S1100を使用する際はパソコンと接続しないと使用できませんでしたが、ix100は無線で使用できるためケーブルを使用しなくてもいいようになりました。※補足あり, ちょっとしたことではあるのですが1つコードがないだけでかなり快適です。 (注1-1) 排出ガイドを開けた状態。 (注1-2) 排出ガイドを閉じた状態。 (注1-3) ScanSnap Connect Application利用時は未サポート。 (注1-4) 同一紙面上で読み取り角度が異なるため、読み取り位置によって光学解像度に違いが生じます。 (注1-5) 読取速度はハードウェアの最大速度であり、 … 「ix1500」で4台目です。 写真スキャンデータ化サービスの節目写真館Copyright © 2012-2020 Photobank Inc. プロが見る!Scansnap ix100とScansnap S1100写真データ化徹底比較, 写真をサクッとデジタル化!コンパクトスキャナーScansnap S1100を試してみた, 2020/11/17(火)迄★送料無料&フォトインテリアプレンゼント【キャンペーン】やってます!. 「ix1500」で4台目です。 これまでスキャンした枚数は40万枚近く。 「ix1500」と「ix500」の違いはいくつかあります。 こんな記事も書きました。 ScanSnap「ix1500」と「ix500」と比較して便利になった3つの機能. Copyright© 経理と総務の効率化 , 2020 All Rights Reserved. ダントツでiX100がオススメ! 価格と見た目の違い. この記事で書いたのは以下の3つの機能 ・ScanSnapix1500のタッチパネル設定のコツは、スキャンの枚数より回数. iX500では1ユーザライセンスですが、iX1500では4ユーザライセンスあり、複数人での使用にも便利です。 「縦筋軽減」機能. 価格:¥16,780(amazon販売価格) iX100はS1100の後継にあたり、約3,000円ほどの価格差になります。 こんにちは!かもしかです。今回は、ScanSnap製品のどれが自分に合っているのかわからない人に向けて、SV600・iX100・iX1500の主要3製品を比較していきたいと思います。SV600iX100iX1500 ちなみに … 持ち運べるモバイルスキャナーのScanSnap iX100を買いました! 容量も無制限で、普通のフォトクラウドサービスにはない機能がたくさんあります。 まずは、比較する大事な要素として欠かせない価格から! scansnap iX100. PFU ScanSnapを買い替えようと思っていましたが、新しい機種が発売されるまで待っていました。 その甲斐があって、いよいよ2018年10月12日に発売しました。 6年ぶりの登場です。 目次. この記事で書いたのは以下の3つの機能 最大給紙枚数50枚 3. 節目写真館はあなたの大切な思い出をデジタル化するスキャンサービスです。 ScanSnap ix1500には4.3 ... 実はScanSnap ix1500より前の機種(ScanSnap ix500やScanSnap ix100など)では、ScanScanp Homeというソフトウェアではなく、 以下の5つのソフトウェアが提供されていた んです。 ScanSnap Manager(スキャン用ソフト) ScanSnap Organizer(ファイル整理ソフト) CardMinder(名刺管理ソフト) ScanSnap Connect Application(wifi用ソフト) ScanSnap Cloud( … ・ScanSnapのダイレクト接続はタブレットに直接送れるので便利 ※上記イメージはix100。, 「ix500」では、スキャンしたPDFをスマホやタブレットで読むには、クラウドサービスやメール、USBでパソコンを接続してといった何かしらを経由しなければなりませんでした。, それが「ix1500」では直接送れるので非常に便利です。 写真・フィルムのデータ化なら コードレスで接続の時間(やストレス)がかからず、スキャン時間も早く、色補正も不要のiX100。 価格 なお、最大給紙枚数は紙の厚さによっても大きく変わります。 限度を超えて給紙することもできますが、紙詰まりや重送がかなり発生しやすくなりますので、50枚程度を目処に給紙するのがよいようです。 液晶画面がついたのに、価格が据え置きというのは嬉しいですね。 【レビュー】PFU ScanSnap iX1500が6年ぶりに発売 . 写真スキャン実績1億枚突破!気になる方はこちらをクリック↓. 写真スキャン1億枚の実績!写真・アルバム・ネガフィルムをスキャンしてデジタル化するサービス「節目写真館」公式サイト, PFUの大人気コンパクトスキャナー「Scansnap iX100」と「Scansnap S1100」2機種で写真スキャンを比較検討します。 この度、scansnap ix100を購入いたしました。 以前から旧型のscansnap s1100を使っていたので 『使い勝手変わるかなー?』と心配していたのですが杞憂でした。 s1100とix100は全くの別物です! バッテリーが付いてWi-Fiが内蔵されスマホ連携すると これほど使い勝手が変わるのかと驚きました。 しかし!時は金なり。 ぜひご検討ください。, また皆さんは古い写真をデータ化したらどのように保存していますか? ぜひ写真をデータ化したあとの管理も見据えてスキャンしていきましょう!, \大量のお写真やアルバム・フィルムのデータ化は/ 2020年、現在の貯金額は250万です。 今の図書館はものすごく便利になってるんです! 1.A3サイズの用紙を折りたたんだ状態でスキャンができる ほぼタイムラグなく取り込むことができます。, サービスを利用している企業から定期的な読み物が送られてくるんですよねー 2.原稿を複数回に分けてのスキャンが可能 私は、S... 少し挑戦的なタイトルですが、 持ち運びできるところもscansnapの大きな特徴ですので、荷物もかさばりません。, さらに、ix100からはscansnapアプリを使用してスマートフォンで操作&スキャンデータをダウンロードすることができます。, 会社の書類を整理したり、ご家庭の場合でも大量の紙モノを整理する際はパソコンの使用が楽かと思いますが、 「ix1500」で4台目です。 これまでスキャンした枚数は40万枚近く。 「ix1500」と「ix500」の違いはいくつかあります。 こんな記事も書きました。 ScanSnap「ix1500」と「ix500」と比較して便利になった3つの機能. (2020年1月更新) スキャンスナップSV600の購入を考えている人にとって、実際、本のスキャンにどれく... こんにちは! 持ち運べるモバイルスキャナーのScanSnap iX100を買いました! 私は、ScanSnap SV... (2020年1月更新) こんな記事も書きました。 ・「ix1500」と「ix500」と比較して便利になった3つの機能 SSCA上でもそのまま読めるのですが、他のアプリでも読むことができます。, ScanSnap ix1500を使って自分の机の上だけでなく、オフィス資料をスキャンしてペーパーレス化をすすめています。 と感じる方は節目写真におまかせください。 先ほどもご紹介しましたが節目写真館ではFushimeフォトというい無料のフォトクラウドサービスがあります。 ScanSnap HomeはiX1500のほかiX500、iX100、SV600、S1300i、S1100でも使えるので、Managerを使っているユーザーは早めに乗り換えるのがおすすめ。早晩Managerの方はアップデート終了するでしょうしね。 ただし注意点が2つ。 今年の目標は2021年までに350万貯めることです。 ... 「たまりにたまっていた書類をなんとかしたい」、「本を電子化したい」と思い、ず... こんにちは! スマートホンに転送する?PCに保存して終了? 読み取り光源・光学系・光学解像度 2. 2018年10月17日. 年収は250万円ほど これまでスキャンした枚数は40万枚近く。, 「ix1500」と「ix500」の違いはいくつかあります。 変更がなかった主な点は次のとおりです。 1. これについては、最後のまとめで説明していきます。, 製品によって長所、短所があるので、失敗しない買い物ができるよう参考になれば幸いです。, と言っても、電子化するには時間がかかるんでしょという方には、こちらの記事を紹介します。, ※ iX100やiX1500でもA3サイズの書類をスキャンすることはできますが、別売りのキャリアシートが必要になります。, その点、SV600はオプション品を購入することなく、あらゆるサイズがスキャン可能な点で、他の2つの製品より優れています。, A4やA3サイズなどの書類だけでなく、パンフレットなど決まったサイズがなくても、A3サイズより小さければ、大体スキャンできます。, SV600は無線で使うことはできず、パソコンにUSBケーブルを繋ぐ有線接続でのみ使用可能です。, スキャンの手軽さという点では、無線接続が可能なiX100・iX1500より劣っていると言えます。, 使い方としては、こまめにスキャンするというよりも、書類をまとめてスキャンする方法が適していると言えます。, スキャナーとアクセスポイントを繋げば、パソコンやスマホを起動することなく、「レシート」「名刺」「文書」「写真」に自動で仕分けして、それぞれのクラウドサービスにデータを転送できる機能です。, ScanSnap Cloudには非対応のため、会計管理ソフトや名刺管理ソフトと連携して使うことはできません。, ただ、名刺をスキャンした場合は、ScanSnap製品共通のソフトウェアであるScanSnap Homeが, 「名前・会社名・住所・電話番号」などを自動で読み取って仕分けしてくれる機能があるため、名刺管理ソフトを使わなくても管理は可能です。, ScanSnap iX100についてはレビュー記事がありますので、興味がある方はこちらも参考にしてみてください。, 家でスキャンする場合も、iX1500・SV600と比べてスペースを占めることがないので、その都度、取り出して、どこでもスキャンが可能です。, ScanSnap Cloudに対応しているため、様々なクラウドサービスと連携可能です。, ついつい貯まってしまいがちな名刺やレシートをこまめにスキャンして、自動で振り分けてくれるのはとても便利です。, iX100でスキャンするには、スキャナーに1枚1枚、手動で差し込む必要があります。, 差し込み口はA4サイズが通るギリギリのサイズなので、スキャナーに対して書類を水平に入れないと、中でグチャグチャッとなります。, A4の書類なら最大50枚まで、スキャナーにセットすれば勝手にスキャンしてくれます。, 同じサイズの書類を大量にスキャンすることが多い方は、このスキャナーが適しています。, iX1500はタッチパネル搭載なので、パソコンやスマホは必要なく、スキャナーだけで完結します。, アクセスポイントがあって、常にスキャナーがネットに繋がっている状態なら、タッチパネルでスキャンの設定を選べば、それだけでスキャンが完了します。, iX100もネットに繋がっていればそれだけでスキャンすることは可能ですが、iX100を取り出して、手動で1枚ずつ通すとなると、スキャンするまでのハードルは、iX1500の方が断然低いと思います。, iX1500のデメリットはiX100やSV600のメリットが得られないということです。, iX1500でも書籍の電子化はできますが、そのためには、書籍を裁断する必要があります。, 図書館で借りた本なども、あくまで私的利用で使う範囲内であればスキャンして電子化することも可能ですし、購入した本は、電子化した後でフリマアプリで売買することも可能になります。, ただ、この点は書籍を裁断するのに抵抗がない方なら、デメリットにはならないかもしれません。, iX1500は、家に設置するタイプのスキャナーなので、設置するためのスペースが必要になります。, iX100であれば、使うときにどこでも取り出して、スキャンすることができるため、スペースを空けておく必要がありません。, いつでもどこでも持ち運んで、こまめにスキャンしたいという方にはiX1500は不向きと言えます。, この表を見ると、「SV600」と「iX100、iX1500」はお互いに機能を補い合っていることがよくわかります。, どちらの利点をとるかは人それぞれだと思いますが、私の場合、「大量の書類」は自動給紙機能とスキャン機能のついたプリンターを買えば、事足りると考えました。, あとは、SV600とiX1500の2つのスペースを確保するのは難しかったのと、金額の問題もありました。, 私も最初にSV600を買う前は、楽天市場にあったレンタル品を2週間ほど使った上で購入を決めました。, 【レンタル】スキャナー レンタル 自炊 7泊8日 FUJITSU 富士通 ScanSnap SV600 スキャンスナップ A3 片面 ドキュメントスキャナ オーバーヘッドスキャナ 簡単 電子化 600dpi USB2.0 非接触型 USB接続 本 雑誌 PDF 高性能 自炊スキャナ, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 節約・投資・副業に励む20代会社員です。 そんな方に向けて、「写真スキャンのプロの目線」で語っていこうと思います。, iX100はS1100の後継にあたり、約3,000円ほどの価格差になります。 ScanSnap ix1500のダイレクト接続はビジネス資料をタブレットに直接送れるので便利, ScanSnap Homeヘ移行して発生した文字化けタグ。削除できるけど一括削除できない(2018/10/25現在), コメント機能・変更提案機能を利用すればGoogleスライドでのマニュアル運用が格段に効率化される, コメント機能・変更提案機能を利用すればGoogleドキュメントでのマニュアル運用が格段に効率化される, CSVをExcelで開くと文字列が数値(文字化け)になるのを防ぐ方法(練習データ付). 「節目写真館」にお任せください, 写真もフィルムもアルバムも、お家の写真まるごとデジタル化! 3.タッチパネルで保存先が選択可能に, 「ダイレクト接続」とはScanSnapからスマホやタブレットに直接PDFを送ることができる機能です。 けっこうためになる情報が載っていたりするのですが、すぐに読まないと読むタイミングを失って、そのまま読まずじまいということが多々あります。 確かにS1100は少し安く、お金は大事です。 「ix100」でも可能な機能ですが、「ix100」では大量の資料をまとめてスキャンするのは面倒ですし、時間がかかりますので同じような使い方は難しかったです。, ちなみにスキャンしたデータが送られるスピードはかなり早いです。 今回は、ScanSnap製品のどれが自分に合っているのかわからない人に向けて、SV600・iX100・iX1500の主要3製品を比較していきたいと思います。, 2つ持っているのは無駄じゃないかと思われるかもしれませんが、この組み合わせはすごくおすすめです。 もうS1100には戻れない、というくらい驚くべき進化を遂げています。本当にオススメです!, これからscansnapの購入をお考えの方、S1100を持っていて買い替えを検討している方はぜひ参考にしてくださいね。, やっぱり家にたくさん写真があって自分でスキャンするのは時間と労力がかかりそうだなぁ… こんにちは!かもしかです。今回は、ScanSnap製品のどれが自分に合っているのかわからない人に向けて、SV600・iX100・iX1500の主要3製品を比較していきたいと思います。SV600iX100iX1500 ちなみに、私は、iX10 正直3,000円くらいであれば大きな差でもないのかな・・・と感じました。, サイズについてはあまり大きな違いはありません。iX100の方が少し厚みがありました。, iX100はバッテリー内蔵になっているためひと回り大きく、少し重くなっています。(そこまで気にならない程度ですが・・・), 1番の大きな違いはここです!ここだけで比べても良いと言っても過言ではありません!!