"),d=t;a[0]in d||!d.execScript||d.execScript("var "+a[0]);for(var e;a.length&&(e=a.shift());)a.length||void 0===c?d[e]?d=d[e]:d=d[e]={}:d[e]=c};function v(b){var c=b.length;if(0=a.length+e.length&&(a+=e)}b.i&&(e="&rd="+encodeURIComponent(JSON.stringify(B())),131072>=a.length+e.length&&(a+=e),c=!0);C=a;if(c){d=b.h;b=b.j;var f;if(window.XMLHttpRequest)f=new XMLHttpRequest;else if(window.ActiveXObject)try{f=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP")}catch(r){try{f=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP")}catch(D){}}f&&(f.open("POST",d+(-1==d.indexOf("?")?"? 編集長の日々の雑感や取材状況、編集部の日常をスピーディーに配信します。ツイッターにも連動しているので、是非フォロワーにご登録を!, 平成21年10月7日リコール 自動変速機のクラッチ温度センサーの不具合3010台。, 平成28年11月30日サービスキャンペーン 7速DSGの油圧を蓄えるアキュームレーター容器の不具合1万4568台。, 平成29年5月24日サービスキャンペーン 6速機械式自動変速機(DSG型ギヤボックス)の成型不良。30台。, 平成31年4月17日サービスキャンペーン DSGのクラッチ制御プログラム不具合1148台。, ユーザーから(不具合について)意見は寄せられていたが、個別の問題として処理してきた。ASSY交換したのは、「不具合との関係性」が把握できていなかったから。何かを処置すればほかに影響が出ないか心配された。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); フォルクスワーゲンがポロ、ゴルフ、ビートル、パサートなど総計17万6068台を対象に『自動変速機油圧制御システム(アッパーハウジング)』の不具合によるリコールを届出しました。, いわゆる乾式クラッチの7速DSG(フォルクスワーゲンのデュアルクラッチトランスミッション)が対象のリコールです。届出によると不具合の内容は次のように記されています。, 7速DSG型自動変速機のメカトロニクスにおいて、アッパーハウジングのねじ切り加工が不適切なため、耐久性が不足しているものがある。そのため、アキュムレーターの継続的な油圧変化による疲労の蓄積により、アッパーハウジングに亀裂が発生し、油圧が低下して、最悪の場合、駆動力が伝達されず走行できなくなるおそれがある。, なお、不具合件数は1648件と報告されています。対象台数から考えると、トラブル発生率は0.9%程度となっています。また、この不具合に起因する事故の報告は0件といいます。最悪の場合、走行不能になるという内容ですが、大きなアクシデントにはつながっていないといえそうです。, ところで、この乾式クラッチを用いた7速DSGについては、以前からトラブルを心配する声がありました。新車で購入したユーザーの間では延長保証に入っておくのが吉という評判。しかし、ポロGTIは延長保証に入らずビクビクしながら過ごしていました。, その意味では「やっぱり」と思ってしまいました。しかし、今回のリコールによって不具合の原因がクリアになり、その対策もなされるということですから、今後は安心して7速DSG搭載車に乗り続けられるということになり、結果OKということになりました。, 純正ロングライフオイル(VW504)の交換頻度は15000kmか30000Kmか?. ");b!=Array.prototype&&b!=Object.prototype&&(b[c]=a.value)},h="undefined"!=typeof window&&window===this?this:"undefined"!=typeof global&&null!=global?global:this,k=["String","prototype","repeat"],l=0;lb||1342177279>>=1)c+=c;return a};q!=p&&null!=q&&g(h,n,{configurable:!0,writable:!0,value:q});var t=this;function u(b,c){var a=b.split(". 7速DSG(DCT)のリコールが発表されました。ゴルフは対象外でしたが、ポロGTIは対象に。9年目に突入のタイミングでDSGの不具合の心配が無くなるのは非常に嬉しい!. [CDATA[ //=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','https://mag-x.jp/2019/09/03/12298/','bfgHp_XldL',true,false,'7tsra1aCyOs'); 住所 福岡市西区生の松原1丁目16-1(焼きそば想夫恋さん 斜め前) 7速dsgのリコール発表がありました。平成25年の車が対象なので、私のポロgtiは対象外。このリコール原因となった不具合発生は日本では0件ですが、中国で約100件発生し今回の事態に至っています。世界で日本(16,774台)を含め約160万台をリコール。 ©Copyright2020 MAGX NEWS.All Rights Reserved. (function(){for(var g="function"==typeof Object.defineProperties?Object.defineProperty:function(b,c,a){if(a.get||a.set)throw new TypeError("ES3 does not support getters and setters. フォルクスワーゲンの7速dsg(dct)搭載車17.6万台を対象にリコールの届出. 「dsg(メカトロ)不良(アキュームレーターの油圧が高くなり、ハウジング若しくはケースが破損して油圧低下を引き起こしdsgが動作しなくなる)」 上記が今回のリコールの対象となりますが、同様の症状が発生してもリコールが効かないケースがあります。 //]]>, リコール発表前にマガジンXが本誌10月号とサイバーXで、市場措置の必要性を記事にしたフォルクスワーゲン各車に搭載されているDSG(デュアルクラッチトランスミッションオートマチックギアボックス)の不具合。8月21日には、7速DSGを搭載した対象型式17万6000台あまりについて、クラッチを油圧の力でつなぐためのオイルのケース(アッパーハウジング)に亀裂が入りオイルが漏れることで、クラッチが正常につながらないトラブルを認め、メーカー側がリコールを届出た。入庫確認の結果、対象型式である場合、ハウジングを良品と交換するとした。, 9月2日、輸入元であるフォルクスワーゲングループジャパン(以下VWGJ)の広報部長と話した。記者が指摘した点は大まかに以下の4つ。, ①平成20年当時に発売したクルマまでリコール対象となっている。この間、不具合報告件数は1648件にのぼっている。市場措置にここまで時間がかかったのはなぜか。, ②本件、長らく市場で話題になっていた。また、有償修理ではDSGのASSY交換が必要で工賃込み30万円程度のユーザー負担が発生していた。原因が特定できた段階でなぜユーザー負担軽減策をとらなかったのか。, ④本誌でも対象型式以外の同様のトラブルを確認している。今後、型式によって対象が広がる可能性はないのか。, DSG関連の不具合対策はほかにもあるかもしれない。ユーザーの皆さんはご自身で確認して欲しい。広報部長は、「過去に市場措置をしている」と釈明していたが、対象型式、対象台数、さらに市場措置の内容から見て、これまでとても抜本的な対策を施していたとは言えない。, 広報部長によると、VWGJは、ティル シェア社長以下、常にマーケットの意見に耳を傾けている。本社と支社との間で情報共有できるシステムができていると強調する。「ユーザーの皆様には不安をおかけして申し訳ない気持ちでいっぱいです。系列ディーラーに対しては、しっかりユーザー対応するよう指導します」と話した。VWGJは、今回のDSG不具合とその対応を教訓に毀損したプランドの回復に向けてしっかりユーザーに向き合ってもらいたいものだ。なお、トヨタ系列の旧DUO店についてもVWGJが直接フォローしており、市場措置対応についても問題なくやってくれるとのことだった。, https://www.volkswagen.co.jp/ja/afterservice/etc/recall.html, https://www.volkswagen.co.jp/content/dam/vw-ngw/vw_pkw/importers/jp/after_service/etc/pdf/recall/2019/0821.pdf, https://www.volkswagen.co.jp/content/dam/vw-ngw/vw_pkw/importers/jp/after_service/etc/pdf/recall/2019/0417_2.pdf, https://www.volkswagen.co.jp/content/dam/vw-ngw/vw_pkw/importers/jp/after_service/etc/pdf/recall/2017/0524_2.pdf, https://www.volkswagen.co.jp/content/dam/vw-ngw/vw_pkw/importers/jp/after_service/etc/pdf/recall/2009/2009_10_07_1617.pdf. (e in b.c))if(0>=c.offsetWidth&&0>=c.offsetHeight)a=!1;else{d=c.getBoundingClientRect();var f=document.body;a=d.top+("pageYOffset"in window?window.pageYOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollTop);d=d.left+("pageXOffset"in window?window.pageXOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollLeft);f=a.toString()+","+d;b.b.hasOwnProperty(f)?a=!1:(b.b[f]=!0,a=a<=b.g.height&&d<=b.g.width)}a&&(b.a.push(e),b.c[e]=!0)}y.prototype.checkImageForCriticality=function(b){b.getBoundingClientRect&&z(this,b)};u("pagespeed.CriticalImages.checkImageForCriticality",function(b){x.checkImageForCriticality(b)});u("pagespeed.CriticalImages.checkCriticalImages",function(){A(x)});function A(b){b.b={};for(var c=["IMG","INPUT"],a=[],d=0;d