":"&")+"url="+encodeURIComponent(b)),f.setRequestHeader("Content-Type","application/x-www-form-urlencoded"),f.send(a))}}}function B(){var b={},c;c=document.getElementsByTagName("IMG");if(!c.length)return{};var a=c[0];if(! 株式会社DDO内. 麻酔薬の種類、麻酔方法の違いに関係なく、麻酔した時に共通して起こる副作用があります。 ただは、表面冷凍麻酔は除きます。 頭痛・吐き気・悪寒が生じます。          あります。腹腔鏡手術では、特に胆のう摘出術で高頻度に術後の悪心・嘔吐 必ずしも薬が原因では. 【全身麻酔の手術】術後の吐き気、嘔吐について | Little × Little(リルバイリル) happy news & modeling! これは全身麻酔に対する副作用の可能性が大いにあります。それではまず「麻酔とは何なのか」見ていきましょう。, 手術の痛みやストレスを除く為、薬を使い痛みや身体の反射を抑える方法を「麻酔」と言います。, 脳や脊髄神経、足先の末端神経まで一時的に神経の働きを抑制する麻酔薬を使用し、手術をしても無意識、無痛、そして身体の反射を起こさないなどの状態を保つものです。, 注射に怖がる子供や、暴れる患者の場合には、吸い込むだけで麻酔にかかる「吸入麻酔法」が選択されます。, 点滴が受けられる患者には、麻酔薬を点滴に注入すれば数秒で麻酔状態になる「静脈麻酔法」が行われます。, 代表的な麻酔薬は「ディプリバン」で、この薬は患者の年齢や体重から、薬の血中濃度を予測して投薬量を決定します。, そして長時間同じ姿勢をとり続ける事が原因での「腰痛」です。元々腰が弱かった人は、この麻酔後の寝たきりでさらに腰痛が悪化する可能性もあります。, さらに、目の角膜が乾燥する事による「目の違和感」や、「出血」、水分の蒸発などで体温が低下するため「身体の震え」といった症状もあります。, 中度の場合は「歯の損傷」手術器具や抗生物質等に対する「アレルギー反応」などがあります。, 自分の意思に反して、薬品によって麻酔状態になるのですから、必ず何らかの副作用が発します。, あなたの医師の許す範囲で「積極的に動く」「水分をきちんと補充する」「点滴を受ける」「カフェインを取る」「痛み止めを使う」などで自分の身体の治癒力に頼るしかないのが現状です。, 麻酔によりこれまで述べたような副作用の状態が何週間、何ヶ月どころか、1年以上続く人もいるそうです。, どうしても痛みや吐き気に我慢が出来ない時は、一人で悩まずすぐさま主治医に相談し、後遺症の緩和に心がけましょう。, そうしないと体力が段々失われ、リカバリーするどころか、合併症を引き起こし、手術をした為に重症になると言う場合もあります。. しかし、デメリットとして吐き気が起こりやすいことや、麻酔を使うため麻酔からさめるまで時間がかかるということがあります。 これに対して経鼻方式は麻酔の量が少ないため身体への負担が少ないことや、カメラの径が小さいため吐き気や痛みが少ないことがメリットといえるでしょう。� //