毎日、水槽へ投入する餌は、細菌類に分解され最後の最後は酸性の...続きを読む, 実家に3年前に買った金魚が3匹います。 http://pw.kingyo.info/pukiwiki.php?cmd=read&page=%C9%C2%B5%A4%A4%CE%BC%A3%CE%C5%2F%BC%A...続きを読む, 寒くなってから金魚がエアーフィルターの泡の出るところにじっとして動かなくなり、ついに最近傾いて泳ぐようになってしまいました。ちょうど傾いた部分が水面から出てそこに半透明の水泡ができ水泡の周りは赤くなっています。ほかの方の質問の回答を参考に現在0.5%の塩水浴と、水温を上げて様子を見ていますが、この水泡は薬を直接塗るとかつぶすとかの処置が必要なのでしょうか。, 実際見れないと、文面だけからでは判断つき難いと思いますが。 。 。 小さい水槽に入れてたりしてませんか? 「パラザンD」 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 変わりありませんし、よく見たら紅白色だった金魚のうろこが全部はがれて http://pw.kingyo.info/pukiwiki.php?cmd=read&page=%C9%C2%B5%A4%A4%CE%BC%A3%CE%C5%2F%BC%A3%CE%C5%2F%A4%BD%A4%CE%C2%BE%2F%B5%A4%CB%A2%C9%C2 気泡病(ガス病) これは飼育外でなるような感じですのでこれも違うと思います。 小さめの器に水と規定量の薬を溶かしたものを用意し、バケツに10分以上時間をあけて少量ずつ加えていきます。 今後は、マメな水替えと底砂掃除を行いましょう。 (結構時間かかります…)はとにかく水を綺麗に保ちます。 ポップアイはエロモナス菌が原因で、悪性の病気。  魚病薬の多くは劇毒薬が多く、発癌性を持つ処方箋が多い点は否めません。私が状況、容態を観察して5日程度で確認する事を指導しており、2日程度の養生を勧めています。例えば私共の場合(曽祖父の代から飼育し、100年以上)は曽祖父が食料品関連の仕事で試験用に飼育を始まりであり、その関係で魚病薬に関する学習記録がありますのでデータを基本に回答をしています。 昨日気づきまました。60センチの水槽で、金魚4匹飼っております。内写真の子(えらの下に水泡が)ともう一匹はこれほどではないのですがなんとなく白くぽっつとできかけているような気がします。とりあえず食塩水の中で沐浴中です、対 薬は店員さんに相談してもいいですし、No1の方が記述している薬のどれでもかまいません。 ただ、7年間も飼育しているとのお話。 薬剤による積極的な治療が必要です。 正式に品種として承認されている品種のうち22種類の金魚の流麗な姿を、大きな画像でご覧頂こうと思います。使用している写真は、2013年の日本観賞魚フェアで展示されていた優良魚ばかりです。多様な金魚の美しさを、名前と解説付きの一覧でご鑑賞下さい。 金魚の生理的食塩水濃度は、ヒトとほぼ同等で0.9%であるため、金魚の体力回復が期待できる。また、トラブルの原因である微生物類のうち、塩に弱いものに対する殺作用も期待できる。 水温を1日1℃程度ずつ上げて28℃にする。金魚の体力回復が期待できる。 白濁眼の魚が弱っていて食欲が無い場合、他の魚に虐められる可能性があるため隔離水槽で治療します。 交換する底砂は金魚用と書かれたモノをオススメします。 一部少しヒレが損傷しているのではないかと思われる部分のある金魚がいますが元からなのか判断ができない程度のものです。 感染した細菌類を魚の免疫細胞が排除するために、白濁した大きな腫瘍が出来る病気です。 一週間ほど前に金魚すくいで手に入れた出目金1匹、金魚2匹のうち、今朝金魚が1匹死んでいました…  様子を見ながら塩浴させていたのですが、よく見たら頭が水泡状になっています。ウロコには異常はありません。 白一色になったように見えたようです。 http://pw.kingyo.info/pukiwiki.php?cmd=read&page=%C9%C2%B5%A4%A4%CE%BC%A3%CE%C5%2F%BC%A3%CE%C5%2F%BA%D9%B6%DD%C0%AD%2F%A5%AC%A5%DE%A5%AC%A5%A8%A5%EB%BE%C9%B8%F5%B7%B2  水泡病 (ガマガエル症候群) この病気はピンポンパール特有の病気なので候補から消しました。 検索で「ピンポン三大病・ガマガエル症候群」といれると、そこのホームページに写真が載っています。 なるべく早く治療しなきゃならないんだ、って改めて思った。, (ちなみに、この病気の菌は、フラボバクテリウム・サイクロフィラムというグラム陰性の長桿菌Flavobacterium psychrophilum), とてもピンポンパールを大切にされている人が死んでしまったピンポンパールを解剖した結果、, 肝臓肥大ってのは、この前、サケかなんかの病気で見かけただけだから、よくわからない。, (1日10粒までだったけど、具合が悪くなってからは3粒までってキマリになってる。そして薬浴始めてからは絶食。), あらかじめキッチンブリーチで消毒してから、よくよく水で洗ってキレイに乾かしておいた. 一言で言うならば、水の汚れが主たる原因です。 と思います。, 実際見れないと、文面だけからでは判断つき難いと思いますが。 。 。 金魚を飼っている友人からペットショップで治るまでは薬浴してくださいと言われているから俺はそうしたと教えてもらい私もそうし今日で4日目です。 菌に感染して病気を発症し、死んでしまったお魚の細胞を調べたら、 3.その他、傷口からの細菌感染 12本のマッチ棒で車を作ってみました マッチ棒の頭の方向にマッチは回るとします 今、この車は時計方向にまわっています マッチ棒の向きは変えないで車が反対向きにまわるようにしてください: 答はこちら ・水温の急変。 ありがとうございました。, 回答に心から感謝します。 弱ってきているように見えます。 うろこが全部はがれる病気があるのか、もし病気なら何をすべきかお教えください。, 怪我や病気でうろこがはがれてしまうことがありますが 白点病ではないと思いますが、どちらにせよ白点病と白雲病と水カビ病は同じ薬で対応出来ます。 http://cgi23.plala.or.jp/AquaCube/database/sickness/karamunarisu.html これは鰭が溶けていくような感じです。 一言で言うならば、水の汚れが主たる原因です。 病気が原因でのうろこはがれなら、トリコディナ病や赤班病の なので、寄生虫関係かなと思ったのですが、赤班病を残したのはやはりウロコが少したっているようなものがある感じが写真ではしますが、水泡病と同じエロモナスの病気だったりしますので残しました。ただ、状況を聞きましたので水質があまり汚れている環境ではないと思います。水槽の大きさがやはりちょっと分からないのですが、45cm水槽であれば2の方法で書いたような水換えをされて、3~4日に1度1/3水換えで塩を大サジスプーン2杯ぐらいで、また新しい水を追加する時には塩を2杯追加されてください。ヒレの袋が破れたなどされたら、血液がその部分に溜まっていましたので、当然金魚は貧血が出ると思います。そして、塩で殺菌などされないと傷は完治しないです。60cm水槽であれば5日~6日に1度1/3水換えで、大サジスプーン3杯か4杯ぐらいで治療されてください。水を交換されたら塩をまた3杯から4杯ぐらい追加する感じでされてください。同量、同サイクルで傷が見えなくなるまで続けられてください。塩は金魚の免疫力も上げます。薬はいらないと思います。餌やりは注意されてください。これで様子を見られていてください。, 2です。こんにちは 質問者さま 体にも気泡が出来る事がありますが、ヒレに気泡が出来る事が多く、体内で遊離した気体のせいで傾いて泳いだり 症状が進んでいると塩水浴では完治しないので薬浴させてください。  これ等に対してアクアセイフは野球の捕手と同じで生還をさせない様にブロックをしますし、クリスタルウォーターは処方箋の進塁を防止し、凝集させる事でスライディングさせません。 ポップアイの薬剤、治療方法も、白濁眼と同様です。, 恐らく「白濁眼」の可能性が高い。 どう見ても頭の部分だけ小さな水泡がボコボコとあるよ...続きを読む, 曽祖父の代から金魚を飼育している者です。貴方のリュウキンは尾腐病の併発症でエロモナス疾患を疑えば間違えはないと思ってください。水槽飼育に多く見られ、飼育環境が悪化した場合発生し、下記のサイトにその症状が記されておりますので確認してください。 して、周囲を壊死させる事もあるようです。 ただ、7年間も飼育しているとのお話。 弱っているならトドメになりかねませんが、何もしなくても死んでしまうでしょう。 「グリーンFゴールドリキッド」 お祭りや縁日ですくってきた金魚。 泳いでいる姿も見飽きないものですが、元気よく餌を食べている姿は一番楽しい時間ではないでしょうか? 金魚は自分で食べる量や頻度などを調節できるわけではありませんので、私たちが管理をしてあげないといけません。 そもそもキンギョは天然に産するものではなく人間が人工的に作り出し大切に保護してきた動物であるため、人間の手が加えられている品種であればあるほど自然への適応能力は非常に低い。そのため病気にかかりやすい。逆に、原種とされるフナに近いワキンなどは、ずぼらな飼育環境でも力強く生き延びる。, キンギョを飼う際は、病気への十分な知識を持つことが重要である。疾病の発生要因の多くは、ストレスに由来する。, フレキシバクターカラムナリス等の細菌に感染したものである。各ヒレの先端が白くなり、重症になると尾が腐る。そのままにしておくと、尾から出血してしまう。重症になると治療が困難になるため、早期発見が必要になる。, 細菌による感染するパーツによって鰭ぐされ、鰓ぐされ等と呼び名が異なるが、内容は同じであり、まとめて腐敗症と呼ばれる事もある。, 初期症状は体表のツヤがなくなり、症状が進むにつれてウロコが腫れ上がり、松ぼっくりのように逆立つ。, エロモナス属細菌の感染後、寄生体や細菌類が繁殖し、鱗が発赤>脱落>真皮露出>筋肉露出と悪化していく。致死性は低いが、観賞魚としては見栄えが悪い。専用の薬があるので、隔離して薬浴させる。また、水温を25度以上にして自然治癒させる。, 最も普通な魚類の病気のひとつであり、原生動物の白点虫(イクチオイフリウス)の寄生虫病。致死性・伝染性・進行性のいずれの点でも、寄生虫病では最も危険な病気。下記のイカリムシとチョウのように虫が外部に張り付くのではなく、上皮組織内に入り込んでしまうため後述のように薬剤の効きが悪く、治療が困難。水温25度以下の状態でかかりやすく、水温・水質の変化等の急変によって体力の落ちた魚体に寄生する。白点病にかかった金魚は、水槽のガラス面や砂などに患部をこすり付けるという動作をよく見せる。4日~5日の周期で寄生→魚体より分離して増殖→寄生を繰り返す。寄生している間は薬は効かない為、投薬にはタイミングが重要。一旦、白点が消えても水中で増殖している可能性があるので油断は禁物。白点病で死んだ魚を気付かずほっておくと、寄生虫が大発生し水槽全滅の危険性もある。外部からの白点虫侵入を防ぐ為にも購入した金魚は4~5日隔離して様子を見ることが必要。, イカリムシという寄生虫が固着する。固着部が腫れ、出血することも少なくない。稚魚は死ぬこともあり、成魚でも衰弱する。この病気の場合、患部を固いものにこすり付ける動作がよく見られる。ピンセットなどで抜き取ることも可能だが、傷ができないように。イカリムシの頭部が魚体に残ることがある。えらに刺さったイカリムシを抜くと、同時に鰓内部の組織が破壊され、確実に死に至る。目の近くに刺さっているイカリムシを抜くと、目玉が取れてしまう。, 鰓尾類のチョウという寄生虫が固着する。ウオジラミとも呼ばれる。水槽のガラス面や砂などに患部をこすり付けるため、体をさらに痛めてしまうことも少なくない。吸血する際に毒液を注入し、キンギョに多大なストレスを与える。大きいため直接除去できるし、駆除剤もあるが、卵には効かないため、濾過材と砂利を交換・洗浄して、卵が孵化するたびに根気よく駆除する必要がある。, 水槽に常在している糸状菌(ミズカビ類)が、魚が弱っているときに付着繁殖して、綿毛のような群落を成す。水カビが体表に寄生することで細胞膜の浸透圧調整機能が破壊された結果として死に至るため、水槽に塩を入れて浸透圧を調整することで延命が可能。水温20度以下になると発生しやすくなるため、秋以降ヒーターでの水温調節が予防に有効である。, 前後の浮袋のバランスが崩れる原因不明の難病。横転、あるいは完全に転覆して、徐々に弱って死んでいく。完全に浮上転覆してしまうと、空気に触れた腹部が爛れてしまい急死することもある。ランチュウのような丸っこいキンギョほどかかりやすいが、ワキンのように原種に近いものでもかかる。水温を徐々に30℃くらいまで上げれば、初期の転覆病はほとんどの場合完治する。が、先天的な内蔵異常など個体によっては成長にしたがい必然的に発生する場合があり、その場合の完治は難しい。, 転覆病のうち、急激に飼育水槽の多くの個体が発症する場合はキンギョヘルペスウイルスによる造血器系の異常とする説が一般的で、発生した水槽で35°C、4日間の昇温処理をすると他の個体への感染や発症を防げることがある。ただしこれにより治療した個体はヒトのHIVキャリアのようにキンギョヘルペスウイルスのキャリアとなり子供やウイルス未感染の個体へウイルスをキャリーしまき散らす恐れがあるので留意が必要である。, 他の要因としては、いわゆる「泡食い(エア食い)」行為により、体内に空気がたまること(これは沈下性の餌へ切り替えることで一ヶ月ほどで改善する)、水質悪化・驚かすこと(足音にも敏感である)によるストレスにより浮袋調整がうまくいかなくなる等、様々な要因が考えられる。, 文字通りカラムナリス菌の感染症で、グッピーやエンゼルフィッシュの尾ぐされ病の原因と言った方が分かりやすい。グッピーの尾ぐされと同様、強力な組織の溶解を引き起こす。水槽に塩(普通の食塩でよい)を0.5%いれておくと予防に有効。, 常在菌のエロモナス菌の引き起こす病気で、魚が弱ると感染し、二種類の症状がある。一つは、まつかさ病で、鱗が逆立ってしまう(ちなみにピンポンパールの鱗の逆立ちは生まれつきなので問題ない)。もう一つが、赤班病で、皮膚や鱗に皮下出血が見られる。魚が急激に弱る。いずれも皮下組織の病気で、根気よく治療する必要がある。, ピンポンパール(短尾珍珠鱗)に特有の病気。主に腹部や尾部の皮膚に風船状の水疱(みずぶくれ)が複数発生する。血液状の液体で満たされた血腫状のふくらみになることもある。ガマガエル症候群(ガマ病)という呼び名もネット上では散見される。原因は不明だが、エロモナス属細菌の感染によるものであり、まつかさ病がピンポンパールの硬い鱗のために水疱状を呈するのではとの推測もある。難治性で致死率も高いとされるが、滅菌性の薬剤(ニトロフラゾンなど)により薬浴させて2週間ほどで治癒した報告もある。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=金魚の病気の一覧&oldid=77295152.