いよいよ新シリーズ『パーティクル入門』が始まりました。全部で 11 回のシリーズです。今回は、これからチュートリアルで使われる重要な用語について説明されています。, 原題 Introduction Particles 1 – Particle Terminology, [1]パーティクル (Particle) パーティクルの様相を調節するためのものです。各エミッタにつき、複数のモジュールが並んでいます。Lifetime (寿命)、Initial Size (初期サイズ) など多数あります。 これは、先ほど出てきた「エミッタ アクタ」とは異なります。エミッタアクタはシーン内に配置するものでしたが、このエミッタは、パーティクルを放出 (emit) する時の 1 つの側面 (aspect) を表現するものです。具体的に、爆発エフェクトの場合で考えてみます。爆発には、「火花」(Sparks) という側面、「煙」(Smoke) という側面、「火の玉」(Fireball) という側面などがあります。これらが、エミッタとして、カスケードの中に配置されます。1 つの柱が 1 つのエミッタです。 ゲームに欠かせない敵キャラやNPCは、全てプログラミングによって移動などの制御を行っています。今回は簡単なAIを作成することで、UE4におけるAIControllerやビヘイビアツリーについて解説していきます。作成するAIはリスポーンした位 執筆バージョン: Unreal Engine 4.21 初めまして、王様です。 初めてブログ書きますが、折角なのでNiagaraに触れてみようと思います。 こんな感じに飛んでる粒子が突然MESHの形になるエフェクトを作ってみます。 以下のステップを踏んて、エフェクトを作成します: 1. チュートリアル動画で実習, パーティクル, ビデオの内容紹介  最近UE4を触る機会が減って申し訳無さMAXのなっつーです。, UE4アドカレ書くためにやろうと思ってた通信系のネタは試す時間がなかったのですが、, 自分がUE4を始めたときにどんな感じでやっていったかを記憶の限りで書いて見ようかと思います。, ・当時は開発と全然関係ない建物管理の仕事やってました。(強電・空調・衛生・通信とかインフラっぽいやつ), ・開発用のPCを持ってなかったので、VR機材(当時はOculusRiftDK2)とVR開発用PCを一式購入。, 基本は分かりやすく幅広い内容が書いてあるので後から見返すことが多くてよかったです。, VR開発者のもくもく会やゲームジャムに参加してみたり(今思うとこの時のもくもく会で会った人たちはすごい人たちだった。)、, VRが体験できるイベント(OcufesとかDCEXPOとか)も色々遊びに行って体験しに行ってました。, 今日の進捗です。win10だとXboxアプリ登録すればwindows+Alt+Rで動画キャプチャ開始/中止が標準でできるからいいね。 #kosugivr pic.twitter.com/vGBE7JFmbG, 2015年11月 VRまつり2015秋 の懇親会にてVR内を自由に動いてオセロができる「アクションリバーシ(仮)」, 明日のVRまつり2015秋の懇親会にてデモ展示します。酔い対策はできてるはずなので、Oculus警察の方々の指摘お待ちしております。爆発しながらリバーシできます。なお、クオリティは・・・(  #vrfesjp pic.twitter.com/TwKYiOnTGJ, 展示メインだったから懇親会であんまり人と話せなかったけど、今の自分にとっては情報を得るより展示する体験の方が大切なのは間違いなかった。, 展示できるようなものを作るのはすごい勉強しないといけないんじゃないか見たいなことを思う人もいると思いますが、当時の僕のレベルはこういうあたり前のような関数も知らない程度なので大丈夫です。, UE4のBPには配列を全部回してくれるForEachLoopなんて便利なものがあるのかと感動してたら、他の言語でも普通にあった。世の中便利な関数多すぎません?, 自由に駒を動かせるようになりました。ルール無視のなんでもやり放題 #VRチェス pic.twitter.com/8Lig1wnQwW, そしてそして、2016年2月には初の一般向けの展示で「Ocufes Final」に出展しました。, ゲーム内にチュートリアル作成する余裕がなかったので、Ocufes用チュートリアル動画つくりました。始める前にこれを見せたから体験してもらえば大丈夫なはず・・! #Ocufes準備 pic.twitter.com/Scnyr4SLxY, 【告知】「ナイトは皆を守らナイト」明日2月20日(土)のみ、OcuFes Finalにて展示。簡単操作で楽しめるVR アクションゲームです。5分くらいで楽しめます! https://t.co/41QERplk2f #Ocufes pic.twitter.com/xNHhE7WL9m, 仕事しながらだったのでかなりきつかったですが、無事31個のプロトタイプを作り終えましたと。, 長くなってしまうのでここで終わりにしますが、初心者が開発始めてからここまでが8ヶ月くらいです。, ひたすら展示したりアウトプットしたりして、作りたいものをつくるためにはUE4でどうやったらいいかを調べて、, こんな感じに自分がどういう風にやってきたかを振り返るときに便利なのでおすすめです。, ということで、UE4には思い入れがあって、また色々作ってみたいなと感じているので、, 個人で平行2ライン開発みたいな感じになりそうですがボチボチ触っていこうと思います。, Unreal Engine 4 (UE4) Advent Calendar 2017. 前回は、変数というものを作ってみました。今回はこれを発展させて配列の基本をマスターしましょう。前回、変数は 2 つ作りましたね。ここでもう一つ作ってみます。作り方は前回と同じです (忘れた方は前回のページを振り返ってくださいね)。変数の名前 エミッタのパラメータをブループリントやコードから制御するためのものです。, ④ Distribution Float Uniform 通常、何も指定しなければ、エミッタが出すパーティクルはスプライト タイプです。つまり小さな板状のものが常にカメラに正対する仕組みでパーティクルを表示しています。, これに加えて UE4 では、特殊なタイプのデータとしてパーティクルを出すことができます。それを指定できるのが、この TypeData モジュールです。 煙や爆発、霧などを表現するための空間上の点のことです。スタティック メッシュとして、スプライト (常にカメラに正対する平面状の描写物) として描くことができます。, [2]パーティクル システム (Particle System) Required (必須) モジュールと Spawn (スポーン) モジュールは常に自動的に含まれます。また、これらは削除できません。右クリックして Delete Module (モジュールを削除する) をクリックしても、 時間 (横軸) によって値 (縦軸) が変化するグラフ (曲線) 上の点を返します。(Curve Editor を使って編集します。) たとえば、パーティクルの色を変化させる場合、時間の経過にしたがって、色の値を変えることになります。その場合、ある時間とある色の値を対応させることになりますが、それをグラフ (カーブ) にしているわけです。ここで Constant となっているのは、パーティクルが生きている間、ある時間に対応する色の値がランダムに変わることなくいつも同じになるということを言っています。, ③ Distribution Float Particle Parameter Other brands or product names are the trademarks of their respective owners. ビデオの内容紹介 いよいよ新シリーズ『パーティクル入門』が始まりました。全部で 11 回のシリーズです。今回は、これからチュートリアルで使われる重要な用語について説明されています。原題 Introduction Particles 1 - !】 5.1 干し柿作り方の注意点、おさらい。 5.1.1 ・ピーラーがあるとラク; 5.1.2 ・紐を結ぶのはナイロンテープで2重が好ましい; 5.1.3 ・雨に打たれないよう注意する(雪もng! キーワード (Required モジュールと Spawn モジュールは削除できません。), それ以外のモジュールは、右クリックして Delete Module (モジュールを削除する) をクリックすると削除できます。, また、あるエミッタを選択状態にして右クリックすると、 PositionのPinだけを追加します。, NiagaraEmitterに戻って、 NiagaraModuleScripで自作したModuleを適用させよう。, Particle Update の右の+ボタンを押して、My Niagaraをサーチして、適用します。, Curve は粒子がどのタイミングでMESHの形になるのをTimeLineで設定できる。, Mesh 粒子はDefault Meshに設定されたMeshの形になります。好きなMeshを設定しよう。, ちゃんとモジュールの設定をしてたら、パーティクルはこんな動きになります、これでエフェクトが完成します。, 今回はNiagaraに軽く触ってみた、NiagaraはCascadeよりも複雑そうに見えるですが、Moduleを自作できる分、楽しさも倍増したように思えます。, [UE4] Spatial Reality Display 制作事例 – 気をつけるべき5つのポイント. GPU で計算するため、一度に描画されるパーティクルの数が飛躍的に増えます。, ③ Mesh Data 注意すべきことは、モジュールは一番上から一番下に向かって実行されていくので、もしも、次のように同じモジュールがある場合は、下の方にあるモジュールによって上のモジュールが上書きされてしまうということです。, [8]TypeData モジュール