この表はVBで用意されている全データ型の基本的な情報です。 データ型 名称・読み方 小数 負数 正確 値の範囲; Boolean: ブール型 … Visual Basic 4.0. 32 ビット版と 16 ビット版の Windows プログラムを開発できる最初のバージョンとなった。爆発的に普及が始まったWindows 95用のアプリケーション開発環境の一つとしてリリースされた。 VBの種類やバージョンによって使用できる関数が若干違いますので、使用の際には以下表を参照下さい。, ※ VB.NET 以降では .NET Framework クラスライブラリの Math クラスメソッドに変更されました。, 配列を格納したバリアント型の値を返します。※ VB.NET 以降ではこの関数はサポートされていません。, 指定した文字に対応する文字コードを返します。※ AscB 関数は VB.NET 以降ではサポートされていません。, 引数を評価して通貨型(-922,337,203,685,477.5808 ~ 922,337,203,685,477.5807)を返します。※ VB.NET 以降ではサポートされていません。, 引数を評価して倍精度浮動小数点数型(-1.79769313486232E308 ~ -4.94065645841247E-324)を返します。, 引数を評価して長整数型(-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647)を返します。, 引数を評価して単精度浮動小数点数型(-922,337,203,685,477.5808 ~ 922,337,203,685,477.5807)を返します。, 引数を評価してバリアント型を返します。※ VB.NET 以降ではバリアント型は廃止となった為、この関数も廃止となりました。, 現在の日付を文字列で返します。※ VB.NET 以降では now プロパティ、Today プロパティに変更されました。, Windows レジストリのアプリケーションの項目から、セクションまたはキー設定を削除します。, 発生したイベントがオペレーティングシステムによって処理されるように制御を戻します。, ※ VB.NET 以降では .NET Framework クラスライブラリの Application クラスメソッドに変更されました。, ランダムアクセスモードまたはシーケンシャル入力モードで開いたファイルの現在位置がファイルの末尾に達している場合に True を返します。, 指定したエラー番号に対応するエラーメッセージを返します。※ VB6 以前では Error 関数が同じ機能を提供していました。, ※ VB6 以前では Open ステートメントで開いているファイルのファイルモードを返します。, ※ VB6 以前では Open メソッドで開いたファイルに対しての制御を行います。, シーケンシャル入力モードで開いたファイルから、指定した文字数の文字列を読み込みその値を返します。, 指定したバリアント型変数が Empty 値かどうかを判定し、結果をブール型で返します。, Open 関数で開いたファイルの一部または全体に対する他のプロセスからのアクセスを制御します。, FileOpen 関数で開いたファイルの、現在の読み込み位置または書き込み位置を示す値を返します。, ※ VB.NET 以降では .NET Framework クラスライブラリの Math クラスの Sign メソッドに変更されました。, ※ VB.NET 以降では .NET Framework クラスライブラリの Math クラスの Sqrt メソッドに変更されました。, 当サイトに掲載されている全ての記事は CC-BY-SA ライセンス の下 Open Reference 運営事務局によって管理されています。, ※ VB.NET 以降ではバリアント型は廃止となった為、この関数も廃止となりました。, ※ VB.NET 以降では now プロパティ、Today プロパティに変更されました。, ※ VB.NET 以降では、.NET Framework クラスライブラリの Control クラスの ImeMode プロパティに変更されました。, ※ VB.NET 以降では .NET Framework クラスライブラリの Math クラス, 定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の将来価値を返します。, SaveSetting 関数で保存したレジストリデータから指定のキー設定値を返します。, テキストボックスを持つダイアログボックスを表示して、ユーザーから入力された値を返します。, Input モードまたは Binary モードで開いたファイルから読み取った文字列を返します。, 定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の投資期間内の指定した期に支払う利息を返します。, 指定した値が System.DBNull クラスとして評価できるかどうかを判定し、結果をブール型で返します。, 指定した値が Error 値(例外型)かどうかを判定し、結果をブール型で返します。, プロシージャに省略可能な引数が渡されたかどうかを判定し、結果をブール型で返します。, 指定した値がオブジェクト型(またはオブジェクトを参照しているバリアント型)かどうかを判定し、結果をブール型で返します。, シーケンシャル入力モードで開いたファイルから行全体を読み込み、その文字列を返します。, ダイアログボックスにメッセージとボタンを表示し、クリックされたボタンに対応する値を返します。, 定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の投資に必要な期間を返します。, 定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の投資に必要な定期支払額を返します。, 定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の指定した期に支払う元金を返します。, 定額の支払いを一定期間続けたとき、その期間中の利率が一定だった場合の現在の投資価値を返します。, 指定した実行可能なプログラムを実行し、そのプログラムが実行中である場合、プログラムのプロセス ID を格納する整数を返します。, Print 関数または PrintLine 関数と共に使用し、指定した数のスペースを挿入することで出力の位置を移動させます。, 式のリストを評価し、リストの中で真(True)となる最初の式に関連付けられた値を返します。, Print 関数または PrintLine 関数と共に使用し、指定した数のタブを挿入することで出力の位置を移動させます。. 対応する.NETのバージョンは.NET Framework 3.5(.NET 3.5は3.0および2.0の完全なスーパーセットのため、3.0および2.0のアプリケーション開発も可能となっている)。, 対応する.NETのバージョンは.NET Framework 4.0(3.5、3.0、2.0での開発も可能)。, C#の言語設計者として知られるアンダース・ヘルスバーグ氏が設計に携わり、VBとC#との間の言語間の格差の低減が図られるようになった[11] [12]。, .NET Framework 4.5とともに公開。Visual Studio 2012に同梱される。, C# 5.0同様、非同期プログラミングを言語仕様レベルでサポートするAsync/Await構文を導入した。, .NET Framework 4.5.1とともに公開。Visual Studio 2013に同梱される。Developer Packをインストールすることで.NET Framework 4.5.2対応アプリケーションの開発も可能になる[13]。, 2015年に.NET Framework 4.6とともに公開。Visual Studio 2015に同梱される。Roslynと呼ばれるコンパイラレイヤーにより、Visual C#と同等のIDE機能を備えるに至った[14]。, 2017年にVisual Studio 2017とともに公開。15.0、15.3、15.5、15.8のリビジョンで新しいVisual Basic 15の言語機能を拡張した[15]。, 2019年にVisual Studio 2019とともに公開[16]。.NET Core に重点を置いた Visual Basic の最初のバージョンとなった[17]。, 'Imports System.Windows.Forms ' Windows Forms の場合。, このことがVBプログラマがVB6からVB.NETへの移行が進まない原因の一つではないかとの指摘がある, Windows API Code Pack for Microsoft .NET Framework, VB 6.0 ユーザーのための VB .NET 移行ガイド - アップグレードウィザードの利用, 第6回 VB開発者が最新.NET Frameworkを効率よく習得する方法 - @IT, Download Microsoft .NET Framework 4.5.2 Developer Pack for Windows Vista SP2, Windows 7 SP1, Windows 8, Windows 8.1, Windows Server 2008 SP2 Windows Server 2008 R2 SP1, Windows Server 2012 and Windows Server 2012 R2 from Official Microsoft Download Center, Visual Studio 2015の新機能“Roslyn”とは - Build Insider, Visual Basic の新機能 - Visual Basic | § Visual Basic 2017, 15.3, 15.5, 15.8 | Microsoft Docs, Visual Basic の新機能 - Visual Basic | § Visual Basic 16.0 | Microsoft Docs, Visual Basic 6.0 ユーザーのための Visual Basic .NET 移行ガイド - MSDN, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Visual_Basic_.NET&oldid=78331461, .NET 2002 (7.0), .NET 2003 (7.1), 2005 (8.0), 2008 (9.0), 2010 (10.0), 2012 (11.0), 2013 (12.0), 2015 (14.0), 2017 (15.0), 2019 (16.0), 言語仕様の大幅変更(完全なオブジェクト指向)。実行環境に .NET Framework 1.0 を採用。, LINQやラムダ式の導入など言語機能を強化。.NET Framework 3.5 に対応。. Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? 開発環境内でのインタプリタ実行も引き続きサポート。, ActiveXに完全に対応し、ActiveXオブジェクトを使用することはもちろん作成することも可能。そのため、ActiveXコンポーネントとして公開されていたDAOやADO、oo4oなどを使用して、SQL ServerやOracle DBを制御することができ、多くのビジネスシーンで使用された。また、バージョン1.0からの経験も蓄積されていたためVisual Basic 6.0を扱えるプログラマ・情報量ともに豊富だった。, Webアプリケーションを開発するための方法(IISによるサーバーサイドVBの実行、VBフォームへのWeb機能組み込み、Internet ExplorerでのVBホスティング)がいくつか用意されていた[11]。, Microsoft Officeのアプリケーション用のマクロ環境として実装されているVisual Basic。反復操作を自動化するだけでなく、Windowsのフォームやボタンなどのコントロールをドキュメント内に配置して、ドキュメント編集のためのGUIを構築することも可能となっている。言語仕様としては、本家のVisual Basicで.NET以降がリリースされたのちも、ドキュメントの互換性を保つ目的で、Visual Basic 6.0ベースのものが実装されている。ExcelやAccess、Wordなどのアプリケーションで実装されているほか、独自に開発したアプリケーションにVBAを搭載することも可能で、サードパーティ製のアプリケーションにVBAが搭載される場合もある。本家Visual Basicとの大きな違いは、搭載アプリケーション内でしか実行できない点にある。, VBAを用いることで、対応するアプリケーション内の各要素をクラスオブジェクトとして操作できる。Excelを例にとると、「Excelアプリケーション」を表すApplicationオブジェクト、「Excelブック」を表すWorkbookオブジェクト、「スプレッドシート中のセルまたはセル範囲」を表すRangeオブジェクトなどがVBAから操作できる。, Office 2007まではバージョン6系列のVisual Basicが採用されていたが、Office 2010では、バージョン番号を7.0としている[12]。主な変更点として、64ビット環境への対応が挙げられる。LongPtr(32ビット環境・64ビット環境双方でポインタと同じ大きさとなる整数型)、LongLong(64ビット整数型、ただし64ビット環境でのみ使用可能)などのデータ型やそれに伴う変換関数の追加などが行なわれている。, Active Server Pages (ASP)の既定の言語であり、Windowsスクリプティングやクライアント側のウェブページスクリプティングでも利用される。文法はVBに似ているがVBランタイムではなくvbscript.dllで実行される別の言語である。ASPおよびVBScriptは、.NET Frameworkを使ったASP.NETとはまた別物である。, Visual Basic 6.0の後継言語であり、.NETプラットフォームの一部である。Visual Basic .NETは.NET Frameworkを使ってコンパイルされ実行される。Visual Basic 6.0と後方互換性はない。自動移行ツールも用意されているが手動での手直しも必要となる。, Microsoft Visual Studioでは、繰り返し発生する操作を自動化するために、Visual Basic言語によるIDEマクロ環境が用意されている。前述のVBAとは異なり、Visual Studioのバージョンに応じたVisual Basicが使用できるようになっており、Visual Studio .NET以降はVB.NETを使って.NET Frameworkを利用できるようになっている。なお、各マクロプロジェクトは、テキストファイルのソースコードではなく、.vsmacrosファイルにメタデータとしてバイナリ形式で保存されるようになっているが、各モジュールをVBのソースファイル (.vb) としてエクスポートあるいはインポートすることもできる。公式のマクロ機能はVisual Studio 2010までの提供となり、2012では廃止された。, Visual Basic 5 以前のバージョンでは、Pコードへのコンパイルのみをサポートしていた。Pコードは言語ランタイムによって解釈される。Pコードのメリットは、ポータビリティと小さなバイナリサイズであるが、実行時に解釈するレイヤーが追加になるため実行速度が遅くなる。Visual Basicアプリケーションの実行にはMicrosoft Visual Basicランタイム (MSVBVMxx.DLL) が必要であり、xx は50、60などのバージョン番号が入る。MSVBVM60.dllはWindows 98からWindows 7までのバージョンのWindowsのすべてのエディション (一部の Windows 7のエディションを除く) で標準コンポーネントとしてインストールされていた。Windows 95マシンはプログラムが必要としているDLLをインストーラで配布する必要があった。作成したアプリケーションのパッケージにランタイムを同梱して配布することがマイクロソフトにより認められている。Visual Basic 5 と 6 はコードを Win32 ネイティブとPコードのどちらにでもコンパイルできたが、いずれにせよビルトインの関数やフォームの利用にランタイムを必要とした。, 旧来型Visual Basicの最終バージョンであるVisual Basic 6.0は、2004年3月29日にService Pack 6がリリースされたのち、2005年3月31日にメインストリームサポート期間を終え、2008年4月8日に延長サポートの期間を終えた[15]。したがって現在は開発環境のサポートを打ち切られている状態にある。, Visual Studio .NET 2003以前のIDE製品は、Windows VistaおよびWindows Server 2008上での実行サポートが打ち切られたが、Visual Basicに関しては後継のVB.NET以降との互換性がほとんどなく、他開発環境への移行も難しいことから、マイクロソフトは例外的に32bit版のWindows VistaおよびWindows Server 2008でのVisual Basic 6.0のIDE実行(開発環境の実行)をサポートしている[16]。ただし、64bit環境でのIDE実行はサポートされない。また、Windows 7およびWindows Server 2008 R2以降では開発環境の実行サポートも打ち切られている(ただしマイクロソフトによると、Windows 7やWindows 8においてVisual Basic 6.0 IDEをテストし、アプリケーションの互換性に深刻な不具合がないかどうかを確認して、必要に応じて不具合の軽減措置を取ったとされている)。, Visual Basic 6.0で作成されたアプリケーションや、OSに同梱されるVB6ランタイムについては、Windows 7以降およびWindows Server 2008以降での動作サポートが継続されている[17][18]。64bit OS上ではWOW64により動作する。, 上記はコマンドボタン"Command1"に関連付けられているイベントハンドラーの例である。対応するコマンドボタンをクリックすると、メッセージボックスに「Hello, World」と表示される。, VBScript (Visual Basic Scripting Edition). Waite, Mitchell (1992). The Waite Group's Visual Basic How-To. 関数名 VBA VB6.NET 機能; A; Abs -指定した数値の絶対値を返します。 ※ VB.NET 以降では .NET Framework クラスライブラリの Math クラスメソッドに変更 … サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、, Office VBA のサポートおよびフィードバック, 以前のバージョンのドキュメント. ステムでは 0–255 ですが、, The range for returns is 0–255 on non-DBCS systems, but -32768–32767 on, 先頭の文字の文字コードを返す代わりに、. Visual Basic .NET (ヴィジュアル ベーシック ドットネット)はマイクロソフトが開発したプログラミング言語およびその処理系。 VB.NETと略されて呼ばれることが多い。.NETに対応していない旧来のVisual Basic(バージョン6.0まで、VB6)の後継である。. https://docs.microsoft.com/en-us/previous-versions/visualstudio/visual-basic-6/visual-basic-6.0-documentation, Support Statement for Visual Basic 6.0 | Microsoft Docs, Visual Basic で DirectX を使おう | Microsoft Docs, MSDN Online - DirectX Developer Center - DirectX for Visual Basic | Microsoft Docs, DirectX Frequently Asked Questions - Windows applications | Microsoft Docs, Alan Cooper Receiving the Windows Pioneer Award 1994, https://books.google.com/?id=XfPLVx6qS_cC&pg=PA96&lpg=PA96&dq=%22Windows+Pioneer%22+cooper+site+microsoft.com#v=onepage&q=%22Windows%20Pioneer%22%20cooper%20site%20microsoft.com&f=false, Compatibility Between the 32-bit and 64-bit Versions of Office 2010 | Microsoft Docs, https://books.google.com.au/books?id=y0uURUiVhgwC, Visual Basic 6.0 ファミリ製品のライフ サイクル ガイドライン | Microsoft Docs, [Visual Studio] 開発ツール対応 OS 一覧 – Cloud and Server Product Japan Blog, Getting ready for Windows 10 – SDKs, compatibility, bridges | Building Apps for Windows, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=Visual_Basic&oldid=77341543, この項目では、1990年代に開発されていたプログラミング言語Visual Basicおよびその統合開発環境について説明しています。.NETに対応したVisual Basicについては「, Windows版との互換性は低いが、DOS版QuickBASICの後継バージョンとして使える。PC-98用の日本語版も発売されていた。, ActiveXコントロール作成専用。フリー。Visual Basic 5.0のプロトタイプ。, 旧来型 Visual Basic (Win32 ネイティブ) の最後のバージョン。.