Excel VBA マクロの列を削除する方法を紹介します。Columns.Delete メソッドまたは Range.Delete メソッドで列を削除できます。  Application.ScreenUpdating = True Dim ZPOS As Double MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ") ≪例1≫ End Sub, Worksheets("シート名").Activate Sheet1(Sheet1以外は対象外)のB列に (または対象.delete -4162), 4159とか4162とかはモールス信号みたいなもので、数字自体に意味はありません。これだと覚えにくいので作られたのがxl~の引数で、こういう変更できない予め用意された変数を「組み込まれた」「定められた数」=組み込み定数と呼びます。, Deleteメソッドはセルの他にもオブジェクト全般削除に用いますが、ワークシートの削除の場合には警告メッセージが表示されて結局手動になるので、一手間かける必要があります。 変数は""でくくってはダメです。  MsgBox ("完了") この機能先日知りまして、よく知らないまま記事を書き出したのですが見事に失敗しています。ご参考までにそれも含めてご紹介しています。. [スポンサーリンク] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Excel97以降、標準モジュールに書いたVBAコードは、Excelの拡張子が「.xlsx」のままでは保存できません。そこで、この記事ではVBAコードが記載されたExcelファイルの作成方法についてご ... ワークシート上のレコードを確認しやすくしたり、見栄え良くしたりする目的でよく行われる行高さ変更のサンプルコードす。 ショートコードでは使われることは少ないですが、一連の集計をVBAで実行した最後に、報 ... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); DO 〜 Loop文は、繰り返し集計処理をするためのVBA基本コードです。そして、Do ~ Loop文は、繰り返し集計処理を抜けるための条件設定がいくつかあります。本記事では、それらの条件設定について ... VBAコードの可読性、高速化、コーディング効率を向上させるWithステートメントの使い方を分かりやすいサンプルコードで解説します。 VBAコードの可読性を上げる方法の一つとして、適切なコメント文の使用 ... 集計対象レコードのうち、特定の値を含むレコードを削除するVBAサンプルコードをご紹介します。データクレンジングなどで、集計対象外のデータを含むレコードをあらかじめ削除しておきたい場合などにも利用できま ... 集計対象のレコードの合間にある不要な小計行を削除するサンプルコードです。人からもらったExcelシートのデータに、いくつかのグループ毎に集計された小計行を見かけることがあります。 データ整形をする場合 ... SELECT文は、集計対象レコードのデータの値によって処理を分ける事ができるVBAの基本コードです。分岐条件が多い場合、同じ分岐処理をするIf文よりもコードがスッキリします。 また分岐条件の指定方法に ... 文字列の中から任意の文字位置を数値で返すInstr関数とInstrRev関数を使って、セルの中にある不要な文字列を排除するサンプルコードです。 同じことを、Mid関数とLen関数でもできますが、Ins ... VBAに限らず、どのプログラミング言語を学ぶにも、実際にコードを書いて動かしてみることが、早く上達する近道だと考えています。本記事から、さっそく手を動かしVBAコードを書き写してから、実行結果を確認す ... 実務で扱う集計データが入力されたExcelシートは、たいてい横に長く、多くの見出し項目を持っているものが少なからずありますよね。そのようなExcelシートに対して、VBAコードを組む際はいつもExce ... Copyright© 集計用VBAサンプルコードをやさしく学ぼう , 2020 All Rights Reserved.  Application.ScreenUpdating = False ですね。 と書いておけば安心です。        : XYZ A列     B列     C列       また、「特定の文字があれば」というのが、その文字列を含む、というのでなくセルの値がその文字列ならば、というのであれば、LookAt:=xlPart の部分を LookAt:=xlWhole に書き換えてください。 > Rows("gyou1:gyou2").Select 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); 以下については、リンク先よりお願い致します。----------------------------------------------------------------. >でエラーがでます。(実行時エラー’1004’’cells’メソッドは失敗 という文字があった場合、その行をすべて削除する   .Range(.Cells(8, 1), .Cells(1587, 2)).Select   Columns("B:B").Select Privateとすると「同じモジュールの中からしか呼び出せないプロシージャ」となります。 というわけです。 gyou2 = gyou2 + 1 vbaコードで特定の列を削除するサンプルコードをご紹介します。不要な項目列を多く含む集計対象レコードから、削除したい列の項目名をif文で条件判定しながら列の削除が出来るようになります。 Excel VBA マクロのエラー 9 「インデックスが有効範囲にありません。」の対処法を紹介します。配列やコレクションのインデックスが要素数より大きいときに発生します。存在しない名前をコレクションに指定しても発生します。