前回の記事までで、AviUtlの導入方法、ファイルの扱い方、背景素材の使い方、スクリプトの導入方法と使用方法までを解説させていただきました。 至らない点も多々あるかと思いますが、これはどうすればいいの? AviUtlのシーンチェンジ、いかがでしたでしょうか? シーンチェンジが動画にキレイにはまると、それだけで動画全体の完成度が上がります。 ぜひお気に入りのシーンチェンジを見つけてください。 以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。 に変更して、背景以外を作る。 scene1で右クリックをして、シーンの設定をクリック。 「アルファチャンネルあり」にチェックを入れましょう。 続いて、Rootに戻って背景の下にシーンを追加。 上の例は2つの画像が切り替わるところをクルッと回転するように見せています。 Please enter your username or email address. つなぎ目を綺麗にみせるために「シーンチェンジ」を使いこなす. AviUtlの編集操作、それなりに出来るようになってきたでしょうか。私もまだまだ勉強中なのであまり偉そうなことは言えませんが少しでも使いこなせるようになるために今日も色々やってみましょう。, 前回の記事までで、AviUtlの導入方法、ファイルの扱い方、背景素材の使い方、スクリプトの導入方法と使用方法までを解説させていただきました。, 至らない点も多々あるかと思いますが、これはどうすればいいの?という疑問などありましたら遠慮なくコメントでもDMでも。, では順当に3の「画面を切り替えるときにぐるっと回転させたりズームさせたりする方法」について回答していきましょう。, さっそくですがシーンチェンジとはこんな感じの効果の事です。普通に流すと写真はぱっと切り替わってしまいますが……。, シーンチェンジを使うとあっさりとこんな風に切り替え効果を付けることが出来るようになります。, これが質問にもあった「画面を切り替えるときにぐるっと回転させる方法」の回答になります。, このようにシーンチェンジしたい画像の下にフィルタオブジェクトからシーンチェンジを張り付けるだけです。, 注意点として、シーンチェンジを置いたところから切り替わり始めるため、画像や動画のどこから切り替えてどこまでに終わらせるかを考えることが非常に大事になってきます。, 例えばシーンチェンジを二枚目の画像の始まりに置いた場合とつなぎ目に真ん中に置いた場合。, これは何が違うのかというとシーンチェンジのかかり方そのものには全く差がありません。, 話を分かりやすくするために一枚目と二枚目の画像がともに一秒ずつの長さで配置されていたとします。, 二枚目の画像が全部表示されるのはシーンチェンジが終わってからになるため、実際に画像そのものがはっきり見れるのは約0.7秒しかないということになります。, 一枚目の画像の0.8秒後くらいからシーンチェンジが始まり、二枚目の画像の0.2秒後くらいで終わりますので、両方の画像を0.8秒ずつ見せることが出来ます。, したがって「どちらの画像をどのくらいの長さ分見せたいか」を考慮しつつ、シーンチェンジを利用していくことが重要になってきます。, ここを適当にしてしまうといわゆる「見せ場」にしたい部分が思ったより短くなってしまったということになりかねません。, そのシーンチェンジ分のかかったオブジェクトが全て表示される時間が短くなることに注意, お互いの表示時間はほぼ同じになるが切り替わる前のオブジェクトが終盤でシーンチェンジによって切り替え効果を掛けられることに注意, これらをうまく利用して、たとえば動画の途中からわざとシーンチェンジ効果を掛けたい場合はその位置に来るようにシーンチェンジを配置してしまえばいいということになります。, ただし動画にシーンチェンジを使用する際にはもう一つ別に気を付けるポイントがあります。, ここで切り替えたい!と思った際に、切り替え時間を重視するのかシーンチェンジの種類で魅せ方を重視するのか。, 上記のような解説をしていると、逆にシーンチェンジの時間を調整すればオブジェクトの長さにそこまで神経質にならなくてもいいんじゃないかと聞かれることがあります。, ところが、シーンチェンジ自体の長さを極端に変えてしまうとせっかくの切り替え効果が台無しになってしまうのです。, 当たり前ですが一秒かけてシーンチェンジしますので二枚目の画像の表示時間が殆どなくなってしまいます。, ※画像はGIF動画でループ再生されているため最後の一瞬で一枚目の画像に戻ってしまっています……, このように極端に短いシーンチェンジ設定にしてしまうと効果によっては全く分からないものも出てきてしまいます。, このようにしっかりシーンチェンジ時間を設けるととても綺麗な効果なのですが、これを極端に短くしてしまうとこうなります。, ただし全く使いどころがないかといえばそうでもなく、例えば漫画の戦闘シーンなどをMADにするときに激しい動きを演出したいときには使いどころによっては効果的だと思います。, 初期設定のままでは使用できるシーンチェンジは多くありません。なのでここもスクリプト同様に追加していくとよいでしょう。, 「transition」という名前のフォルダを作ってその中にPNGファイルをいれるだけ。, ちなみに transition(トランジション) というのは「遷移」とか「変遷」という意味で、動画編集では切り替え効果のことをそう呼びます。AviUtlの場合はそれが「シーンチェンジ」という名前なだけです。, 他のプリメーラとかAEとか使用するともしかしたらトランジションって書いてあるかもね。, このブログを見てAviUtlを導入して頂いた方にはおそらく無関係ですが、それより以前のバージョンのAviUtlをお使いの場合、この方法ではうまくPNGファイルを認識しない場合があります。, そんな時は「transition」フォルダをAviUtlフォルダ直下ではなく「plugins」フォルダの中に作るようにしてください。, でも多分そんなに前のバージョン使ってるような人こんな記事見ない気もしますけど……。, 追加する素材としては、先ほどのサイト様にもありますがこちら「Morgue」様のページより, ちなみに、t1~t9は、t01~t09とリネームした方が良いです。(名前順にソートされて分かり易いので), 引用:【AviUtl】おすすめtransition用モノクロPNG素材まとめ(1/4), とのことですので必要な方はリネームをどうぞ。私は一応この忠告通りリネームしてあります。, トランジションフォルダに入れるファイルはPNGであれば基本的に何でもシーンチェンジ素材として利用できます。, 多くはまともに見れたものではありませんが、写真によっては思いがけない効果を生む可能性もありますので、色々試してみると面白いかもしれません。, とまあ正直ちゃっちいホラー演出ですが、吸血鬼の画像に切り替わる際に上記の女性のような影がシーンチェンジ素材になって影のように映っていることが見れるかと思います。, シーンチェンジやワイプに使ったら面白そうな画像を発掘したり、あるいは自分で書いてしまうのも楽しいですよ。, アイデア次第でこんな遊び心に富んだ使い方が出来るのも、AviUtlのカスタマイズ性が高いお陰ですね。大したアイデアじゃないとかいうのは内緒, もしも「画像の回転」演出がこういうシーンチェンジによるモノではなく、ガチに回転させているような効果を出す場合……。, この画像の回転や移動はシーンチェンジだけで表現することは不可能で、これはちょっと別の方法になります。, AviUtlが他の動画編集ソフトを一線を画している機能といっても過言ではない機能になります。, 使うこと自体は難しくないのですが、「どこをどうすれば何がどうなる」をしっかり把握しておかないと、雑な感じになります。, AviUtlでカッコイイ動画編集をしたいのなら避けては通れない「カメラ制御」ですが、じっくり腰を据えて取り掛からなくてはならない部分です。. Animated banner with the text colored rainbow. AviUtlではシーンチェンジという機能を用いて場面転換のアニメーションを加えることが出来ます。一般的な動画編集ソフトではトランジションと呼ばれるこのシーンチェンジ機能は、効果を追加して増やすこともできるため非常に使い勝手が良いものになっています。このページでは標準でAviUtlに搭載されているシーン切り替え効果の全一覧を紹介しています。, AviUtlほど高度なソフトが使える動画編集の上級者の方にはAfterEffectsが断然おすすめです。AviUtlで出来ることはほとんどAfterEffectsでも出来ます。 シーンチェンジは種類が多いので別記事にまとめます。 AviUtlのすべてのエフェクトについての解説⑭シーンチェンジ(切替効果)の種類とその使い方についてまとめ 動作も安定しており、細かい環境設定を行わなくてもすぐに動画制作が出来ます。, 透明度を使ってゆったりと写真や動画同士が切り替わる一般的に最もよく利用されるトランジション効果です。自然で目立たない切り替わり効果なので、使われる機会はとても多いです。, 円状の小窓を使って表示の切り替えを行います。ポップな印象の映像作りで時々見かけるトランジションです。, 小窓の形状を四角形にして表示の切り替えを行うトランジション効果です。ポップな印象を与えやすい切り替え効果になっています。, オブジェクトの中心を中心点として時計の針がぐるっと一周するかのように切り替えを行うトランジションです。, シャッターやブラインドカーテンのように横線で区切った領域を使ったシーンチェンジ効果です。ラインの細さ(分割数)を変更できるので、細くしたり太くすることでも印象ががらりと変わってきます。ノイズのような表現もアイデア次第では作りやすいかもしれません。, 奥行方向を使った3次元的な動きでシーンの切り替えを行います。奥から次のオブジェクトがぐるっと回って前に出てくるアニメーションです。, 一枚目のオブジェクトが横方向にスライドしていく事によって、下に隠れていた写真や動画が表示されてくるシーンチェンジ効果です。連続して利用する事で「写真」であるかのような見せ方も作りやすいかもしれません。テーマと合えば使いやすいトランジションです。, 一つ目の写真もしくは動画オブジェクトが回転しながら縮小していき、2つめのオブジェクトに切り替わるシーンチェンジ効果です。, スライドととても似ていますが、2つめのオブジェクトも同時に動いてインしてくる点で異なります。写真をササっと横に動かして切り替えていくと、フィルム風のスライドショーなどにも応用できます。, 縦方向に2つのオブジェクトが同時に動いてインとアウトを行うトランジションです。フィルムが動いているかのような動きにも似ているので、振動や古いフィルム風の効果を加えてフィルム風のスライドショーなどにも活用の機会があります。, X軸を基準として縦方向に回転を行い、裏と表で表示を切り替えるシーンチェンジ方法です。, 箱の形状をした物体が回転する際に、その1面を覆う形で写真や動画が動いて表示を切り替えるトランジション効果です。横にぐるっと回る動作で3次元の印象がとても強い切り替え効果です。, 写真や動画オブジェクトを箱上に配置して箱が回転する動作に合わせて表示を切り替えます。次元的な動きを取り入れたい方には使いやすいトランジションかもしれません。, クロスフェードとは少し異なり、1つ目の写真や動画が完全に黒い表示(透明)になってから、次のオブジェクトが表示されてきます。場面のはっきりとした転換としてもしばしば用いられるトランジション効果です。, 放射状のぼかしを加えながら写真や動画同士の切り替えを行うスタイリッシュなトランジションです。ワープとか時間の経過を感じさせるような表現とも相性が良いかもしれません。, ぼかしを加えた状態で切り替えを行うシーンチェンジ効果です。時間の経過や回想、思い出といった表現とも相性がよくしばしば利用されるトランジションです。, スライドととても似ていますが、写真そのものが動作しているのではなく表示領域が動作しています。また2枚目は動作せず、一枚目の表示領域だけが動くことによって切り替えを実現しています。, 一枚目のオブジェクトの表示領域を直線的に変化させることで場面の切り替えを行います。, ポスターをクルクル巻き取るかのような動きで1つめのオブジェクトが消えていき次のオブジェクトが表示されてくるトランジション効果です。巻物やポスターといった表現とピッタリハマる映像表現を作成したい方にはドンピシャなトランジション効果かもしれません。, こちらもポスターや巻物を巻き取るかのようにクルクルと動作させながらシーンが切り替わっていくトランジション効果です。, ランダムな幅のブラインドカーテンのような形で、直線を使ったシーン切り替えが出来ます。パラメータを調整することで横線や縦線と方向を変えられるのも一つの特徴です。, 明るさが一気に明るくなり真っ白になったところから次のオブジェクトへと表示が切り替わっていきます。フラッシュバックや回想といったシーンとも相性が良いトランジションです。, ぼかしを使った切り替え効果ですが、レンズブラーのぼかしを使った点が通常のぼかしによる切り替えとは異なります。, ドアが開くときのように2分割されたオブジェクトが動作することで次のオブジェクトへと表示を切り替えます。よく考えて利用しないと安っぽい印象になりやすいトランジションです。, 次のオブジェクトがX軸を基準として飛び出す絵本のように起き上がってくることによって場面を切り替えるトランジション効果です。, クルクルクルと縦方向に回転しながら切り替わっていくスタイリッシュなトランジションです。ルーレットとかWANTED的な表現などでも使いやすいかもしれません。モーションブラーも効いているのでなかなかかっこいい表現になります。, 図形の形状を使ったトランジション効果で切り替えが出来ます。ちょっとオシャレでポップな印象のシーンチェンジを探している方にはお勧めです。「設定」メニューから図形の形状を四角形や星形に変更することでよりオリジナリティを持たせることも出来ます。, たくさんの水玉模様に画面が覆われて、その後覆いが解けたときに次の画像や動画に切り替わっているというよくあるトランジション効果です。デフォルトの水玉模様のデザインが少し雑ではあるので、「設定」メニューから様々調整した方が良いかもしれません。影をなくして完全にフラットなデザインにすることで、ペンキの飛び散りにも似た表現を作成できるかもしれません。試行錯誤できるトランジションです。, 「図形で隠す」と違う点は放射状に画面が覆われるという点のみです。細かく調整が出来るので調整次第では意外と使えるトランジションになりえます。ハートの図形を利用したりすればより雰囲気のあるトランジションにも出来そうです。, 粉々に粉砕された写真や動画が集まってくることで次のオブジェクトに切り替わる効果を作成します。ガラスの散らばる音との組み合わせなども有効かもしれません。こちらも「設定」メニューから重力や速度などの細かい調整が出来てとても高度な表現が作成できます。, オブジェクトの中心でパタッと本をめくるようにして次のオブジェクトへと切り替えていく事が出来ます。本やアルバムといった題材を使ってムービーやスライドショーを作成している場合にはとても有効なトランジションです。, AviUtlでの動画編集に限った話ではありませんが、トランジション効果を色々と試行錯誤していると、様々な動きを取り入れたくなってしまうのは皆同じかもしれません。しかし実際に仕上がった映像を見てみると、トランジション効果の大きなものが多用されているとだいぶうっとうしい印象を受けます。色々と勉強したことを使ってみたくなる衝動を抑えて、動きの大きなトランジションは本当に使うべきところにのみ利用するように心がけましょう。, fu-nonでは動画素材や差し替えるだけでムービーが作れるテンプレートや動画素材も提供しています。, Youtube、Vimeoへ投稿する収益の発生する映像でも、CMやMVやドラマや映画といった商用映像内でも利用可能です。, ココナラやクラウドワークス、Youtubeの編集代行などで副収入を得るためにもfu-nonの素材を活用出来ます。 前回の記事までで、AviUtlの導入方法、ファイルの扱い方、背景素材の使い方、スクリプトの導入方法と使用方法までを解説させていただきました。 至らない点も多々あるかと思いますが、これはどうすればいいの? 本日、8月18日にAviUtlが6年ぶりに更新(テスト版)が来ました。この勢いにTwitterにトレンド入り、2万件以上もツイートされています。 ダウンロードはこちら公式HPの「AviUtlのお部屋」はこちら。テスト版というところにあります (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 解説AviUtlのアニメーション効果にある「円形配置」は、画像や文字などのオブジェクトを円形に配置するエフェクトです。   画像 テキスト このページの内容(目次)1 円形配置1.1 円周1 ... AviUtlの「特定色域変換」はオブジェクトのある特定の色を別の色に変えることができるエフェクトです。   変換前 変換後   馬のマスクなどの黄色い部分を水色に変換しました。 こ ... AviUtlでは、mp4でエンコードする為に「x264guiEx」という出力プラグインを使います。   参考▶▶x264guiExのダウンロードについて &nbs ... AviUtlのディスプレイスメントマップは、オブジェクトを指定した形に歪ませたり変形させたりなどができるエフェクトです。   テキストの形で歪ませる 空間を歪ませた感じに   使用 ... この記事ではAviUtl本体の起動方法と終了方法について書いています。 このページの内容(目次)1 AviUtlの起動方法2 AviUtlの終了方法 AviUtlの起動方法 まずは、Av ... Copyright© Aviutl簡単使い方入門|すんなりわかる動画編集 , 2020 AllRights Reserved. AviUtlではシーンチェンジという機能を用いて場面転換のアニメーションを加えることが出来ます。一般的な動画編集ソフトではトランジションと呼ばれるこのシーンチェンジ機能は、効果を追加して増やすこともできるため非常に使い勝手が良いものになっています。