配当振込後1ヶ月以内に届けないといけないとのこと。大変困っています・・・。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2884.htm  ※11月30日に代表者を変更すると、厳密には変更が確定した後には 後、配当源泉税の納付の他にNo.1の方がおっしゃるように、支払確定日から1ヶ月以内に しかしネットで調べてもなんだか難しくてサッパリわかりません。 無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。   税務署に確認すると、このような回答になります。 印紙税法の第16号文書に該当するか否かは、下記で確認下さい。 支払調書や源泉所得税納付書の「支払確定年月日」に記入するのはいつの日付になるのでしょうか? ところでこの納付書の記載に関しては、上記給与の他、利子や配当、報酬・料金等に係る源泉についても同様です。 そこで、この5月~6月にかけて、配当を支払う法人も多いことでしょうから、「平成」表記のある源泉所得税の納付書を利用して納付する場合の、当該納付書の書き方について.  事業年度の最終日を記載してください。 (2)納付書の日付ですが、・・・ 旧株、新株とはどういことですか? 確定申告書の代表者は、確定申告書を提出する時の代表者です。 http://www.houko.com/00/01/S40/033D.HTM#s5.1 法人が他の法人の株式を所有している場合や投資信託をしている場合などに、配当金を受け取ることがあります。この配当金は税金が既に引かれていたり、法人税の計算上で益金に不算入のものがあったりして、処理方法が複雑だったり、税額に影響を与えたりします。 今回、初めて株主に配当金を出すことに決まりました。 大変申し訳ございませんがこのページでは、 JavaScript を有効にしてご利用くださいますようお願い致します。, 所有株式によって受け取る配当金は会計上、もしくは税務上、どのように処理すればよいのでしょうか。今回は配当を行うとき、そして配当を受けるときの手続きなど配当金にまつわる基本的な知識を解説します。, 営業外収益として計上される受取配当金には、株式会社などから利益分配として受け取る配当金と、中小企業協同組合などの剰余金の分配として受け取る配当金などがあります。ここでは配当金の中でも一般的な前者の場合について説明します。, 株式会社が獲得した利益を株主に還元する行為を配当といいます。そして株主に配当される利益(お金)が配当金です。, 債務超過会社や欠損会社(注1)は配当するための原資(資金)がないため、そもそも配当ができません。原則、これまで積み立ててきた内部留保に剰余金がある法人だけが配当をすることができます。, 会社が配当できる額については会社法で具体的に定められています。配当するということは会社の純資産の現預金が減るということなので、事業への影響も考えなくてはなりません。公認会計士や税理士と相談して、配当可能限度額を計算したうえで、限度額の範囲で適正な配当をしていくことになります。, 「その他資本剰余金」とは資本剰余金のうち「資本準備金」以外の部分、「その他利益剰余金」とは全ての利益剰余金の中から会社法によって積み立てを義務付けられている「利益準備金」を除いた部分をいいます。, 資本剰余金:株主からの出資などの資本取引から得た剰余金+資本準備金資本準備金:株主からの出資のうち、資本金に組み入れなかった部分, 非上場の株式会社の場合、株主に配当をしないケースが多いといえます。非上場会社では、経営者と株主がイコールの場合が多く、そうしたオーナー株主にとっては税法上のメリットが少ないため、結果として配当をしないで資金を内部留保するケースが多いということになります。, ここでは中堅・中小企業に多い非上場会社が配当をする場合の手続きについて説明します。, 非上場会社が配当をする場合には、定款の規定に基づき株主総会・取締役会等の決議を得て、配当額を決定します。, 配当金は所得税の対象となるので、会社は配当額から一律20.42%の源泉徴収税額(所得税+復興特別所得税)を徴収しなければなりません。そのうえで残りの額を株主に支払うと共に、配当金支払明細書・支払調書を発行(郵送)します。これによって株主は源泉徴収額が把握でき、自身の申告に利用できます。, 会社は20.42%の源泉徴収税額を、配当金を支払った、もしくは送金した月の翌月10日までに、最寄りの金融機関または所轄税務署に納税しなければなりません。また、配当金が未払いの場合は、支払いが確定した日から1年を経過した日の属する月の翌月10日までに納税する決まりとなっています。, 配当金についての支払調書合計表を税務署提出用と会社控用に、支払調書(注2)を税務署提出用と支払いを受ける者用に、それぞれ作成します。, 原則、支払調書合計表と支払調書を、支払確定日または支払った日から1カ月以内に所轄税務署に提出しなければいけません。税務署はその情報に基づき、配当金の受取人を把握し、課税漏れを防止します。, 会社が株主として他の会社から配当を受ける場合、もしくは親会社として非上場の子会社から配当を受ける場合、会計上は営業外収益として収入計上しますが、税務上は別表調整(注3)をすることで、全部または一部が益金不算入(非課税)となります。以下、国内配当金と国外配当金に分けて説明します。, 例えば配当金が10,000円の場合、源泉徴収税額を差し引かれた額で振り込まれます。, 配当金については、上記の区分により益金不算入(非課税)の額が決まってきます。例えば継続保有している完全子法人株式等に係る配当金を受け取る親会社は、別表調整をすることで配当部分に法人税等の税金が生じることはありません。また源泉徴収税額については、その親会社が法人税等の税金が生じる会社であれば、その法人税等に充当され、税金が生じない法人であれば税務署に申告することで還付されます。, 例えば配当金が100ドル(1ドル=100円)であった場合には、外国税額を差し引かれた額(注4)で振り込まれます。, 国外配当金の税法上の処理については、外国税額控除制度と外国子会社配当益金不算入制度の二つの制度があります。選択制なのでどちらか有利な方法を選択しましょう。ただし、例外規定が多い制度なので、公認会計士や税理士に相談されることをお勧めします。, 日本国と租税条約を締結している国から支払いを受けた配当金にかかる外国税額を日本の税金から控除できる制度です。, 日本の親会社が発行済株式等の25%以上の株式等を保有し、かつ、その保有期間が配当の支払い義務が確定する日以前6カ月以上継続されている場合には、その配当金の95%が益金不算入(非課税)となる制度です。ただ、オーストラリア等の一部の国の配当金については対象外となるケースもあります。, ライター歴30年超。新聞、雑誌、書籍、Web等、媒体を問わず多様なジャンルで書き続ける。その一つが米原万里著『打ちのめされるようなすごい本』に取り上げられたことが勲章。京都在住。, 東京税理士会麻布支部所属。1972年生まれ。ベンチャー企業に対する税務申告および経営相談、相続コンサルティングなど幅広く行う。町医者のような会計事務所を目指している。, 大塚IDへのご登録(無料)は、もうお済みですか? 大塚IDをご登録いただくと、総務・人事・経理業務に関連する書式のテンプレートを無料でダウンロードできます。小口・旅費精算、在宅勤務申請書、モバイル機器利用申請書、車両台帳など幅広くご用意しています。, 人事管理から定型の給与計算業務までをフルサポート。自由項目を利用した独自の人事情報や、履歴情報を管理することで、人事異動の判断材料などに活用できます。. 印紙税法の第...続きを読む, 税務監査が入り、前期分の法人税及び消費税の修正申告を やってみると非常に手間もかかり面倒なのですが、この消費税の区分を仕訳毎にすることを要求されています。 そして株主は確定申告に使うとおもうので (2)摘要:1株(口)当たり配当(分配)金額 所得税法225条 ネットで検索しても具体的な記載例が書いてあるサイトが見当たらず・・・。 これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。 これは確定法人税額を28欄で△繰り越しするのが、+繰越なので別行で記入せざるを得ないからです。(△を2つくっつけて記載するのは間違いのもとです。) 当期、中間納付をしましたが赤字となり税金還付となりました。 第5 配当所得の源泉徴収事務 居住者又は内国法人に支払う配当所得の源泉徴収事務は、剰余金の配当、剰余金の分配など(法人税法 に規定する適格現物分配に係るものを除きます。以下「配当等」といいます。)や配当等とみなさ 源泉所得税の納付期限、納税できる窓口はどこか、納付書の種類、納付書(納期特例分)の書き方、年2回にまとめて納める「納期の特例」など、個人事業主が源泉徴収した税金を納めるときの情報をまとめました。 剰余金の配当などの配当所得があるときには、一定の方法で計算した金額の税額控除を受けることができます。これを配当控除といいます。 配当控除を受けるためには、確定申告が必要です。その際には、この配当控除の額のほか、配当について源泉徴収された所得税の額が納付すべき税額の.