらい】表千家教授・デコ巻きずしマイスター・練りきりアート講師, 吉祥寺で学ぶ!始める!色彩学で自分磨き☆Chelsea Colors/チェルシーカラーズ~Kiraの気まぐれキラキラブログ☆. お菓子の銘は「こぼれ萩」、、、似て非なる(笑)ですね。, お点前の詳細については 畳に直に置けないくらい大事な濃茶入れを 茶道 表千家 (茶事~稽古)(所作~点前) 茶事、点前、亭主の所作、客の所作、道具と扱いについて、私の覚えを綴ります。 2019年12月25日水曜日. 私も少々予習が足りず失礼しました。(確認もまだできてません。) ・花月の式 場所を提供してくださるN社様に、感謝・感謝ですね~♪. 綺麗な所作で水屋のしごとがきちんと出来る人の メンバーのみなさんとも久しぶりにお会いできて、楽しかったです... 「こぼれ萩」...なんとかわいらしい名前でしょう... いつの間に「ちらし寿司」風になったのやら... 本当に関係各位殿ごめんなさい ・茶通箱の蓋を閉め、丸卓の前まで回り、天板の上に戻す。 ・手前の位置に戻り、大津袋を解き濃 茶器 を取り出す。 ・大津袋を二つに畳み、仕覆の上に重ねる。 台天目といって さりげなくできる人間になりたいものです... ※それにしてもお茶会って、本当に楽しいものですね~~~っ♪ 棚 小四方 つまくれ(... 上級者の方々の稽古にて 本来の稽古日を私の都合で変更してもらったので   2016/10/5 先生、いつもお忙しいところありがとうございます。 私は約一年半の間、圧迫骨折と脊柱管狭窄症のため ご指導を受けているメンバーと自宅で稽古を致しました。 お客様に近づけるなんて、本当に細やかな気配り...そんな気遣いが 畳に直に置けない特別な茶碗を台に乗せてする 表千家茶道を教えています。 千葉市誉田にあ... 本日は茶通箱の紹介です。 お二人共長年の経験者なので、茶通箱をして頂きました。 茶通箱は相伝ですが唐物の一つ手前で中級、濃茶のお点前と指くりが 出来れば良いとはいうものの、お正客の役割が重要でそれぞれの 所望のタイミ … 茶通箱を水指正面に運び出し、蓋を開けて左側に置く。 茶入を右側に出し、棗を左手の上で正面まで回し、深く持って箱中央に入れ蓋閉める。 箱を棚上段に置き、茶入を水指正面に荘って退出する。 (棚がない場合、箱は勝手付に置く) 茶碗を濯いだ湯等すてる器で... 4/19。千葉市誉田にある茶の湯の里で京都から指導をお願いしている宗匠のお稽古の様子です。 右手をそのままに左手で内回しに 2016/4/23 茶通箱点は、亭主が用意したお茶とお客様のお持たせのお茶を両方味わえるように、というためのお点前だそうです。, 今日は初のお稽古でしたが、先生より少しだけ割り稽古(手順を教えていただいた?)をしていただいておりました。まず、包帛紗の準備と茶器を出すときの手順。あとは、茶通箱に手をかけ、取り回すときのやり方です。, ・箱の扱い(手のかけ方、回し方)・茶箱から出した、茶器を茶入れと置きかえる・棗+包帛紗、棗+大津袋 を使用・帛紗2枚を扱う・濃茶を続けて点てるときは、茶碗の二度すすぎ・すばやく濃茶を点てるため、練りかけをせず お湯を続けて入れる二た柄杓(ふたびしゃく), この日のお花は夏名残の(?)槿。ここ数日すっかり秋に成ってきましたが、それまでは少し9月も後半なのに、まだ暑かったですよね。, 主菓子は「萩ちらし」という名の、白餡のかわいらしいお菓子。ピンクのグラデーションに染まったかわいいケシのみ(?)のようなツブツブが散らしてありました。, 干菓子には、(確か栗味の)メレンゲをいただきました。ふわっとさくっと、軽い口ざわりがとってもおいしかった♪, 【茶通箱点】[準備]・箱、手前に茶入、向こうに包帛紗を真ん中に 正面をあわせるように入れておく・棚(今回は高砂棚でした)に水指、茶通箱を 飾りおき、客入り前に茶通箱から茶入を出して 水指前に飾っておく(茶通箱の取りおろし方は別の回に♪)[点前]※中伝ですが、最初のお茶を立てるまでは  濃茶平点前とほぼ同じ要領です・茶碗を持ち出し、茶入れとおき合わせる・建水を持ち出し、柄杓を引き、建水を出して 衣紋をつくろう・茶碗、茶入を膝前へとって、帛紗は草の四方 捌き、茶入、茶杓を拭く・茶筅を出して水指蓋へ茶巾を出し、茶筅通し・茶碗を温め、お湯を捨て、茶巾で拭く・茶碗にお茶を入れて、いつもよりさらりと濃茶を 練って、出す・挨拶をし、詰客の飲みきりを聴いて、正客が 茶碗の拝見を請い、亭主は点前座に戻って 茶巾をしぼって、釜の蓋におく※このとき正客が「いま一種のお茶を」と挨拶・茶通箱から(取り出し方は別の回に♪)お茶器 を取り出して帛紗から取り出し、ちり打ちして 茶器をふく・1種目の茶碗を取り込み、総礼・茶碗は二度すすぎ(これも別途)、お湯は二た柄杓 で入れ(これも別途)、お茶を点て、出す※このときの茶器をつつんだ帛紗と、もともと つけている帛紗の扱いが特別ですので、 これもまた別の回に♪, というわけで、中伝の割には小習い的な所作の多いお点前です。ちょっと長くなりそうなので拝見や後半の手順については別途記載いたします。, 一緒にお稽古している皆さんは、薄茶・濃茶の平点前を極めるべくお点前のお稽古をされています。.