信頼関係はドメインリソースへのアクセスに直結するため原則片方向とし必要の無い方向の信頼関係は構築しない様にするのが推奨されています。 No click, no charge. 一応以下に記載しておきます。, ユーザーアカウントの Kerberos 事前認証を有効にします。 ここに記載が無い権限は許可されていませんよ、とはっきり書いてあります。詳しく見てみましょう。, まずは、デフォルトで作成されるOUやグループをご覧ください。AWS ReservedというOUが作成されています。Adminユーザには、当然このOUに対する操作権限はありません。, Adminユーザの管理対象は、AWSが自動で作成してくれる専用のOU(下記画面の例では、msad.local/msad/)配下の、ComputersとUsersのみとなります。Adminユーザの権限でドメイン参加したコンピュータや作成されたドメインユーザは自動的にこちらのOU配下に作成されます。, Adminユーザが所属しているグループは下記となります。詳細は不明ですが、概ね管理対象はその名前から想像がつきますね。専用のOU(今回の例ではmsad.local/msad/Users/)配下のグループに対する操作は可能ですので、その他の作成したドメインユーザもこれらのグループに所属させれば、役割を分けて管理することができそうです。, DNSも同様にDNS管理ツールをインストールしてドメインコントローラに接続することで利用できます。こちらは概ねほとんどの操作を行うことができそうです。Simple ADでは利用できなかった、レコードの自動更新や条件付フォワーダ設定も動作確認ができました。DNSサーバのプロパティを参照しようとすると、動作がやけに重たいところだけご注意ください。, グループポリシーの管理(GPMC)も確認してみます。ADUCで確認した通り、特定のOUにしか操作権限無いところは同じですが、こちらはちょっと注意が必要です。デフォルトで、5つのポリシーオブジェクトが作成されており、下記画面の通り、各OUにリンクされています。, 用意されている管理ユーザであるAdminユーザがポリシー制御できるのは、特定OU配下のComputersとUsersのみです。Domain ControllersのOUに対しては変更権限がありませんので、ドメインアカウントのパスワードポリシーやロックアウトポリシーはDefault Domain Policyで設定済のものから変更する術がありません(今後のサービスアップデートで変更される可能性がありますが、少なくとも執筆時点ではできません)。その他、グループポリシーで制御したいポリシーの要件に合わせて細かく検証してみる必要がありそうです。, こちらは、Simple ADとも共通なところですが、Managed Serviceならではの利点であり、制約ともなります。, バックアップとしては、AWS Directory Serviceが提供してくれるスナップショット機能を利用しましょう。注意すべきところは、スナップショットが5世代までという点と、本体を削除するとスナップショットも削除され、別リージョンや別アカウントに移行する機能が提供されていないという点です。, AWS Directory Serviceの制限については、下記公式ドキュメントをご確認ください。, そもそもDirectory削除と共にスナップショットも削除されてしまう為、起動済みDirectoryへの上書リストアのみ可能です。不整合が発生したり、ということは考える必要が無い代わりに、Directoryを削除してしまうと全て消えてしまうというところは注意が必要です。, 下記記事でもご紹介したのですが、AWS Directory ServiceコンソールからはSecurity Groupの操作はできません。VPC外との連携が必要となる場合には、作成されたENIを確認して、割り当てられたSecurity Groupに適切な権限が設定されているか確認し、必要に応じて修正して利用しましょう。, Microsoft ADの構築は非常に簡単ですが、利用できるようになるまで30分程度かかります。ご注意ください。, せっかくなら運用を任せられるManaged Serviceを利用したいところですが、便利な反面、制約もあることもわかったので、要件に合わせて上手く選択したいですね。公式ドキュメントでは、管理対象のユーザ数を基準に使い分けるようなガイドになっていますが、Simple ADや、AD on EC2も視野に入れつつ、適切なサービスを選定して利用する必要がありそうです。, 今回まとめた内容は執筆時点での情報となりますので、制約事項等は今後のリリースで、より利用しやすくなっていく可能性もあると思います。あくまで参考情報とお考えください。, AWS再入門 AWS Directory Service 編 | Developers.IO, AWS Directory Service(クラウド上の管理型ディレクトリ) | AWS, Admin Account Permissions (Microsoft AD) - AWS Directory Service, AWS Directory Service Limits - AWS Directory Service, AWS Directory Service(Simple AD)を利用したオンプレミスからのPrivate Hosted Zone名前解決 | Developers.IO, Create update, or delete users, groups, and computers, Add resources to your domain such as file or print servers, and then assign permissions for those resources to users and groups in your OU, Restore deleted objects from the Active Directory Recycle Bin, Run AD and DNS Windows PowerShell modules on the Active Directory Web Service, Manage DNS configurations (Add, remove, or update records, zones,and forwarders), msad.local/AWS Reserved/AWSAdministrators, 手動スナップショットは任意のタイミングで最大5つまで作成可能(上限緩和申請の可否については), Directory本体を削除すると、スナップショット(自動/手動ともに)は全て削除される, スナップショットを他のAWSアカウントと共有、エクスポートする手段は提供されていない, 上限緩和申請メニューから、Simple ADの手動スナップショットは選択できることを確認、Microsoft ADについてはメニューには存在しないが、申請可能かは未確認. Microsoft AD DNSサーバーのIPアドレスはマネジメントコンソールから取得可能です。, 上記の情報を踏まえて、オンプレ環境のドメインコントローラーで以下のPowerShellコマンドを実行します。, 続けてオンプレ側で入力方向の信頼関係を構築します。 AD DS: セキュリティ信頼されたドメインのリソースにアクセスすると、Kerberos の「サポートされていない etype」エラーが表示される . Whether that is working with a fixed budget or trying to hit a cost per acquisition or action, Microsoft Advertising gives you the control to make that happen. AWS Directory Service: 新製品の「Microsoft AD」を試す Microsoft ID プラットフォームにより、開発者は、ユーザーや顧客が各自の Microsoft ID やソーシャル アカウントを使用してサインインできるアプリケーションを構築できます。 AWS Directory Serviceが何だかわからない、Simle ADとMicrosoft ADの違いは何?、という方は、koyamaさんが書いてくれた、AWS再入門 AWS Directory Service 編 | Developers.IOにまず目を通していただくことをお勧めします。 その他のスライド等の資料はMicrosoft ADがリリースされるタイミングよりも少し古いものしか見つからなかったので、公式ドキュメントをお読みいただくのが良いと思います。 1. 化をサポートするように信頼を構成します。. MEASURE PERFORMANCE. AWS Managed Microsoft AD(以後Microsoft AD)では既存のドメインと連携したい場合は信頼関係を構築します。 しばたです。 AWS Managed Microsoft AD(以後Microsoft AD)を試してみた記事は2015年にサービスがリリースされた直後に弊社トランによって公開されていてるのですが、2019年現在マネジメントコンソールのUIも若干変わっており改めて入門記事を書いてみます。. ONLY PAY FOR CLICKS. これは、Active Directoryでは自身のドメインに対するDNSはドメインコントローラーが担うため、互いのドメインに対しては条件付きフォーワーダーを設定してやる必要があるためです。, を把握しておく必要があります。 The admin account also lacks permissions for any directory-related actions outside of your specific OU, such as on the parent OU. デフォルトでは有効になっているので基本的には作業不要です。, まずはオンプレ環境のドメインコントローラー上でMicrosoft ADに対するフォーワーダー設定を実施します。 西澤です。まだまだ細かく触れていないAWS Directory ServiceのMicrosoft ADですが、Simple ADとは違って、実体がMicrosoft Windowsでできているから、ADでできるほとんどのことは実現できるだろうと思っていたら、少々注意が必要なようです。お客様向けにまとめる機会がありましたので、改めて整理しておきたいと思います。, AWS Directory Serviceが何だかわからない、Simle ADとMicrosoft ADの違いは何?、という方は、koyamaさんが書いてくれた、AWS再入門 AWS Directory Service 編 | Developers.IO にまず目を通していただくことをお勧めします。, その他のスライド等の資料はMicrosoft ADがリリースされるタイミングよりも少し古いものしか見つからなかったので、公式ドキュメントをお読みいただくのが良いと思います。, 昨年末に満を持してリリースされたMicrosoft ADですが、利用できる管理者アカウントは、Administratorユーザではありません。AWSにより権限を絞られたAdminユーザです。この権限制御は一体どのように実現されているのか、管理ツールを導入してADユーザとコンピュータから確認してみます。公式ドキュメントではこんな記載になっています。. Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD 1 百万ドル以上を投資しています。; Microsoft では、3,500 名を超えるセキュリティ エキスパートが、お客様のデータとプライバシーの保護にあたっています。 Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回る数の認定を受けています。 本記事の内容を参考にすれば全ての作業をPowerShellで行うことも可能です。(さすがにそこまではやりませんでしたが...), あと、今回は軽く流してますがActive Directoryは使用するプロトコルが多いためセキュリテグループやオンプレ側ファイアウォールによる通信制御の設定がかなり面倒です。 Actions not listed here are not allowed for the admin account. AWS Managed Microsoft AD(以後Microsoft AD)では既存のドメインと連携したい場合は信頼関係を構築します。 信頼関係を構築する手順については以前にDevelopsers.IOでも弊社加藤による記事が公開されているのですが、私からも改めて手順を紹介したいと思います。 AWS Directory Service(クラウド上の管理型ディレクトリ) | AWS このためMicrosoft ADと既存のドメインを連携させたい場合は信頼関係を構築する必要がでるわけです。, Microsoft ADでは「片方向」「双方向」の両方向の信頼関係を構築する事ができます。 このセキュリテグループは、, となっているため、信頼関係を構築する際はオンプレ側ドメインコントローラーへの通信を許可してやる必要があります。, (IPを絞る方がセキュリティ的には良いが今回はサブネット単位で通信を許可。192.168.0.0/16がオンプレ側サブネット), Microsoft ADのインバウンド通信は自動生成されるセキュリテグループに従う形で問題ありません。 Microsoft ID プラットフォームとは What is the Microsoft identity platform?. 下図の様に入力方向の信頼関係が作成されます。, 続けてMicrosoft AD側で出力の信頼関係を構築します。 本記事の内容を実施してエラーになったり意図した挙動にならない場合は通信が正しく行われているかを確認すると問題が解決することが多いんじゃないかと予想します。, セキュリティとの兼ね合いもあり大っぴらにお勧めはできませんが、個人的な気持ちとしては、ドメインコントローラー同士はすべての通信を許可するくらいのほうが運用やトラブルシューティングは楽になるんじゃないかと思います。, Active Directory ドメインと信頼関係用にファイアウォールを構成する方法, インバウンド通信はActive Directoryで使うポートを 0.0.0.0/0 で公開. Microsoft ADの設定画面では信頼関係の構築と同時に条件付きフォーワーダーの設定も行う形となります。, マネジメントコンソールから当該ディレクトリを選択し、「ネットワークとセキュリティ」欄に信頼関係の設定画面がありますので、「信頼関係の追加」ボタンをクリックします。, すると信頼関係の設定ダイアログが表示されますので、以下の様に必要な情報を入力します。, しばらく待つとステータスが「検証済み」になりますので、これで信頼関係の構築は完了となります。, ちなみにRSATを使ってMicrosoft ADの情報を確認すると、下図の様に出力方向の信頼関係がちゃんとできているのがわかります。, (なお、RSATではあくまでも参照のみ可能でここから設定を変更しようとしてもアクセス権エラーとなります), 補足として、AWS Tools for PowerShellを使ってMicrosoft ADの信頼関係を構築する場合はNew-DSTrustを使います。, ざっとこんな感じです。 07/09/2020; この記事の内容. 信頼関係を構築する手順については以前にDevelopsers.IOでも弊社加藤による記事が公開されているのですが、私からも改めて手順を紹介したいと思います。, 具体的に明記されているドキュメントを見つけることはできなかったのですが、Microsoft ADはマネージドサービスである都合シングルフォレスト・シングルドメイン構成を強制されます。 (例外はAWS SSOで、AWS SSOを使用する際にMicrosft ADとオンプレADの信頼関係を構築する場合は双方向の信頼関係を結ぶ必要があります), また、信頼関係の種類には「フォレスト信頼」と「外部信頼」の二種類ありますが、Microsoft ADでは両者の信頼関係をサポートしています。, 本記事では以前の加藤の記事の内容を踏まえてMicrosoft ADとオンプレAD間で信頼関係を構築する手順を解説しようと思いますが、オンプレ環境を用意するのが難しかったため、別VPCをオンプレ環境に見立てVPC Peeringでオンプレ環境↔AWS環境間の接続を再現します。, オンプレ想定VPCにcorp.shibata.techドメインを、Microsoft ADはaws-tokyo.shibata.techドメインをあらかじめ構築しておき、ここをスタート地点としてaws-tokyo.shibata.techからcorp.shibata.techへの片方向のフォレスト信頼関係を構築してきます。, ※これはあくまでもAWS側からオンプレ環境に対する最低限の設定であり、利用する機能によっては追加のポートを開ける必要があります。, Microsoft ADを構築した際はそれ用のセキュリテグループが自動生成されます。