自動記録アクションライブラリで、ウィンドウ選択をすると「選択できないウィンドウです。」というエラーが出ることがあります。. Why not register and get more from Qiita? Q.質問する WinActorノートの機能がひたすら人気ない今日は、そんなWinActorノートの簡単な使い方だけ紹介しておこう。とりあえず、完結にライブラリのノード機能だけ使ってケーススタディしてみましょー (tasklist.exe /s $Machine$ > $FilePath$というコマンドで実行しようとすると、なぜかうまくいきませんでした( ;∀;)), 2行目: ウィンドウ $window-1$が開くのを待つ FAQに載っていない疑問はお問い合わせからご質問ください。. ヒューマンリソシアのrpaは「教育」+「活用支援」 を実現。rpa導入支援から専門技術を習得したスタッフ派遣、シナリオ作成請負などの運用促進まで、業務効率化をより高めるためのサポートをいたします WinActorは現場が最も気軽に導入できるRPAのひとつです。ただし、管理機能はなく (そのためRDA, Robotic Desktop Automationともいわれています)、組織から見るとどこでどう使われているのかわからず、管理ができない、成果がわかりにくい、との声もよく聞きます。管理機能を持った純正ツールのWinDirectorを入れる手もありますが、追加で年間約300万円 (サーバー費用別)かかってしまうため、ハードルがかなり高くあまり普及しているとは言えません( ;∀;), しかし、サーバー機能の大半を実現できる別の方法があります。安価な別のサーバー型RPAを活用してWinActorのロボットを管理する方法です。たとえば、Automation Anywhere (AA) Enterprise A2019を使ってWinActorを管理すると、主な管理機能を実現するだけでなくWinActorにない機能も手に入ってしまいます!AA A2019はクラウド版とオンプレミス版があり、クラウド版を使うと年間約100万円でサーバー不要で実現可能です(^^♪, どこまで管理機能を要求するかによって、いろいろな実装のしかたがありますが、ひとつの例としてやってみたいと思います(^_-)-☆, WinActorがインストールされているPCにもれなくAA Bot Runnerを入れられるのであれば、この#1の方法のみでAAからWinActorの管理が可能です。ただし、WinActorのロボットの台数によっては、AA Bot Runner (Attended or Unattended)を買い足す必要があるので、追加のライセンス費用がかかってくる場合があります。, ひとつ目のやり方では、WinActorを実行する各PCで以下のような動作をするように実装します。, AAからWinActorを起動するにはいくつか方法がありますが、「アプリケーション: プログラム/ファイルを開く」アクションでWinActor.exeを起動するのが簡単です。ただし、こちらは非同期処理 (プログラムを呼び出した後、次のアクションに進んでしまう)のため、WinActor終了後のログ処理は別途行う必要があります。, WinActor.exeが終了するまで待つには、直後に「ループ」アクションを入れて(中は空でOK)、WinActor.exeが「アプリケーションは実行中です」の間、待つようにします。, WinActorでは、右下の「ログ出力」ウィンドウに表示されるログをファイルに出力するオプションがあるので、これを使ってWinActorの実行状況をモニターしましょう。, WinActorのメインウィンドウのメニュー「設定」-「オプション」をクリックして、表示されるダイアログボックスの「実行」タブの下の方に注目しましょう(^^)/ WinActorは現場が最も気軽に導入できるRPAのひとつです。ただし、管理機能はなく (そのためRDA, Robotic Desktop Automationともいわれています)、組織から見るとどこでどう使われているのかわからず、管理ができない、成果がわかりにくい、との声もよく聞きます。 これで、WinActorのシナリオを実行すると、ログが指定された先に出力されます。, 最後の行に「【実行終了】」の文字がある場合は、正常終了です。正常終了なら「test.ums6 正常終了」そうでない場合は「test.usm6 エラー」という値を文字列型変数$Result$に代入します。, 「Analyze」パッケージを使うことで、Bot Insightを使った見える化がすぐにできます。フローの最初に「Analyze:Open」アクション、最後に「Analyze:Close」アクションを挿入します。Bot Insightに出力したい変数について、「Analyze:Close」アクションの詳細でチェックをONにします。, これらを踏まえて、WinActorで指定したシナリオを実行後、待機してログファイル解析結果をBot Insightに出力するフローを作成してみましょう。, 作成結果はこんなかんじです(^_-)-☆ rpaネコ自動記録アクションライブラリで、ウィンドウ選択をすると「選択できないウィンドウです。」というエラーが出ることがあります。「選択できないウィンドウです。」エラーが出てきてしまいます…。今回は、これに対する解決法をいくつかご紹介します $window-1$はウィンドウタイトル "*"、実行可能ファイル "C:\Windows\System32\cmd.exe"を指定, 7行目: ループの現在位置を代入する変数 = $Row$ お客さまから多く寄せられた質問と回答を掲載しています。 $WinActorRunning$ - ディクショナリ/数字型変数。WatchNoraBotの返り値が入ります。$WinActorRunning{Found}$が1ならWinActor.exeが実行中、0なら実行なし (後述の「野良ボットの一覧を作成するには」参照) $WinActorRunning{Found}.Number:toString$という形でインライン形式で数字型を文字列型に変換可能。, 2行目: cmd.exe /c schtasks /Create /S $Machine$ /TN winactorsample /SC ONCE /SD 1900/01/01 /ST 00:00 /F /TR "C:\program files (x86)\WinActor\WinActor.exe -f 'c:\users\user\Documents\WinActor\test.ums6' -r -e"というコマンドを実行するように、プログラム/ファイルの場所はcmd.exe、パラメータには/c ...以下の文字列を入れる。 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. (schtasks.exe ...というコマンドで実行しようとすると、なぜかうまくいきませんでした( ;∀;)), 5行目: cmd.exe /c schtasks /Run /S $Machine$ /I /TN winactorsample"というコマンドを実行するように、プログラム/ファイルの場所はcmd.exe、パラメータには/c ...以下の文字列を入れる。