From further investigation, including info from certain other VM technologies, it would appear that changes in the Linux 5.8 kernel will prevent VMware hosts from operating, in their current form, and there is no practical solution available at present..? The fix for the second item is fairly extensive and not just to the vmmon module so there may not be a clean workaround short of reverting that patch from the kernel (until a fixed WS build is available). Bisect might give us some clue but that would be quite time consuming and I cannot afford to spend that much time on this issue at the moment (and I'm not even sure this is something that can be resolved by only patching vmmon/vmnet source). Unlike the missing trailing null character in /proc/self/cmdline in 4.18-rc1, this is a minor format change in a text file intended rather for user's information than for parsing. vmmon/vmnet with patches compile and load OK. # vmware-modconfig –console –install-all [AppLoader] GLib does not have GSettings support. The vmware-modconfig segfault is a result of a format change in /proc/version. Start up guest operating system, then after ‘waiting for connection‘ the host system immediately reboots, with no prior errors or warnings shown. Tried to look at the crash but kdump is not triggered and there is nothing helpful on serial console either which indicates either a triple fault or something messing with the hardware in a bad way. vmware-modconfig segfaults. I guess this also means game over for people still using 14.1.7 or 12.5.9 but that was bound to happen one day. Cannot do much about the segfault, obviously. Other than "in WS 16.0" I don't have an any more specific date handy. Very disappointed VMware seems to be so far behind... the most recent Fedora listed as supported is 30, and that's already EOL! As per the latest VMware Knowledge Base, Workstation 15.5 supports hosts up to Fedora 30. This has been reproduced on three different systems (HP Z220, HP 800G1, and Dual Xeon E5-2687W). This document is dated 10/12/2019 and perhaps a newer version exists. Also, there is quite a difference between parser failing to find the information (gcc version?) vmware-modconfi... 10/12/2019 and perhaps a newer version exists. Host system Kernels tested are 5.8-rc1 and 5.8-rc2 You can try but I don't think it's really appropriate. プロセッサ数、プロセッサごとのコア数、仮想化エンジンの優先実行モードを含む、仮想マシンのプロセッサ設定を構成できます。, 選択した仮想マシンのプロセッサ設定を構成するには、[仮想マシン] > [設定] を選択して [ハードウェア] タブをクリックし、[プロセッサ] を選択します。, Workstation Pro は、マルチプロセッサ ホスト マシンで実行されるケスト OS に対して 16 方向までの仮想 SMP (対称型マルチプロセッシング) をサポートしています。2 つ以上の論理プロセッサを持つホスト マシン上の仮想マシンに、複数のプロセッサと、1 プロセッサにつき複数のコアを割り当てることができます。, ホスト システムで実行モードがサポートされていない場合、仮想化された VT-x/EPT または AMD/RVI は使用できません。仮想マシンを別の VMware 製品に移行した場合、仮想化された VT-x/EPT または AMD-V/RVI は使用できない可能性があります。, この機能は、仮想マシンに Workstation 9 以降との互換性がある場合にのみ使用できます。, 仮想マシンに Intel Virtualization Technology for Directed I/O を提供するには、この機能を選択します。, 仮想マシンで仮想化ベースのセキュリティ (VBS) を有効にすると、Workstation Pro は、[仮想 IOMMU] 機能を自動的に選択します。, この機能は、VTune や OProfile などのパフォーマンス監視アプリケーションを使用して、仮想マシン内で実行されるソフトウェアを最適化またはデバッグする場合に有効にします。. On x86_64 systems, Fedora 32, VMware Workstation 15.5.6 with latest vmmon/vmnet patches. I was afraid it would be the W^X stuff as (1) virtualbox also ran into issues with this and (2) a triple fault usually means messed up page tables. By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. vmware-modconfi[14782]: segfault at 0 ip 00007f786b9d47f7 sp 00007ffc52a36cf8 error 4 in libc-2.31.so[7f786b95a000+150000] Code: Bad RIP value. 以下は今回試した例です。 レスキューモードで起動して、dracutコマンドで初期RAMディスクを再作成します。 Auto-suggest helps you quickly narrow down your search results by suggesting possible matches as you type. CentOS7起動時のカーネル選択画面でrescue「CentOS Linux (0-rescue-省略) 7 (Core)」を選択して起動します。 初期RAM再作成 「端末」を起動して以下コマンドを実行します。 Help us understand the problem. Host system Kernels tested are 5.8-rc1 and 5.8-rc2 (kernel.org), and Fedora 5.8.0-0.rc1.20200617git69119673bd50.1.fc33.x86_64. Linux Host : Kernel 5.8-rc1/rc2. (※ちなみにCentOS6の変換の場合は初期RAMディスク再作成は不要でした。), CentOS7起動時のカーネル選択画面でrescue「CentOS Linux (0-rescue-省略) 7 (Core)」を選択して起動します。, 起動後は動作やログを確認しつつ不具合をつぶして行きます。とりあえず私はVMWareで作成したネットワークアダプタに関する設定は全て削除してHyper-Vで追加したネットワークアダプタ用の設定を入れなおしました。. On x86_64 systems, Fedora 32, VMware Workstation 15.5.6 with latest vmmon/vmnet patches. vmware runtime causes system reboot when Guest VM start is attempted. Why not register and get more from Qiita? レスキューモード起動. Do you have an ETA on the fixed WS build? 変換元仮想マシン作成後に再度Hyper-Vを有効にしています。), フリーソフトの「StarWind V2V Converter」を使用してみたところ、特にエラーもなく変換できました。GUIで直感的に作業が出来るので楽です。 レスキューモードでosが起動します。 数十秒かかりますのでしばらく待ちますと、簡素なメニュー画面が表示されます。 これは、ディスクをマウントして読めるようにするか、マウントせずに起動するかの … The final round of fixes just missed the 20H2 tech preview that went out in July. Has the issue with the change to /proc/version been reported upstream? 自宅PCにWindows10 Proのライセンスを手に入れてから、とりあえずVirtualBoxで作成していたCentOS7の仮想マシンをHyper-Vに移行してみました。(参考), VMWareでも同じこと試してみようかと思いまして、個人利用フリーのVMWare Workstation Playerで作成したCentOS7仮想マシンをHyper-Vに移行してみることにしました。, (※Hyper-Vを動かしているのと同じ環境でVMWare Workstation Playerを動かそうとしたのですが、Hyper-Vが有効になっている環境ではVMWare Workstation Playerが素直に動かないようです。 (「StarWind V2V Converter」で作成したVHDXファイルのフルパスを指定します。), File nameに「VMWare Workstation 15 Player」で作成した仮想OS「CentOS 7.5」のVMDKファイルを選択します。, (自由に設定してください。私はデフォルトの1024MBかつ動的メモリ使用としました。), you can read useful information later efficiently. Segmentation fault (core dumped), $ vmware /usr/bin/vmware: line 105: 13529 Segmentation fault (core dumped) “$BINDIR”/vmware-modconfig –appname=”VMware Workstation” –icon=”vmware-workstation”, Run vmware binary directly, and VMware Workstation window/menu displays correctly. VMware Player … 1 USBスティックのFedora 20レスキューモード; 2 CentOS 7で緊急モードから回復; 1 VMWare 11.0のCentOS 6.7からCentOS 7へのアップグレード; 0 のCentOS 6.5は、メッセージの後に最小限のモードでインストールされる「Xの起動がテキストモード … The memory mapping permissions change is probably going to be somewhat more difficult though. (※ちなみにWindows 7上で変換を試してみたらエラーになりました。Hyper-VをONにしているWindows 10で実施するのが確実かと思われます。), (※今回はテスト用に作成した仮想環境なのでVMDKファイルは1ファイルでしたが、スナップショットとかとっているとVMDKファイルが複数できていたりして(VMWare Esxiの経験上)混乱すると思いますが、VMware vCenter Converter Standaloneでエクスポートしたり、スナップショットを削除したりすればVMDKファイルは1ファイル(ディスク数が複数ならそれと同数)になります。), 以降はVirtualBoxで作成されたVDIファイルをVHDファイルに変換したときと同じでした。(参考), 「Hyper-Vマネージャー」から該当サーバーを右クリックして「新規」>「仮想マシン」を選択します。, 上記で作成した仮想マシンをそのまま起動すると初期RAMディスクを正常に読めずに起動失敗します。 Linux Host : Kernel 5.8-rc1/rc2. What is going on with this article? Thank you for the info. This feels like the kind of breaking change that usually gets reverted pretty quickly. and parser segfaulting on unexpected input. ホスト システムで実行モードがサポートされていない場合、仮想化された vt-x/ept または amd/rvi は使用できません。仮想マシンを別の vmware 製品に移行した場合、仮想化された vt-x/ept または amd-v/rvi は使用できない可能性があります。 If it helps for local patch creation, it came in from the change at kernel/git/next/linux-next.git - The linux-next integration testing tree, The system reboots are somewhat more trouble to deal with - a result of, kernel/git/next/linux-next.git - The linux-next integration testing tree. VMWare Workstation Playerで変換元仮想マシンを作る際はHyper-Vを無効にしました。